鉄の爪で改心の一撃が強烈!教育係が語るおてんばアリーナの強さ

これはとあるお姫様が、自由きままに旅に出た物語の番外編。

(ドラクエ4 第2章)

 

強すぎるアリーナに対して、ブライが感じたこととは?

 

今日はそんなアリーナの心情について書いていきます。

それでは、ご覧ください。

 

はじめに紹介

まずはドラクエ4を知らない方のために、アリーナと部下たちについて簡単に紹介します。

もうそんなの知ってるよ!って方は、読み飛ばして次の章へ!

 

アリーナ

 

サントハイムのお姫さま。

武術が得意で、かなりのおてんば。

外に出たいがために、自分の部屋の壁を蹴破るほどの戦闘力を持っている。

いつも戦うことと、武器のことで頭がいっぱい。

ちなみに防具にはさほど興味がないらしい。

 

自由が大好きで、部下のクリフトとブライと一緒に旅に出る。

 

クリフト

 

アリーナの部下で、アリーナと一緒に旅に出る。

職業は神官で、簡単に言うと僧侶。

ホイミとかキアリが使えて便利。

 

しかし、AIの頭が悪すぎて、レベルが上がると「ザラキ」しか使わない可哀想なキャラ。

最近のリメイクでは「めいれいさせろ」が使えるので、前ほどの不便さはない。

 

それから漫画の影響で、「アリーナのストーカー」という不名誉な肩書が付けられた。

それが受けたためか、最近のリメイクではストーカーのような発言がバリバリ増え、実質公式認定の設定となってしまった・・・。

とにかく可哀想なキャラである。

 

ブライ

 

アリーナの部下で、アリーナと一緒に旅に出る。

タイプは魔法使い。

序盤はヒャドが使えて強いように感じるが、後々マーニャという上位互換的存在のせいで、馬車行き濃厚に・・・。

バイキルトを使えるのは大きいが、昔のドラクエはAIが無能過ぎて、ブライ自身にバイキルトを掛けるというアホっぷり。

 

かなり口が悪くて毒舌。

でも会話していると面白い。

 

 

以上、説明おしまい!

それではここから、私が考えるアリーナ&ブライの新たな一面についてお話していきます。

 

全てのはじまり 教育係への任命

わしはブライ。

今日は王様に呼ばれて王室に向かっている。

どうやら頼み事があるらしいのだが、全くもって面倒くさいの。

 

 

「ブライよ。お主に頼みたいことがある。」

「何でしょう王様?」

「わたしの娘、アリーナを知っているな?未だ5歳でとても可愛いのだが、少々わんぱくでな。」

(わんぱくさが「少々」ですと?)

 

「ここは一つ、お主に教育係をお願いして、アリーナに勉学やらお主の品格さを学び取ってもらいたいと思っている。」

(アリーナ様は5歳にして時既に遅し…これ以上手の施しようはありませぬぞ?)

 

「もちろん引き受けてくれるな?」

「王様、ですが・・・」

「出来なければクビだ(ボソッ)」

「承知しました。わたくしめに全てお任せください。」

 

 

こうしてブライは、しぶしぶアリーナ姫の教育係&子守役を引き受けました。

それから十数年、ブライの苦労はずーっと続きます。

 

アリーナ姫の子守

バキッ!!

「あ~!姫、またおもちゃを壊してしまいましたな!」

「おの使用人め、姫に木製のおもちゃをあげるなとアレほど言いましたのに。」

「金属製じゃないとすぐに壊されてしまいますな。ぶつぶつ。」

 

 

グルルルル…

「姫!そんなものどこから連れてきたのですか!」

「可愛いから良いじゃない。この子はアタシのペットにするの。」

「ダメですぞ。野生のキラーパンサーなんて危険ですから、すぐに捨てて来なければなりませぬぞ!」

「嫌よ、この子可愛いし。それにどう見たって普通の猫じゃない?」

(猫?しかもこんな凶暴そうな魔物が可愛良いですと?)

 

「それに姫、大変申し上げにくいのですが、このキラー・・・いや、この猫さん、姫にかなり怯えているようですぞ?」

「可哀想ですから、どうか逃してやるのが良さそうですな。」

 

 

アリーナ姫はいつもわんぱく全開!

おもちゃは壊し、近所の魔物たちには恐れられ、幼い頃からその強さの頭角を現す末恐ろしいお姫様でした。

この先の成長がとても不安です・・・。

 

 

大きくなったアリーナ、遂に旅に出る!

そして、ここからドラクエ4の物語が始まります。

順調にすくすくと成長し、そして一段とたくましくなったアリーナ姫は、遂に自室の壁を蹴破り、旅に出るのでした。

 

厚さ30センチはあるであろう頑丈な壁だってお構いなし!

得意の蹴りで一撃必殺です。

アリーナ姫に壊せない壁なんてきっとありません。

あっぱれです!

 

 

「姫、そんなに旅に出たいなら、仕方ないですがわしもご一緒しますぞ。」

「ワタシは一人でも大丈夫だわ。」

「姫に何かあればわしの命も危ない。何としても付いていきます。」

「しょうがないわね~。」

 

 

こうしてブライ(とクリフト)は、アリーナ姫に付いていくのでした。

 

アリーナのステータス

「ちょっとステータスでも見てみるかの。」

 

 

「ほうほう。未だ姫も可愛げがあるの。」

「力だって、成人男性であるクリフトのたったの4倍しかないの。」

「このまま力が成長しなければ、かろうじてサントハイム城の姫としてもやっていけそうですな。ほっほっほ。」

「何言ってるのよブライ、アタシは成長期よ。これからもまだまだ育つわよ。」

「既に魔王クラスだというのに、まだ強くなるですと?」

 

 

スポンサーリンク



 

成長するアリーナ

アリーナは旅を通して心も体も成長し、強さに磨きをかけていきます。

 

「このボス弱すぎて、全然歯ごたえがないわ。」

「姫が強すぎて、中ボスが可愛そうですぞ。ほっほっほ。」

 

 

「防具なんて要らないわ。」

「魔物相手に生身で攻撃を受けたいなど、姫は考えることが人と違いますな。ほっほっほ。」

 

 

「きっと中にお宝があるわよ?」

「人様の大事な商品を平気で割る辺り、さすが姫ですな。ほっほっほ。」

 

 

それ以外にも、アリーナは色々な伝説を残します。

偽姫様のために洞窟に潜ったり、エルフが落としたさえずりの蜜を平然と盗んだり、自由奔放にやりたい放題!

そして2章最後の地、エンドールへと向かってゆくのでした。

 

新たな武器

「あ、こんなところに鉄の爪が売っているわ。買っても良いわよね?」

「ですが姫、さきほどのカジノでそんなお金などありますまい。」

「ブライが買ってくれれば良いじゃない。」

「姫、ときには我慢というものも必要ですぞ。」

「え~、鉄の爪は攻撃力38もあるのに、たったの1500Gでお買い得なのよ?」

「それに今(2章)で買っておかないと5章では買えないの。とっても貴重なの!」

「2章?5章?何のことですかな?」

「いえ、こっちの話よ。」

「まあどちらにせよ、素殴りで999ダメージの怪力姫にはそんなもの必要ないですぞ。ほっほっほ。」

 

アリーナはブライを攻撃した!

ブライに999のダメージ!

さらにブライはしぶしぶ鉄の爪を買わされた!

ブライの財布に1500のダメージ!

ブライの財布はスッカラカンになった!

 

 

さっそく装備していきますか?

はい  ←
いいえ

 

鉄の爪の脅威

「姫、初めて装備した割には、随分と鉄の爪の扱いに慣れておりますな。」

「当たり前でしょ!アタシと言えば鉄の爪、鉄の爪と言えばアタシってくらい有名なんだから!」

「そんな話、初めて聞きましたぞ?」

「まあ有名なのは、ゲームプレーヤーにだからね。」

「ゲームプレーヤーとは何ですかな?」

「気にしなくても良いわ。」

 

 

その後、早速試しに使ってみたくなったアリーナは、外に出て素振りを始めます。

 

「ねえ見て見て~!これ凄く格好いいわよ?」

「イタタタタ!姫、そんな危ないものをむやみに振り回してはいけません!危うくわしが死にかけましたぞ!」

「ただでさえ危険人物なのに。ぶつぶつ。」

「ちょっとくらい良いじゃない。それにアタシも久しぶりに装備してウキウキしているのよ!」

「久しぶり?初めての間違いですかな?」

「過去に何度も装備したわ。それに小説版のときなんて、最終戦までこれ一本で戦い抜いたくらいよ。」

「もうワタシの相棒なんだから!」

「小説版?姫、いつもおかしいですが、今日はさらに言っていることが分かりかねますぞ。」

「だからブライには説明してないから、無視しても良いのよ。」

 

 

そうして歩いていると、なんと珍しい魔物たちが現れます。

 

「ねえ、あんなところにグレートドラゴンが沢山いるわよ!」

「ちょっと試し斬りしてくるわ!」

「姫、可愛そうですから止めるのですぞ。」

「一国の姫が、そんなイジメじみた行為など。ぶつぶつ。」

 

アリーナはグレートドラゴンの群れに向かって無防備に駆け出した!

グレートドラゴンの群れは血相を変えて逃げ出した!

どうやらアリーナにびびっているようだ!

 

「ちょっと逃げちゃったじゃない。じゃあ代わりにブライで試し斬りね。」

 

アリーナの攻撃!

会心の一撃!

ブライに999のダメージ!

 

「痛たたたーい!!」

ブライはすっかりアリーナの物理攻撃に耐性が付いたよう。

ケロッと立ち上がると、何事もなかったかのように話し始めます。

 

「姫、そういえば前よりも会心の一撃が多くなりましたな。」

「今更なにを言っているのよ?アタシは強くなればなるほど会心の一撃が多くなるのよ。」

「それはどうしてですかな?」

「ゲームの仕様なんだから仕方ないじゃない。」

「せっかくだから、分かりやすくまとめてみたわ。」

ファミコン&プレステ版の確率
  • (Lv×1/256)
  • ただしLv64以降は1/4で固定
DS版の確率
  • (Lv×1/256)×(3/4)
  • ただしLv89以降は一定で、最大で約1/4

 

 

「ほう、さすが姫。」

「これにはメタル一族もビックリですな。」

「でしょ~?だからアタシはかなり強いんだってば!」

 

 

ブライは、より一層アリーナを怒らせないようにと誓ったのでした。

アリーナとブライの旅はつづく。

 

おしまい

 

アリーナシリーズ一覧

 

【それ以外のドラクエキャラ紹介】
それから、他のドラクエキャラ紹介を見たい方はこちらから。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

名前:勇者ウォン
特技:ギガスラッシュ
好きなもの:平和な世界
嫌いなもの:魔王

 

すぐ調子に乗るのが特徴で、このブログの管理人。

今は2つの世界(ドラクエ6・サマナーズウォー)を旅して回っている。

そのうち世界を救うらしい。
 詳しいプルフィールはこちらから

ドラクエ

攻略まとめ記事

モンスターの気持ち









その他

おすすめ記事

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る