ドラクエ4アッテムトにて!デスピサロ期待大のエスタークは寝起きに倒せ

これはとある勇者一行が、デスピサロを倒す旅の物語。

(ドラクエ4 第5章)

 

地獄の帝王が甦ったって??

それは大変だ!

 

今日はアリーナがエスターク退治へと出かけます。

それでは、ご覧ください。


スポンサーリンク


 

はじめに紹介

まずはドラクエ4を知らない方のために、超ざっくり紹介します。

ドラクエ4は、1章から5章まで章が分割されていて、それぞれの仲間たちが主役となって冒険をしていきます。

それぞれに悲しい過去や出来事が起こりつつ物語を進め、5章でようやく勇者の元へと集結。

そして力を合わせ、魔王討伐へと動き出します。

 

更に、本シリーズでは敵の事情についても深く語られていきます。

これまでのRPGの「敵=全て悪いヤツ」という考え方が覆され、冒険を進めるうちに「ボスが可哀想」となる珍しいゲーム。

(人による。)

敵味方含め、今まで以上に心情を描いた素晴らしいゲームがドラクエ4なのです。

 

以上、説明おしまい!

それではここから、私が考える勇者&仲間たちの新たな一面についてお話していきます。

 

前回記事

こちらは前回記事の続きとなっております。

デスパレスへ侵入した話はこちらから。

 

あわせて読みたい!

 

アリーナの旅

これはドラクエ4勇者一行の物語。

今日は蘇ったエスタークを倒すため、アッテムト鉱山へと向かっています。

 

 

「ねえ、エスタークは強いのかしら?」

「地獄の帝王ゆえ、きっと強いのですぞ。」

「そうよね。
 それにデスピサロよりも偉いみたいだしね。
 これは楽しみだわ~。」

 

 

アリーナたちは前回、敵の本拠地デスパレスにてエスタークの情報を仕入れました。

なにやらエスタークが復活したらしく、アッテムトとエスターク神殿が繋がってしまったとのことです。

はたしてエスタークを見つけることができるのでしょうか?

 

アッテムト鉱山

「アッテムトの町もずいぶんと久しぶりね。」

「久しぶりというか、初めてですな。
 4章マーニャたち以外は来てない設定のはずですぞ。」

「細かいことは良いじゃない!
 雰囲気を出したかったのよ!」

「それは失礼しましたですな。
 ほっほっほ。」

 

 

「それより村人の人数がまた減ってるわね。
 可哀想に。」

「シュコーシュコー。(そうですな。)」

「毒ガスも以前より充満していて大変そう。」

「シュコーシュコー。(そうですな。)」

「あら、宿屋も潰れちゃったわね。」

「シュコーシュコー。(そうですな。)」

「ねえじい。
 さっきからうるさいんだけど?」

「シュコーシュコー。(これはガスマスクですぞ。)」

「あら、ずいぶんと準備が良いわね。
 アタシの分はないの?」

「シュコーシュコー。(ないですぞ。姫は体が頑丈ゆえ必要ないのですぞ。)」

「あらそう。
 全く、アタシも使えない部下を持ったものだわ。」

 

 

アリーナたちはアッテムト鉱山を進み、奥へ奥へと進んでいきます。

そしてしばらく進むと、見慣れない場所へと辿り着くのでした。

 

アッテムト鉱山の奥

「あら、デスピサロの部下がウロついてるわね。」

「魔物のくせにダンジョンで迷うなんて、よっぽどおバカなのね。」

「姫、可愛そうですので、そっとしておきましょうぞ。」

「そうね。
 先を急ぎましょう。」

 

 

「しかし、このダンジョンは複雑ね。
 もっと簡単に作れなかったのかしら?」

「でも一本道だとダメなのですぞ。」

「なんでよ?」

「ゲーム的に面白くないからですぞ。
 RPGとして成り立たなくなってしまうのですぞ。」

「RPG?
 ちょっと何言ってるのか分からないわ。」

 

 

アリーナたちは更に奥底へと進んでいきます。

 

ドラクエ5

「よ~し、エスタークを10ターン以内に倒して仲間にするわよ♪」

「姫、それはデマですぞ。」

「そうなの?
 じゃあ息子のプチタークを拉致して脅しの材料にするなんてどう?」

 

 

「それも無理ですぞ。
 しかもさっきからドラクエ『5』のネタばかりなのですぞ。」

「あら、間違えてしまったわ。
 ここは『4』の世界だったわね。」

(こいつ絶対わざとだろ・・・。)

 

 

スポンサーリンク



 

エスターク神殿

「ようやくエスターク神殿に到着ね。」

「とりあえずここで体力回復しておきましょうぞ。」

 

 

「エスタークのやつ、寝てるだけのくせにずいぶんと豪華な神殿と宝をお持ちじゃない。」

 

 

「ちょっとどきなさいよ。
 痛い目に合わせるわよ?」

 

 

「あなたも邪魔だからどいてくれないかしら?」

 

 

「デカイわね。
 アナタに全く恨みなんてないけど、勝たせてもらうわよ?」

「エスタークは何も悪いことしてないのに、
 寝起きに、いきなり攻撃されるなんて可愛そうですな。」 

 

作戦

「姫、エスターク相手にどうやって戦うおつもりですかな?」

「もちろん『ガンガン行こうぜ!』だけど。」

「甘い!甘々ですぞ!
 そんなことでは、この地獄の帝王には勝てませぬぞ。」

「じゃあどうすれば良いのよ?」

「まずエスタークは寝起きで頭がぼーっとしているゆえ、
 今のうちに後ろに回り込むのですぞ。」

「なんだか卑怯ね。」

「そして相手が寝起きで何だか分かってないうちに、
 姫の会心の一撃を連打して畳み掛けるのですぞ。」

「主人公のすることじゃないわよ。」

「しかしエスタークは強敵。
 もし覚醒してしまえば、とても我らに敵う相手ではないのですぞ!」

「でも正々堂々と戦いたいわよ。」

「いや、ダメですぞ。
 姫は『5』のエスタークを知らないからそんなことが言えるのです。
 弱ってる今のうちに叩くのが吉ですぞ!」

「気がひけるけど、その作戦で行きましょうか。
 行くわよ~!」

 

 

ここからアリーナとデスピサロの戦いが始まる。

おしまい。

 

補足:エスタークの本当の倒し方

エスタークとの戦闘では、エスタークが眠った状態から始まります。

しかしエスタークは眠ったときの方が強いので、勇者のアストロンで凌ぐのが◎

そうするとエスタークが勝手に起きてくれます。

 

そしてエスタークが3ターンに1度くらい『凍てつく波動』を使ってくるので、直後にスクルトを唱えると良いです。

フバーハもあると便利ですが、スクルトほどの重要性はないのでお好みで。

あとは回復するなりルカニなりバイキルトしつつ、勇者とアリーナ(もしくはライアン)で攻撃すればOK!

 

つづき

エスタークを倒したあとはどうするの?

気になる方はこちらから。

 

あわせて読みたい!

 

 

5章シリーズ一覧

 

【それ以外のドラクエキャラ紹介】
それから、他のドラクエキャラ紹介を見たい方はこちらから。


スポンサーリンク



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

名前:勇者ウォン
特技:ギガスラッシュ
好きなもの:平和な世界
嫌いなもの:魔王

 

すぐ調子に乗るのが特徴で、このブログの管理人。

今は2つの世界(ドラクエ6・サマナーズウォー)を旅して回っている。

そのうち世界を救うらしい。
 詳しいプルフィールはこちらから

ドラクエ

攻略まとめ記事

モンスターの気持ち









その他

おすすめ記事

ピックアップ記事

2017.7.13

楽しさ最上級!サマナーズウォーが面白過ぎる3つの魅力を紹介

サマナーズウォーがマイブーム!! 私は今、サマナーズウォーというゲームをやっています。 配信から3年くらい過ぎていていますが、今更ど…

カテゴリー

ページ上部へ戻る