ドラクエ4バルザック倒した後って何するの?そんな時は隣町で調査!

これはとある勇者一行が、デスピサロを倒す旅の物語。

(ドラクエ4 第5章)

 

久々に故郷へ帰ったアリーナは何を考えていた?

 

今日はそんなアリーナたちについて書いていきます。

それでは、ご覧ください。


スポンサーリンク


 

はじめに紹介

まずはドラクエ4を知らない方のために、超ざっくり紹介します。

ドラクエ4は、1章から5章まで章が分割されていて、それぞれの仲間たちが主役となって冒険をしていきます。

それぞれに悲しい過去や出来事が起こりつつ物語を進め、5章でようやく勇者の元へと集結。

そして力を合わせ、魔王討伐へと動き出します。

 

更に、本シリーズでは敵の事情についても深く語られていきます。

これまでのRPGの「敵=全て悪いヤツ」という考え方が覆され、冒険を進めるうちに「ボスが可哀想」となる珍しいゲーム。

(人による。)

敵味方含め、今まで以上に心情を描いた素晴らしいゲームがドラクエ4なのです。

 

以上、説明おしまい!

それではここから、私が考える勇者&仲間たちの新たな一面についてお話していきます。

 

前回記事

こちらは前回記事のつづきとなっております。

バルザックプラスにブライが虐められたお話はこちらから。

 

あわせて読みたい!

 

焼き鳥にする?それとも唐揚げ?

「キキー!」

「キキキー!」

「バルザックが殺られた!
 実験は失敗だ!デスピサロ様に報告せねば!」

 

 

5章バルザックプラスを倒すと、突如現れたミニデーモンたちが意味深な発言を残して去っていきます。

勇者たちがいるのに、内部情報を漏らして大丈夫なのでしょうか?

あとでデスピサロに叱られないことを祈ります。

 

 

「あれ、ミニデーモン逃しちゃった。
 せっかく捕まえて焼き鳥にでもしようと思ったのに。」

「姫、あれは翼はあっても鳥じゃないですぞ。
 せめて唐揚げですな!」

「ミニデーモンか。
 美味しくなさそうですが、アリーナ様の手料理ならぜひとも食べてみたいものだな。」

「あんなもの食ったら死にますぞ。
 平気なのは鉄の胃袋を持った姫くらいのものですな。」

「なんですって??」

 

お留守番作戦

「ねえ、お父さんたち、やっぱり帰って来ないのかしら?」

「デスピサロのせいで居なくなった故、手下を倒したくらいじゃ厳しいですな。」

「そっか。
 じゃあ、またこのお城を空にしたまま旅に出かけなければ行けないのね。」

「そうですな。
 しかしそうなると、またいつ魔物に奪われるやもしれんし、どうしたものか。」

「そうだ、トルネコさんに住んでもらえば良いんじゃない?
 どうせ馬車要員で役に立たないんだし!」

「それは名案ですな!
 しかしトルネコ殿にはこの後任務があるから厳しいかもしれませぬぞ。」

「え?トルネコさんのくせに任務があるの?」

「忘れましたかな?
 ガーデンブルクの濡れ衣問題で、1人犠牲になるイベントがありますぞ。」

「あ~あれね。
 みんなトルネコさんばっかり牢屋に入れるから、ずいぶんと話題になったわよね。」

「そうですな。
 あの役はトルネコ殿以外ありえないですからな。」

「じゃあ諦めましょうか。」

「皆さん、私がいない間にずいぶんと酷いお話をされていたようで。」

「あはははは。
 聞かれてたのね・・・。」

 

どっちが可愛い?

「ねえマーニャ!
 あれ?泣いてる?」

 

「ほっほっほ。
 確かにブサイクですな!」

バキ!ベキ!バコ!

 

 

「そう言えばマーニャとミネアは似ているけど、どっちの方が可愛いのかしら?」

「それはアタシに決まってるじゃない。」

「いいえ、私の方が100倍くらい可愛いわ。」

「アタシは踊り子よ?
 占い師なんかに負けるわけないじゃない!」

「顔と職業なんて関係ないでしょ?
 これだから姉さんはバカなのよ。」

「何ですって!?」

「ギャース!」

「ギャース!」

 

「そ、そろそろ旅を続けましょうぞ。」

 

良いスライムと猫のミーチャン

「ねえ、城の屋上に気配を感じるわよ。」

「ちょっと行ってみますかな。」

 

 

「わあ凄い!
 スライムって猫とお話ができたのね!」

 

 

「サランにそんな人いたかしら?
 このスライムと猫、なかなか博識ね!」

 

 

「やれやれ。
 次に帰ってくるのはいつになることですかな。」

 

 

「たまには姫も可愛いことを言いますな。
 じいは泣きそうですぞ。」

 

 

スポンサーリンク



 

隣町サラン

スライムと猫の話しを信じた3人は、隣町サランを調べに行きます。

 

 

「こんなところに記憶にない扉があるわね。」

 

 

「橋を渡った右側が怪しいわね。」

 

 

「教会の裏?
 なんでそんな分かりにくいところに立てるのよ。」

 

 

「天空の城?
 竜の神さま?
 ようやくドラクエっぽくなってきたわ!」

 

 

「とにかく北へ行けば良いのね?」

 

北へ向けて出発!

「さあ、次の行き先も分かったし、北へ向けて出発よ!」

「姫、そんなに慌てんでも。
 ワシはもう疲れましたぞ。」

「だってそろそろ天空装備が手に入るのよ!
 ワクワクするじゃない!」

「でも姫は装備できませんぞ?」

「ブログの中でくらい良いじゃない!
 とくに剣を振り回してみたいわ!」

「ダメですぞ。
 怪力姫がそんなもの振り回したら、この世界が破滅してしまいますぞ。
 どうかお鎮まりくだされ。」

「ゴチャゴチャうるさいわね!」

 

 

次回、怪力姫が天空装備で大暴れ??

乞うご期待!

 ※しません。

 

あわせて読みたい!

 

5章シリーズ一覧

 

【それ以外のドラクエキャラ紹介】
それから、他のドラクエキャラ紹介を見たい方はこちらから。


スポンサーリンク



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

名前:勇者ウォン
特技:ギガスラッシュ
好きなもの:平和な世界
嫌いなもの:魔王

 

すぐ調子に乗るのが特徴で、このブログの管理人。

今は2つの世界(ドラクエ6・サマナーズウォー)を旅して回っている。

そのうち世界を救うらしい。
 詳しいプルフィールはこちらから

ドラクエ

攻略まとめ記事

モンスターの気持ち









その他

おすすめ記事

ピックアップ記事

2017.7.13

楽しさ最上級!サマナーズウォーが面白過ぎる3つの魅力を紹介

サマナーズウォーがマイブーム!! 私は今、サマナーズウォーというゲームをやっています。 配信から3年くらい過ぎていていますが、今更ど…

カテゴリー

ページ上部へ戻る