打倒ドラクエ4最強のキングレオ!4章銀のタロットで裏技風レベル上げ

これはとある美しい姉妹が、父親のカタキを探し旅をする物語。

(ドラクエ4 第4章)

 

正反対の性格をしている二人はどんな人なの?

何を考えていた?

 

今日はそんなモンバーバラの姉妹ついて書いていきます。

それでは、ご覧ください。


スポンサーリンク


 

はじめに紹介

まずはドラクエ4を知らない方のために、マーニャとミネアについて簡単に紹介します。

もうそんなの知ってるよ!って方は、読み飛ばして次の章へ!

 

マーニャ

モンバーバラ姉妹の姉。

踊り子の格好をしており、見た目のとおりの性格。

カジノと酒が好き。

とくにカジノが好きすぎて、妹のミネアが稼いだお金にまで手をつけてスッカラカンにするほど。

かなりだらしない性格をしている。

その反面、キングレオ城から逃げる際には姉らしい一面も見せる。

 

戦闘は魔法使いタイプ。

メラ・ギラ・イオ等の炎系の魔法が得意で、ヒャド使いのブライよりも役に立つ。

見た目的にもブライよりもマーニャを使う人が多いだろう。

 

ミネア

モンバーバラ姉妹の妹。

占い師をして稼いでいるが、稼いだ金はマーニャに全て使われるという可哀想なキャラ。

やはり姉には逆らえないらしい。

性格はマーニャとは正反対で、真面目で堅実。

その性格もあってか、かなり苦労しているようにも見える。

しかし、それに似合わないような毒舌キャラで、たまにビックリするようなことも喋る。

 

例)

  • どうかバチを当てるなら姉さんだけに……
  • (結婚は)人生の墓場でも構わないから姉さんから解放してくれる男性が現れてくれないかしら

よっぽどマーニャに苦労していたのであろう。

 

戦闘面では僧侶タイプ。

ザオリクとベホマズンを覚えてくれれば完璧なのだが・・・。

 

以上、説明おしまい!

それではここから、私が考えるマーニャ&ミネアの新たな一面についてお話していきます。

 

ことの始まり

「これからバルザックとキングレオとの決闘か~」

「もうすぐ4章もラストね。」

「でも負けると分かっている戦いに行くのも気がひけるわよね。」

「そうそう。何とか回避出来ないのかしら?」

 

補足:キングレオって??
キングレオはストーリー上、必ず戦わなければいけないボスですが、普通にやると勝てません。
(負けたままストーリーが進む特殊なボス。)

※もし仮にレベルを上げて勝ったとしても、『負けたこととして』処理されてゲームが進みます。

 

「マーニャさん、ミネアさん、いい情報がありますよ!」

「どんな情報?」

「グーグルによると、レベル33くらいまで上げるとキングレオにも勝てるらしいです。それでも運が伴うので、何回も挑戦しなければいけないのですが。」

「良いじゃないそれ。いい加減調子乗ってふんぞり返ってるキングレオにもムカついてきたことだし、ここで一発ギャフンと言わせてやりましょうよ!」

「でも姉さん、それには1つ問題があるわ。」

「どうしたのよミネア?」

「私たち、まだレベル10よ?ここから23もレベルを上げるなんてとてもとても・・・」

「そんなの根性よ。負けたままじゃアナタも悔しいでしょ?」

「そうですよミネアさん。俺だって毎回毎回殺られたくありません!!」

「それもそうね。じゃあ頑張ってみましょうか。」

 

 

全てはキングレオ討伐のため!

3人はそう近い、いつ終わるかも分からないレベル上げを決意するのでした。

 

レベル上げ開始!

「じゃあはぐれメタルでも探しに行きますか。」

「姉さん、4章ははぐれメタルどころかメタルスライムすらでないわ!」

「これは長いレベル上げになりそうね・・・。」

 

 

「姉さん、攻略情報によると、『15』までは普通にレベル上げた方が良いらしいわね。」

「そうなの?じゃあ経験値の高いアッテムト鉱山で手っ取り早くレベル上げするわよ。」

「俺はあそこにはガスがあるから行きたくないです。」

「うるさいわね。アナタは用心棒なんだから拒否権はないわ。黙って付いてきなさい!」

 

 

(10分後)

「ミネア、そっち気をつけて!」

「やばい回復間に合わない~」

 

 

(さらに10分後)

「ここの敵はやっぱり強いわね。全然効率良く倒せない。」

「そうだオーリン、アナタ最前線で仁王立ちしなさいよ。そうすればアタシたち二人は防御を気にせずに魔法攻撃に専念できるわ!」

「痛いから嫌ですよ。」

「うるさいわね。アナタは用心棒なんだから黙ってやりなさい!」

「分かりました。」

 

 

(さらに100分後)

「ようやくレベル15ね。ここまで来るのにリアルタイムで2時間もかかったわ。」

「ここから後18レベルも上げるなんて・・・。私もうやりたくないわ。」

「何言ってるのよミネア、本当のスタートはここからでしょ?」

「え、何するの?」

「狩りよ。」

「狩り?」

「そう、ハムスターを狩るの。あいつらはどんどん仲間を呼ぶから、呼ばせてひたすら狩る!これで経験値がガシガシ手に入るわ!」

 

(噂のハムスター)

 

 

「なんだか残酷ね。」

「良いからやるわよ。」

 

 

こうして三人は、ハムスターを狩りに出かけて行く。

 

さよならオーリン

「まずハムスター狩りのやり方を教えるわ。」

「ハムスターは鉱山の中と町の周辺に出るんだけど、町の周辺の方がやりやすい印象があるわね。たくさん出てくるし他のモンスターが弱いから。」

「次にオーリン、アナタちょっと死になさい。」

「唐突ですね。嫌ですよ。」

「アナタが生きてると都合が悪いの。だって命令できないからハムスターを殲滅させてしまうおそれがあるし。」

「横暴だ!」

「うるさいわね。アタシに殺られるのとキングレオに殺られるの、どっちが良いの?」

「どっちも嫌だ嫌だ嫌だぁー!」

「駄々こねないで!」

 

マーニャの攻撃!

オーリンに999のダメージ!

オーリンは力尽きた!

 

「姉さん、いくらなんでもオーリンが可愛そうよ。」

「これもキングレオ討伐のためよ。仕方のない犠牲だわ。」

「可哀想に。早いか遅いかだけで、結局オーリンは死んでしまう運命なのね。」

 

銀のタロットカード

「次にミネア。あなたの銀のタロットカードが必要よ。」

「それで経験値とゴールド2倍を引き当てたら、あとはハムスターを狩るだけ!簡単でしょ?」

「そうね、私できそうな気がする!」

「ほら、ちょうどハムスターが来たからやってみなさい。」

「分かったわ!」

 

ミネアは銀のタロットを使った!

引いてはいけないカードを引いてしまった!

ミネアたちは全滅した!

 

「アナタ運悪すぎよ!」

 

ミネア専用の武器。
DS版の公式ガイドによると、タロットのフチで切りつけて攻撃するとの事。
攻撃エフェクトもカードを投げつけるというこのアイテム独自のものになっている。

戦闘中にミネアが道具として使う事で、ランダムにさまざまな効果が発動する。【ぎんのタロット】 - ドラゴンクエスト大辞典を作ろうぜ!!第三版 Wiki*

 

「ごめんなさい。」

「良いわ。気を取り直してもう一度やるわよ。」

「私、次は頑張るわ!」

 

ハムスターがまた現れた!

ミネアは銀のタロットを使った!

引いてはいけないカードを引いてしまった!

ミネアたちは全滅した!

 

「またなの(怒)?」

「一応聞いとくけど、アナタわざとやってないわよね?」

「そんなわけないじゃない。」

「なら良いわ。次こそ信じてるわよ。」

「ええ。」

 

3度目のハムスターが現れた!

ミネアは銀のタロットを使った!

星のカードを引いた!

経験値とゴールドが2倍になった!

 

「やればできるじゃない!」

「まあね。」

「調子に乗るんじゃない。」

 

 

ミネアはようやく目的のカードを引き当て、事前準備が整います。

そしてこれからが本番。

長い長い狩りが始まるのです。

 

 

スポンサーリンク



 

 

役割分担

「ミネア、アタシはずっと防御してるから1人で頑張りなさい。」

「なんで?」

「だってアタシは防御力が低いもの。防御してないとすぐに倒されてしまうわ。」

「確かにそれは深刻な問題ね。」

「だからアナタひとりでやるの。」

「分かったわ。」

 

「それからアタシは防御してても受けるダメージが大きいから、アタシの体力が減ってきたら回復もちゃんとするのよ?」

「それとハムスターの数はすぐ減るから、全滅させないように防御も織り交ぜつつ頑張りなさい。」

「私は銀のタロットも使ったのに、更に攻撃も回復も全て1人でやるの?」

「そうよ。これも全てキングレオ討伐のためよ。頑張ってミネア!」

「ザ・理不尽!!」

 

マーニャの仕事

「ねえ、私はこんなに頑張ってるのに、姉さんは何をするつもりなの?」

「アタシだって防御してるだけじゃないわ。ちゃんとアンタの応援と実況もしてあげるわよ。」

「実況?実況はいらないけど、応援はよろしく頼むわ。」

 

 

ここからマーニャ渾身の実況が始まる。

 

「さあ始まりました!」

「今回のバトルは残虐ミネアとハムスターズ!どちらが勝つのでしょうか!?」

「ミネア選手、相手のハムスターを残虐していきます!」

「おーっと!?ここで相手からのカウンター炸裂ー!」

「ミネア選手痛そうだ!立て直せるのか?」

「ここでダウーン!!カウントが始まります!」

「ワン!ツー!スリー! おおっと立ち上がった、まだまだ余裕そうだ!」

「しかしミネア選手、汗と血でせっかくの美貌が台無しだ!化粧も崩れてきたか?」

 

 

ミネアが一生懸命1人で戦う中、マーニャはノリノリで実況しています。

この女に悪気というものは無いのでしょうか。

 

 

(30分後)

「姉さん、気が散るから少し黙ってて?」

「え?一生懸命やってるのに・・・」

「いらないから。それにマイクとか本格的なセットどこから持ってきたのよ・・・」

「これは隣町から・・・」

「そんな暇あるなら他にやることあるでしょ!」

「ごめんなさい。」

 

 

マーニャは残念そうに道具を片付け、ミネアのレベル上げを静かに見守ることにした。

 

役立たずの姉、遂に開花!

ハムスターをいっぱい倒した!

マーニャのレベルが23に上がった!

マーニャはイオラを覚えた!

 

 

「ミネア、よく頑張ったわ!あとたったのレベル10上げれば良いだけよ!」

「ここからの『10』が大変なのよ。」

「それによく考えたら、レベル33ってラスボス付近でも通用するレベルじゃない。それを勇者様が仲間になる前の段階でやるなんて。」

「次は第二ステップだから、細かいことは気にせずに頑張りましょ!」

「第二ステップ?」

「そうよ。ミネア、また鉱山に戻るわよ。」

「なんで?」

「地下2階に行って、アタシがイオラをぶっ放すの。」

「それで私はどんな面倒くさいことをやらされるの?」

「アタシを何だと思ってるのよ。」

「足手まといで横暴な人。」

「・・・」

 

「ミネアにはさっき頑張ってもらったから、今回はアタシが働くだけよ。」

「姉さんが遂に真面目に!?今日は雪とか槍が降ってきそうだわ。」

「キングレオの前に、アナタを倒す必要がありそうね。」

 

 

二人のレベル上げは続く。

 

おまけ:戦歴

今日の戦歴とか。

 

○レベル上げ方法の復習

  • レベル15まで地道にやる
  • オーリンに死んでもらう
  • アッテムト周辺でハムスターと出会う
  • 銀のタロットカードで経験値2倍引く
  • ミネア攻撃、マーニャ常に防御
  • ハムスターの数が減ってきたらミネアも防御
  • ハムスターが仲間呼んで数が増えたらまた倒す
  • イオラ覚えるまで繰り返し
  • イオラ覚えたら鉱山地下2階でレベル上げ

 

○レベル10~15までにかかった時間
 2時間

 

○レベル15~23(イオラ覚えるレベル)までにかかった時間
 4時間

 

○レベル23~33までにかかった時間
 9時間30分

 (計15時間30分)

 

○倒したハムスターの数
たくさん。

 

つづき

今度こそバルザック&キングレオ討伐か??

※レベル上げが終わったら記事にします。末永くお待ち下さい。

 

ようやくレベル上げが終わりました!

 ドラクエ4章最後のバトル!静寂の玉なしで強すぎバルザックに挑む!
 

ミネア&マーニャシリーズ一覧

 

【それ以外のドラクエキャラ紹介】
それから、他のドラクエキャラ紹介を見たい方はこちらから。


スポンサーリンク



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

名前:勇者ウォン
特技:ギガスラッシュ
好きなもの:平和な世界
嫌いなもの:魔王

 

すぐ調子に乗るのが特徴で、このブログの管理人。

今は2つの世界(ドラクエ6・サマナーズウォー)を旅して回っている。

そのうち世界を救うらしい。
 詳しいプルフィールはこちらから

ドラクエ

攻略まとめ記事

モンスターの気持ち









その他

おすすめ記事

ピックアップ記事

2017.7.13

楽しさ最上級!サマナーズウォーが面白過ぎる3つの魅力を紹介

サマナーズウォーがマイブーム!! 私は今、サマナーズウォーというゲームをやっています。 配信から3年くらい過ぎていていますが、今更ど…

カテゴリー

ページ上部へ戻る