5章マーニャ&ミネアとの出会いは最悪!ドラクエ4勇者が困惑した訳

これはとある勇者一行が、デスピサロを倒す旅の物語。

(ドラクエ4 第5章)

 

一切喋らない勇者は何を考えていた?

 

今日はそんな勇者について書いていきます。

それでは、ご覧ください。


スポンサーリンク


 

はじめに紹介

まずはドラクエ4を知らない方のために、超ざっくり紹介します。

ドラクエ4は、1章から5章まで章が分割されていて、それぞれの仲間たちが主役となって冒険をしていきます。

それぞれに悲しい過去や出来事が起こりつつ物語を進め、5章でようやく勇者の元へと集結。

そして力を合わせ、魔王討伐へと動き出します。

 

更に、本シリーズでは敵の事情についても深く語られていきます。

これまでのRPGの「敵=全て悪いヤツ」という考え方が覆され、冒険を進めるうちに「ボスが可哀想」となる珍しいゲーム。

(人による。)

敵味方含め、今まで以上に心情を描いた素晴らしいゲームがドラクエ4なのです。

 

以上、説明おしまい!

それではここから、私が考える勇者&仲間たちの新たな一面についてお話していきます。

 

ミネアとマーニャ

「姉さん、これが今日のお小遣い。絶対無駄遣いしちゃダメだからね?」

「当たり前よミネア。アタシのことが信じられないの?」

「信じられるわけないじゃない。昨日も一昨日もその前の日も、ぜーんぶカジノに行ってスってきたじゃない!」

「そんなこともあったわね。でも今日こそ大丈夫よ。」

「その自信はどこから来るのよ・・・。」

 

 

この如何にもダメダメな人間は私の姉のマーニャ。

カジノとかお金のことしか頭になく、本当にダメな人間です。

なんで私はこんな人の妹になってしまったのでしょう。

 

そんな姉の話は置いておいて、私たちには目的があります。

それは勇者様を見つけて一緒に旅をすることと、父親とオーリンさんの仇であるバルザックとキングレオを倒すこと。

そのために私は占いで出稼ぎして、姉は情報収集する毎日を送っています。

まあ、案の定姉が真面目に情報収集するわけがないのですが・・・。

 

今日はそんな私たちが勇者様と出会うまでの物語についてお伝えします。

 

カジノ三昧な姉

ジャラジャラジャラ。

「やったわー、また勝ったわ!」

「これでミネアの怒りも少しは静まるかもね。」

「あのー、仲間になってくれませんか?」

「アナタ誰よ?今忙しんだから後にして頂戴。」

「・・・。分かりました。」

 

 

(1時間後)

「あのー。」

「また来たの?今は連チャンしてるから後よ。」

 

(更に1時間後)

「あのー。」

「アナタもしつこいわね。あっち行ってよ!」

 

 

勇者様らしき人が何度話しかけても、マーニャは相手にしてくれません。

よっぽどカジノが楽しいのでしょう。

勇者様がマーニャを仲間にするには何か特別な条件がありそうです。

 

勇者様はやっと諦め、とぼとぼとカジノをあとにしたのでした。

 

占い師ミネア

「アナタの前世はうんたらかんたら。」

「ラッキーカラーはあーだこーだ。」

「ミネアさん、俺はこれからどうしたら良いのでしょうか?」

「そこから先は追加料金になります。」

「更にお金取るんですか?」

「規則ですので。」

「じゃ、じゃあお願いします。」

「まいどあり。」

 

 

「ふう。今日もボロ儲けね。」

「これで姉さんの無駄遣いがなければ最高なんだけど。」

「あら、見たことない新顔がきたわ。」

「新しいカモを手に入れるチャンスね。」

 

「あの~仲間になってほしいんですが。」

「私と会話するには、まずこちらの占いコースのお申込みが先になります。」

「え、話をするだけでもお金が掛かるんですか?」

「はい、それからアナタは既に私と会話してしまったので、10Gの占いが必須になります。」

「支払います・・・。」

 

 

(勇者:この町の女の人は怖い人ばかりだ。シンシアはあんなに優しかったのに。)

 

「あなたが占いたいのは恋愛ですね?」

「いいえ違います。」

「じゃあ仕事?」

「まあ似たようなものですが違います。」

「じゃあ何?」

「デスピサロについてです。」

「え、あなたもしかして勇者様?」

「はい。レベル1ホヤホヤの勇者です。」

「私たちアナタに付いていきます。そして姉を呼びにカジノへ向かいましょう。」

「きっと今日も負けてスッているはずですから。」

 

 

占い師ミネアが仲間に加わった!

(勇者:こんな人を仲間にしても大丈夫かな?)

 

 

「そう言えばデスピサロについて占いたいのでしたね。」

「そうです。」

「分かりました。しばしお待ち下さい。」

 

ミネアは銀のタロットカードを使って占いした!

引いてはいけないカードを引いてしまった!

勇者様は死んでしまった!

 

「またやってしまったわ・・・。」

 

 

スポンサーリンク



 

マーニャ再び

(ミネアが仲間になってから数時間後。)

 

「あ、ミネアじゃない。なんでここにいるのが分かったのよ?」

「誰でも分かるわよ。それよりも探していた人が見つかったわ。」

「アナタいつから婚活してたの?姉さんそんなの聞いてないわよ!」

「違うわよ。」

「じゃあお金持ちの新しい上客?ボッタクり占いばかりしてるとバチが当たるわよ。」

「それも違うわよ。後ろにいるじゃない。」

「棺桶に入っているから誰か分からないわ。」

 

 

「勇者様よ。ゆ・う・しゃ・さ・ま!」

「本当?でも何で死んでるの?まさかアタナ・・・。」

「私じゃないわ。これは事故よ。」

「どんな事故があったら町中で人が死ぬのよ・・・。」

「だから色々とあったのよ。」

 

「とりあえず生き返らせてあげましょうよ。」

「そうね。」

ミネアはザオラルを唱えた!

勇者様が復活した!

 

「ガクガクブルブル。」

「なんか記憶がないけど、とんでもなく恐ろしい目にあった気がする。」

「それは思い出さなくても良い記憶よ。」

 

「あ、アナタさっきカジノで話しかけてきた男じゃない。」

「はい。だからさっき仲間になってって言ったのに。」

「ごめんなさい。てっきりナンパかと。」

「アナタのようなガサツな女の人なんてナンパしませんよ。」

「何ですって?まあ良いわ。これから貢いで貰う立場だから文句は言わないわ。」

「貢いでもらう?」

「気にしなくても良いわ。」

 

 

マーニャが仲間に加わった!

(勇者様:この人も仲間にして大丈夫なのだろうか?先が不安でしょうがない。)

 

二人のステータス

「お二人とも、冒険する前に良いですか?」

「何でしょう?」

「お決まりですが、自己紹介も兼ねてステータスを見せてください。」

「ええ。勿論。」

「どれどれ。」

 

「レ、レベル33・・・。相当過酷な過去をお持ちですね。」

「ええ、キングレオと色々あって。」

「心中お察しします。」

(参照:打倒ドラクエ4最強のキングレオ!4章銀のタロットで裏技風レベル上げ

 

 

魔物ひしめくRPGの世界で、強さは絶対です。

レベルの低い勇者様は、これから姉妹二人に一生尻に敷かれる運命になると感じて覚悟を決めたのでした。

3人の冒険はつづく。

 

 

【3人の格付け】
 ミネア>マーニャ>>>>>>>勇者様

 

つづき

「ねえミネア、次はどこに行くの?カジノに行きましょうよ。」

「それはダメ。カジノへは金輪際行かないわ。」

「ケチ。」

 

「そう言えば東の方にトルネコさんがいるらしいわよ。でもその途中にある砂漠を渡るために馬車が必要みたいね。」

「あ~、あの裏切りの洞窟があるところね。」

「願わくば、姉さんが私を裏切ってどこか遠くへ行ってしまえば良いのに。」

「一生寄生するわよ。」

 

次回、裏切りの洞窟で勇者ピンチ?

乞うご期待!

 

 ドラクエ4ホフマンのため洞窟へ!5章裏切り小僧倒して馬車ゲット
 

5章シリーズ一覧

 

【それ以外のドラクエキャラ紹介】
それから、他のドラクエキャラ紹介を見たい方はこちらから。


スポンサーリンク



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

名前:勇者ウォン
特技:ギガスラッシュ
好きなもの:平和な世界
嫌いなもの:魔王

 

すぐ調子に乗るのが特徴で、このブログの管理人。

今は2つの世界(ドラクエ6・サマナーズウォー)を旅して回っている。

そのうち世界を救うらしい。
 詳しいプルフィールはこちらから

ドラクエ

攻略まとめ記事

モンスターの気持ち









その他

おすすめ記事

ピックアップ記事

2017.7.13

楽しさ最上級!サマナーズウォーが面白過ぎる3つの魅力を紹介

サマナーズウォーがマイブーム!! 私は今、サマナーズウォーというゲームをやっています。 配信から3年くらい過ぎていていますが、今更ど…

カテゴリー

ページ上部へ戻る