ドラクエ4天空への塔は試練がいっぱい!最上階でさよならルーシア

これはとある勇者一行が、デスピサロを倒す旅の物語。

(ドラクエ4 第5章)

 

天空への塔ってどんなところ?

難しいの?

 

今日はそんな疑問について、マーニャたちが冒険しに行きます。

それでは、ご覧ください。


スポンサーリンク


 

はじめに紹介

まずはドラクエ4を知らない方のために、超ざっくり紹介します。

ドラクエ4は、1章から5章まで章が分割されていて、それぞれの仲間たちが主役となって冒険をしていきます。

それぞれに悲しい過去や出来事が起こりつつ物語を進め、5章でようやく勇者の元へと集結。

そして力を合わせ、魔王討伐へと動き出します。

 

更に、本シリーズでは敵の事情についても深く語られていきます。

これまでのRPGの「敵=全て悪いヤツ」という考え方が覆され、冒険を進めるうちに「ボスが可哀想」となる珍しいゲーム。

(人による。)

敵味方含め、今まで以上に心情を描いた素晴らしいゲームがドラクエ4なのです。

 

以上、説明おしまい!

それではここから、私が考える勇者&仲間たちの新たな一面についてお話していきます。

 

前回記事

こちらは前回記事の続きとなっております。

ゴットサイドでバロンの角笛を手に入れたお話はこちらから。

 

あわせて読みたい!

 

だらけた日常

これはとある勇者一行のお話。

勇者たちは今日もだらだらと腑抜けた生活を送っています。

 

 

「姉さん、そろそろ『天空への塔』に登らなくても良いの?」

「だって面倒くさいもの。
 かわりにミネアが登ってきてよ。」

「もうっ!
 そんなんだから彼氏ができないのよ!」

「あんただって彼氏いないじゃない。」

 

 

ゴットサイドに到着したマーニャたちはメタルキングと戯れ、一向に進む気配がありません。

こんなことでは世界平和なんて夢のまた夢です。。

 

天空への塔に入れない!

いい加減怒ったミネアは嫌がるマーニャを連れ出し、『天空への塔』に向かって進みます。

途中マーニャが泣いてゴネようがお構いなし。

ミネアはずんずんと進んでいきます。

そして塔に辿り着くと・・・。

 

 

「あれ、入れないじゃない。」

 

 

「ねえ、資格がないってことは、もしや勇者さまは偽物なんじゃない?」

「ちょっと姉さん、失礼よ!」

「だって現に入れないじゃない。」

「それはそうだけど、、
 あれ?
 姉さん、そのリュックからチラ見えしているものはなに?」

「ヤバ、バレた!?」

「それは勇者さまのものじゃないの。
 どうせそれを売ったお金でカジノに行こうとしたんでしょ?」

「さすがミネア。
 妹だけあってなんでもお見通しね。」

「言い訳しないのね。」

 

 

なんとマーニャのリュックから天空の剣が!

これでは塔に入れないのも納得です。

なぜなら塔に入る条件は、『天空人の血をひいた者が天空装備を揃えていること』だから。

マーニャは申し訳なさそうに勇者さまに剣を返し、ミネアの後ろに隠れるのでした。

 

※塔に入るためには、天空装備を勇者が持っているか、袋に入れている必要があります。

 

登頂

マーニャたちは無事に塔に入り、最上階目指して進みます。

途中大量に出てくるメタルキングに道草を食いながらも、ゆっくりと上を目指していくのです。

 

 

「なんだか不思議なエレベーターね。
 こんなのファミコン版にはなかったと思うけど。」

「時代の変化は凄まじいのよ。」

 

 

「なぜこの塔には馬車が入れないの?
 もうクタクタよ。」

「これもきっと試練よ。」

 

 

「よいしょよいしょ。」

 

 

「○☓□△」

「ちょっと姉さん、風が強くて何言ってるか聞こえない!」

 

 

「普段から調子に乗ってるからこうなるのよ。」

 

 

こうして、マーニャたちは長い長い塔を登ってゆきます。

このときの一行は、このあと強い魔物に襲われたり、強風でマーニャが吹き飛ばされたり、たくさんの試練が続くことをまだ知らない。

 

 

スポンサーリンク



 

さよならルーシア!

数々の試練を乗り越えたマーニャたちは、『天空への塔』最上階らしき場所にたどり着きます。

 

 

「きっとここがてっぺんね。」

 

 

「か、体が勝手に!?」

 

 

「ちょっと、どこに連れて行くのよ~」

 

 

「ここが天空城か。
 案外大したことないじゃない。」

 

 

「うわーい!」

「ちょっと姉さん、いい年して何言ってるのよ。
 バカ丸出しじゃない。」

「ルーシアのマネしただけよ。」

 

 

「ちょっとまだ行かないでよ。
 なにも報酬もらってないんだけど?」

 

 

「ルーシアは不思議ちゃんで中々濃いキャラだったわね。
 あんたのことは一生忘れないわよ。」

「死んだみたいに言わないで。」

 

 

こうして、ルーシアはパーティーから外れていきます。

でもせっかく助けてあげたのに、お礼の1つもなし!

まったく、天空人は礼儀というものを知らないみたいです。

 

助けて貰ったらお礼する!

これはRPGの基本ですよ、キ・ホ・ン!

 

※あとでお礼として、役に立たないドラゴンを押し付けられます。

 

ルーシアのその後

ルーシアは天空城に戻ってから、昔のように働きます。

しかし、ここで気になることが。

なんと、キャラが変わっているのです!

あのおバカキャラ丸出し&癒やしだった口調はどこへやら・・・

普通のマジメちゃんに成り下がりました。

残念でなりません。

 

 

マーニャたちの旅はつづく。

 

つづき

マスタードラゴンがマジで無能!クズ!人でなし!

それにドランも可愛んだけど使い道が・・・

な記事はこちらから。

 

あわせて読みたい!

 

5章シリーズ一覧

 

【それ以外のドラクエキャラ紹介】
それから、他のドラクエキャラ紹介を見たい方はこちらから。


スポンサーリンク



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

名前:勇者ウォン
特技:ギガスラッシュ
好きなもの:平和な世界
嫌いなもの:魔王

 

すぐ調子に乗るのが特徴で、このブログの管理人。

今は2つの世界(ドラクエ6・サマナーズウォー)を旅して回っている。

そのうち世界を救うらしい。
 詳しいプルフィールはこちらから

ドラクエ

攻略まとめ記事

モンスターの気持ち









その他

おすすめ記事

ピックアップ記事

2017.7.13

楽しさ最上級!サマナーズウォーが面白過ぎる3つの魅力を紹介

サマナーズウォーがマイブーム!! 私は今、サマナーズウォーというゲームをやっています。 配信から3年くらい過ぎていていますが、今更ど…

カテゴリー

ページ上部へ戻る