ドラクエ4最大のボス!バルザック討伐後に現れたキングレオが強すぎ!

これはとある美しい姉妹が、父親のカタキを探し旅をする物語。

(ドラクエ4 第4章)

 

正反対の性格をしている二人はどんな人なの?

何を考えていた?

 

今日はそんなモンバーバラの姉妹ついて書いていきます。

それでは、ご覧ください。


スポンサーリンク


 

はじめに紹介

まずはドラクエ4を知らない方のために、マーニャとミネアについて簡単に紹介します。

もうそんなの知ってるよ!って方は、読み飛ばして次の章へ!

 

マーニャ

モンバーバラ姉妹の姉。

踊り子の格好をしており、見た目のとおりの性格。

カジノと酒が好き。

とくにカジノが好きすぎて、妹のミネアが稼いだお金にまで手をつけてスッカラカンにするほど。

かなりだらしない性格をしている。

その反面、キングレオ城から逃げる際には姉らしい一面も見せる。

 

戦闘は魔法使いタイプ。

メラ・ギラ・イオ等の炎系の魔法が得意で、ヒャド使いのブライよりも役に立つ。

見た目的にもブライよりもマーニャを使う人が多いだろう。

 

ミネア

モンバーバラ姉妹の妹。

占い師をして稼いでいるが、稼いだ金はマーニャに全て使われるという可哀想なキャラ。

やはり姉には逆らえないらしい。

性格はマーニャとは正反対で、真面目で堅実。

その性格もあってか、かなり苦労しているようにも見える。

しかし、それに似合わないような毒舌キャラで、たまにビックリするようなことも喋る。

 

例)

  • どうかバチを当てるなら姉さんだけに……
  • (結婚は)人生の墓場でも構わないから姉さんから解放してくれる男性が現れてくれないかしら

よっぽどマーニャに苦労していたのであろう。

 

戦闘面では僧侶タイプ。

ザオリクとベホマズンを覚えてくれれば完璧なのだが・・・。

 

以上、説明おしまい!

それではここから、私が考えるマーニャ&ミネアの新たな一面についてお話していきます。

 

前回記事

大臣に道案内してもらうために、聞き込みとかやくつぼを取りに行った記事はこちらから。

 ドラクエ4で強いくせに隠れてるボス、4章キングレオの居場所を暴け!

 

苦労人ミネアとお気楽マーニャ

「いよいよね~」

「姉さんハシャぎすぎ。」

「だって4章もこれで終わりよ?もうすぐこの辛い旅ともおさらばなんだわ。」

「5章に入ってからも辛いじゃない。」

「5章では馬車で過ごすつもりだから大丈夫よ。勇者様にお願いして養ってもらうんだから。」

「どうか姉さんにバチがあたりますように。」

 

 

私はミネア。

ドラクエ4四章ダブル主人公の1人で、占い師をやっています。

今日は遂に『かやくつぼ』を手に入れたため、大臣をビックリさせてバルザック&キングレオの隠れ場所を暴いてやるところです。

 

え?

このブログで数日前にも同じような記事を見たことあるって?

それはパラレルワールドよ。

前の記事はレベル上げしたバージョンで、今回はレベル上げをしていない、普通にプレイしたバージョン。

だから私たちにとってこれは初めてのボス戦なの。

ちなみに今日の記事が本編で、前の記事が番外編になってるから間違えないようにね?」

 

「ミネア、誰に向かって解説してるのよ。」

「ちょっとね。なんでもないわ。」

 

ついに決戦?

「この仕掛を押すとボスのところへ行けるのね。」

「うう~、緊張してきた。ちょっとオシッコ!」

「お、俺も!」

 

なんて緊張感のない人たちなんだろう。

これからお父さんの敵討ちだと言うのに。

全くもう。

 

「おまたせ~。じゃあ行きましょうか!」

「あれ、オーリンは?」

「未だみたい。どうせ役に立たないし置いていきましょう。」

 

 

二人は隠し扉のスイッチを押し、中に入っていく。

 

ボス戦

「やっときたか、人間共よ。」

「俺はバルザック。」

「アナタはどうでも良いから、キングレオを出して?」

「俺はアンタ達の父親を殺したボスだぞ?悔しくはないのか?」

「でもアナタそんなに強くないし、今回の記事のメインはキングレオよ?良いから連れてきてよ。」

「ま、待て。俺にも少しくらい出番をくれよ。」

「姉さん、可哀想だから戦ってあげなよ?」

「しょうがないわね。」

 

 

ここからバルザックとの戦いが始まる。

 

可哀想なバルザック

「ほれ、静寂の玉!」

「それズルくない?」

「それそれそれそれ!」

「イタタタタタタ!やばい負ける!てか出番少な??」

 

 

「ふう、終わったわね。」

「姉さん、バルザックの扱いが酷すぎよ。4行で倒しちゃうなんてあんまりだわ。」

「4行?なんのこと?」

「いえ、こっちの話だわ。」

 

 

スポンサーリンク



 

 

4章新のラスボス、キングレオ見参!

「待たせたな。私がキングレオだ。」

「ようやく来たわね。早くアナタを倒して楽するんだから。」

「お前たちは私に敗れるのだ。そんな未来はない。」

「今に見てなさい!」

 

・・・

・・・

・・・

(10分後)

「ミネア、あいつなんであんなに強いのよ?」

「どうやらこれは負けイベントみたいね。ドラクエ史上初の試みよ。」

「その通りだ。お前たちは私には勝てないようになっているのだ。」

「何ですって?私たちは主人公よ?そんなことがあるはずないじゃない!」

「ふん。ドラクエ5のパパスだってあんなに強いのに負けたんだぞ?諦めろ。」

「この~!!」

 

・・・

・・・

・・・

(10分後)

「ねえミネア、あいつのHP大分減ってきたんじゃない?」

「いいえ姉さん、あいつは毎ターン100HP回復するの。生半可な攻撃じゃビクともしないわ・・・」

「先に言いなさいよ!魔法連打で一気に片付けるわよ!」

「メラ!メラ!メラ!メラ!メラ!メラ!メラ!メラ!」

 

・・・

・・・

・・・

(10分後)

「そろそろ勝てるんじゃない?」

「いいえ、未だアイツの体力は半分よ。HP999もあるの。」

「そうだ、私はバルザックと違って強いのだ。」

「それにこんなことも出来るぞ? ベホマ!」

「うっ、やるじゃない。」

「高い攻撃力に炎攻撃、それに回復まで。下手に気を抜けば1ターンで殺られるような仕様なんて理不尽じゃない!」

「姉さん、まだ勝つ方法は残ってるわよ。」

「どうすれば良いの?」

「パラレルワールドに行くのよ。」

「この記事最初に説明していたアレのこと?」

「そうよ。一旦ここで電源を消して、教会からやり直すの。」

「そして『たったの15時間ほど』レベルを上げれば勝てるのよ。」

「そうね。それしか方法はなさそうね。」

「じゃあ、せーので電源を切るわよ?良い?」

「ええ。」

「せーの!」

 

 

プツン。

 

 

姉妹二人は今回の戦いから離脱し、長い長いレベル上げへと挑戦することにした。

二人の旅はまだまだ続く。

 

おしまい

 

キングレオって?

ドラクエ史上初の負けイベントのボス。

突然現れておきながら、問答無用に戦闘が始まる。

高い攻撃力にブレス、毎ターン自動回復にベホマまで何でもできるボス。

何も知らずに挑んだプレーヤーはビックリしたこと間違い無し!

 

しかも凄いことにファミコン版ではもっと強い。

2回行動に毎ターン999回復。

もうどうしようもない敵である。

 

ちなみに5章でリベンジマッチがあるが、5章でも勿論強い。

5章でも負けイベントと勘違いする人もいるとかいないとか。

 

つづき

途方もない強さの4章キングレオに勝ちたい?

一生懸命レベル上げして挑んだ記事はこちらから。

 

 打倒ドラクエ4最強のキングレオ!4章銀のタロットで裏技風レベル上げ

 

ミネア&マーニャシリーズ一覧

 

【それ以外のドラクエキャラ紹介】
それから、他のドラクエキャラ紹介を見たい方はこちらから。


スポンサーリンク



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

名前:勇者ウォン
特技:ギガスラッシュ
好きなもの:平和な世界
嫌いなもの:魔王

 

すぐ調子に乗るのが特徴で、このブログの管理人。

今は2つの世界(ドラクエ6・サマナーズウォー)を旅して回っている。

そのうち世界を救うらしい。
 詳しいプルフィールはこちらから

ドラクエ

攻略まとめ記事

モンスターの気持ち









その他

おすすめ記事

ピックアップ記事

2017.7.13

楽しさ最上級!サマナーズウォーが面白過ぎる3つの魅力を紹介

サマナーズウォーがマイブーム!! 私は今、サマナーズウォーというゲームをやっています。 配信から3年くらい過ぎていていますが、今更ど…

カテゴリー

ページ上部へ戻る