ドラクエ4スタンシアラに行けない入れない!天空の兜求め馬車組が行く

これはとある勇者一行が、デスピサロを倒す旅の物語。

(ドラクエ4 第5章)

 

スタンシアラ城に入れないけど、どうやって入るの?

今回は馬車組が珍しく活躍?

 

今日はそんなブライたちについて書いていきます。

それでは、ご覧ください。


スポンサーリンク


 

はじめに紹介

まずはドラクエ4を知らない方のために、超ざっくり紹介します。

ドラクエ4は、1章から5章まで章が分割されていて、それぞれの仲間たちが主役となって冒険をしていきます。

それぞれに悲しい過去や出来事が起こりつつ物語を進め、5章でようやく勇者の元へと集結。

そして力を合わせ、魔王討伐へと動き出します。

 

更に、本シリーズでは敵の事情についても深く語られていきます。

これまでのRPGの「敵=全て悪いヤツ」という考え方が覆され、冒険を進めるうちに「ボスが可哀想」となる珍しいゲーム。

(人による。)

敵味方含め、今まで以上に心情を描いた素晴らしいゲームがドラクエ4なのです。

 

以上、説明おしまい!

それではここから、私が考える勇者&仲間たちの新たな一面についてお話していきます。

 

前回記事

こちらは前回記事のつづきとなっております。

サントハイム城付近で情報収集したお話はこちらから。

 

あわせて読みたい!

 

残された馬車組

「あれ?
 今日は主要メンバーが見当たりませんね。」

「活躍したみんなはご褒美に有給休暇ですと。
 馬車組の活躍できないワシらだけがお留守番らしいですぞ。」

「私もアリーナ様と一緒に行きたかった。」

「使えんバカクリフトに休みなどありませんな!」

「俺も休みたかった。」

「最近加わった新参者のくせに、簡単に休暇がとれるわけありませぬぞ。
 ライアンは新人ですから、もっと働けですぞ!」

「そんな・・・。」

 

 

「でも羨ましいですね~。
 1軍の皆さんはどこに行かれたのでしょう?」

「姫はジムで体を鍛えるって行ってましたぞ。
 それから勇者様はキャバクラ、マーニャはパチンコ、ミネアは競馬ですな!」

「まともなのがアリーナさんしかいないですね。
 それより主要メンバーがいなくて大丈夫ですか?」

「それは大丈夫ですぞ。
 今日は番外編みたいなもんだから、戦闘もありませぬ。
 皆が帰ってくるまで、残されたワシらで場を繋ぐのですぞ!」

「そうですね。
 がんばりましょう。」

「えい、えい、おー!!」

 

 

残された馬車組は結束を固め、1軍の帰宅を待つのでした。

 

天空の兜入手で下剋上!

「そう言えば、スタンシアラに『天空の兜』があるそうです。
 戦闘せずに簡単に手に入りますし、私らだけで取りに行きませんか?」

「アリーナ様がいない旅など面倒くさいだけだ。
 却下だ。」

「ワシも嫌ですぞ。」

「もし成功したら、アリーナさんから褒められるかもしれませんよ?」

「じゃあ行きます。」

「それにここで活躍できたら、主役の座を奪えるかもしれません。
 長年の馬車生活からおさらばできるチャンスですよ!」

「そこまで言うなら協力してやりますぞ。
 仕方ないですな。」

(トルネコ:こいつらチョロいな)

 

「俺は行きたくないぞ。」

「新参者のライアンは強制です。」

「そんな・・・。」

 

馬車組→船組

馬車組はさっそく荷物をまとめ、船に乗り込みます。

 

 

「いつも馬車ばかりですから、船は新鮮ですな!」

「もともと私の船だったのに。
 いつの間にか奪われてましたからね。
 トホホ。」

「そんなことより、勝手に船を動かしても大丈夫ですか?
 もしアリーナ様にバレたらと思うと・・・。」

「大丈夫ですぞ。
 ズボラなあいつらには気づきますまい。
 ほっほっほ。」

 

スタンシアラ城はどこ?

「何やら大陸が見えて来ましたな。」

 

 

「あれ、ここじゃないですぞ。
 これは小島だったのですぞ。
 騙されたのですぞ。」

 

 

「うーむ、岩が邪魔しておるのですぞ。
 これでは城に入れないのですぞ。」

 

 

「なんて迷路なんですぞ。
 難しすぎるのですぞ!」

 

 

「もう夜になってしまったのですぞ。」

「城への行き方も未だ分からず・・・。
 どうやって行くのでしょう?」

「俺はもう帰りたい。」

「私はアリーナ様の元へと帰りたい。」

「もう少し頑張るのですぞ。
 きっとすぐにたどり着けるのですぞ!」

「こんな簡単なこともできないから、私らは所詮『馬車組』なのでしょうか?」

「うるさいですぞ。
 みなまで言うなですぞ!」

 

 

スポンサーリンク



 

スタンシアラ城の入り方は南から!

「ようやくたどり着いたのですぞ。」

「南(南南東くらい)から入れましたね。」

 

 

「こんな分かりにくいところに城を作るから、ワシらが迷ったのですぞ。」

「それはさすがに言いがかりですよ・・・。」

 

スタンシアラ到着

「ふう。
 楽勝だったのですぞ。」

「そうですね。
 たったの三往復しか迷いませんでしたからね。」

「早く王様のもとへと行きましょう。」

 

 

「この男に話しかけてイカダを借りて~の」

 

 

「他人のデートを邪魔して~の」

 

 

「王様に話しに行って~の」

 

 

「トルネコどの、ここで王様を笑わせれば、天空の兜ゲットですぞ。」

「フッフッフ、任せて下さい。
 このトルネコ、この日のために渾身のギャグを考えておきました。」

「これは頼もしいですな。
 期待できるのですぞ!」

 

 

「滑ってしまったのですぞ。
 これは恥ずかしいのですぞ。」

 

 

馬車組の旅はつづく。

 

おまけ:馬車組の雑談

「そう言えば、ブライさんとライアンさんはところどころ話し方が一緒ですよね。」

「そうなのですかな?」

「はい。だからブログ主さんも、書き分けが難しいって言ってましたよ。」

「ライアンの口数が少ない理由が分かりましたな。」

「しかし、一章のときから無口キャラとして定着してるから、今更キャラは変えられん。」

「それは残念ですな。」

「さて、どうしたものか・・・。」

「そうですぞ!
 いっそ昔の武士らしく『ござる』とか言ってみたらどうですかな?」

「バカにしてるのか?」

 

 

はたしてライアンが普通に話せる日は来るのでしょうか?

今後のブログ主の手腕に期待です。

 

つづき

見事にギャグで滑ったトルネコたちは、お笑い芸人パノンを求めて旅立ちます。

はたして無事に仲間にすることができるのか?

乞うご期待!

 

あわせて読みたい!

 

5章シリーズ一覧

 

【それ以外のドラクエキャラ紹介】
それから、他のドラクエキャラ紹介を見たい方はこちらから。


スポンサーリンク



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

名前:勇者ウォン
特技:ギガスラッシュ
好きなもの:平和な世界
嫌いなもの:魔王

 

すぐ調子に乗るのが特徴で、このブログの管理人。

今は2つの世界(ドラクエ6・サマナーズウォー)を旅して回っている。

そのうち世界を救うらしい。
 詳しいプルフィールはこちらから

ドラクエ

攻略まとめ記事

モンスターの気持ち









その他

おすすめ記事

ピックアップ記事

2017.7.13

楽しさ最上級!サマナーズウォーが面白過ぎる3つの魅力を紹介

サマナーズウォーがマイブーム!! 私は今、サマナーズウォーというゲームをやっています。 配信から3年くらい過ぎていていますが、今更ど…

カテゴリー

ページ上部へ戻る