ドラクエ4パノンのセリフに仲間唖然!真面目な名言で天空の兜ゲット

これはとある勇者一行が、デスピサロを倒す旅の物語。

(ドラクエ4 第5章)

 

天空の兜を入手するため必要なパノンって誰?

今回も馬車組が珍しく活躍?

 

今日はそんなブライたちについて書いていきます。

それでは、ご覧ください。


スポンサーリンク


 

はじめに紹介

まずはドラクエ4を知らない方のために、超ざっくり紹介します。

ドラクエ4は、1章から5章まで章が分割されていて、それぞれの仲間たちが主役となって冒険をしていきます。

それぞれに悲しい過去や出来事が起こりつつ物語を進め、5章でようやく勇者の元へと集結。

そして力を合わせ、魔王討伐へと動き出します。

 

更に、本シリーズでは敵の事情についても深く語られていきます。

これまでのRPGの「敵=全て悪いヤツ」という考え方が覆され、冒険を進めるうちに「ボスが可哀想」となる珍しいゲーム。

(人による。)

敵味方含め、今まで以上に心情を描いた素晴らしいゲームがドラクエ4なのです。

 

以上、説明おしまい!

それではここから、私が考える勇者&仲間たちの新たな一面についてお話していきます。

 

あらすじ

有給休暇を貰えずに取り残された馬車組(トルネコ、ブライ、ライアン、クリフト)は、名誉挽回のために旅に出ます。

サントハイムから北に向けて船を出し、スタンシアラへ!

そこで迷子になった挙げ句、ようやく城内へと辿り着くのでした。

 

そして王様を笑わすことができたら「天空の兜」を貰えると知り、トルネコ渾身のギャグも敢えなく撃沈、、

失敗に終わるのでした。

 

前回はここまで。

詳しく読みたい方はこちらから。

 

あわせて読みたい!

 

作戦会議

「まったく、トルネコどのが滑ってしまったせいで、計画が台無しですな!」

「自信はあったんですがね。
 お恥ずかしい、、」

「どうするのですかな?
 何か次の計画はありますかな?」

「私以上にユーモアのある人はメンバーにいませんから、どなたか助っ人を頼みたいですね。」

「じゃあ町人に調査してみましょうぞ!」

 

馬車組は聞き込みを始めます。

 

 

「こいつに頼んでみますかな?」

「いいえ、こんな低レベルなギャグでは王様は笑いません。」

「青二才に用はないですな。」

 

 

「こいつはどうですかな?」

「ベホマンしか喋れないやつもダメですね。」

「確かにそうですな。
 ちなみにこいつはライアンどのの友達ですかな?」

「こんなやつ知らん。」

 

有力候補パノン! って誰だっけ??

「ようやく手掛かりを掴めましたな!」

 

 

「パノンがいれば天空の兜はゲットしたも同然ですぞ!
 やったのですぞ!」

「って、パノンって誰でしたっけ?」

「たしかマーニャとミネアの故郷にいるお笑い芸人ですぞ。」

「ああ、あのモンバーバラの。」

「そうですぞ。
 あやつのギャグは最高に面白いのですぞ。」

 

「ちなみにパノンの戦闘能力はいかほどでしょうか?」

「まどろみの剣を持っているから、相手を眠らせることができるのですぞ。」

「まどろみの剣って、ラリホー耐性があるボスにも効くと言われるチート武器ですよね?
 引っ剥がして売りさばきましょうかね。
 フッフッフ。」

「でもリメイクでその能力もなくなったのですぞ。
 今では使えないネタキャラの1人なのですぞ。」

「それは何やら親近感を覚えますね。
 私ぜひとも会ってみたくなりましたよ。」

「トルネコどのはネタキャラ代表ですからな!」

「うるさいですね。
 じゃあさっそく行ってみましょうか。」

 

馬車組はモンバーバラへと向かいます。

 

パノンを仲間に!

「さあパノンさん、飴玉ですよ。
 こっちへいらっしゃい。」

 

 

「私は昭和の子供ではありません。」

「着いてきてくれないなら仕方ないですね。
 いくらでOKですか?」

「私のお笑いはプライスレスです。」

「ぐぬぬ。そうきましたか。
 では皆さん、やっておしまい!」

「それ、今ですぞ!
 手足を縛って拉致するのですぞ!」

「んーーー!(声にならない叫び)」

 

馬車組はパノンの拉致に成功します。

※普通に仲間になります。

 

パノンのセリフ

無事パノンを拉致った馬車組は、再度スタンシアラへと向かいます。

 

「そう言えばパノンどのはギャグに優れているそうですな。
 何か面白いことを言ってほしいのですな。」

「分かりました。
 私めの渾身のギャグをお見せしましょう。」

 

「お姫さまが 悲鳴をあげた
  ヒメェェェ!
  ……これじゃ ヤギだな。」

「ふん。
 姫はどちらかと言うとゴリラですぞ。」

 

「アリーナ姫が
 魔物に負けるて ありーないよっ。」

「これは傑作ですな!」

 

「いや~っ 一度でいいから
 いっしょに 温泉に
 アリーナさんと はいむたいっ……」

「こいつはアリーナ様の危険因子!
 ブライ様、こいつをここで排除してもよろしいですか?」

 

その後もパノンのギャグが炸裂します。

 

「ギャグを言いづらい
 空気だなあ……。
 しかし 負けないぞ!
 コロシアムで 殺しあむぅ!」

「ミネアさんの性格は
 いまひとつ つかみねーあ。」

「ライアンさんのおかげで
 ブライ安心! むはははは!
 こいつは ケッサク!」

 

「だんだん気づいてきましたが、こいつあんまり面白くないですな!」

「本当に大丈夫でしょうか?」

「アリーナ様を侮辱し、しかも一緒に温泉に入りたいだなんて許せない!」

「それならいっそ、俺の親父ギャグの方がイケるんじゃないのか?」

 

馬車組の不安が募ります・・・。

 

 

スポンサーリンク



 

2度目の挑戦

馬車組はスタンシアラへと到着し、王様のもとへと向かっています。

 

「ドキドキしてきましたな。」

「不安でしょうがない。」

「でも、もうここまで来たらパノンを信じるのですぞ。」

 

「あれ、私もう一回やらないといけない雰囲気?」
 ええーい!
 やけくそですよ!」

 

 

「どうやらパノンを先頭にしないとダメな仕様みたいですな。」

「トホホ。
 一度ならぬ二度までも辱めを受けましたよ。」

「今度こそ!」

 

 

そう言って、パノンは語り出します。

 

「おことばですが おうさま。
 わたしには おうさまを わらわせることなど できません。」

「ですが わたしを つれてきた このものたちなら きっと わらわせることが できるはず!
 どうか このものたちに てんくうのかぶとを おあたえください!
 このものたちは せかいをすくい ひとびとが こころから わらえるひを とりもどして くれるでしょう。」

 

 

「ヒソヒソヒソ。」

「何言ってるんだこいつ。
 ダジャレどころか真面目に語りだしたぞ?」

「きっと自分のダジャレがつまらないからでしょうな。
 でも見事な名言でしたぞ!」

 

王様まさかの感銘

「よくぞワシの魂胆を見破った!
 この兜はお主らにあげよう。」

 

「え、こんなんで貰えるの?
 だったらパノン要らなかったんじゃ・・・」

 

 

「さよならですぞ。
 元気で暮らすのですぞ。」

 

 

こうして、馬車組は無事に天空の兜を手に入れたのでした。

ちなみに、その後帰宅した勇者たちから褒められることはなかったそうです。

 

おしまい。

 

5章シリーズ一覧

 

【それ以外のドラクエキャラ紹介】
それから、他のドラクエキャラ紹介を見たい方はこちらから。


スポンサーリンク



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

名前:勇者ウォン
特技:ギガスラッシュ
好きなもの:平和な世界
嫌いなもの:魔王

 

すぐ調子に乗るのが特徴で、このブログの管理人。

今は2つの世界(ドラクエ6・サマナーズウォー)を旅して回っている。

そのうち世界を救うらしい。
 詳しいプルフィールはこちらから

ドラクエ

攻略まとめ記事

モンスターの気持ち









その他

おすすめ記事

ピックアップ記事

2017.7.13

楽しさ最上級!サマナーズウォーが面白過ぎる3つの魅力を紹介

サマナーズウォーがマイブーム!! 私は今、サマナーズウォーというゲームをやっています。 配信から3年くらい過ぎていていますが、今更ど…

カテゴリー

ページ上部へ戻る