売らないのに銀の女神像求め洞窟へ!バグで脱出できないトルネコの運命は?

これはとあるバイト店員が、世界一の武器商人を目指して旅に出た物語。

(ドラクエ4 第3章)

 

ネタキャラとして馬鹿にされているトルネコはどんな人なの?

トルネコの評判とは?

 

今日はそんなトルネコついて書いていきます。

それでは、ご覧ください。


スポンサーリンク


 

はじめに紹介

まずはドラクエ4を知らない方のために、トルネコについて簡単に紹介します。

もうそんなの知ってるよ!って方は、読み飛ばして次の章へ!

 

トルネコ

自分の店を持つことを夢見た一人のオッサン。

開店資金を調達するため、しょっちゅう店をサボってモンスターからお金をむしり取り、ダンジョンのお宝を盗んでお金を稼ぎ、挙句の果てには愛妻弁当すらも売り払うお金の亡者。

どうしようもない男である。

 

戦闘面では弱すぎて役に立たないが、遊び人や盗賊の技を覚えるため意外と便利。

とくに、「くちぶえ」や相手からアイテムを盗む技(一定確率でランダム)は重宝する。

 

それから、本作品ではそれほど活躍してないくせに、勝ち組であるのが腹立たしい。

年下の美人妻とイケメンの息子がおり、更にはスピンオフ作品のおかげで大出世している。

 

ネネ

トルネコの妻。

かなりの美人で、なぜトルネコと結婚したのか分からないほど良い人。

とにかくトルネコが羨ましい。

 

お店を構えた後は店員として働き、トルネコもびっくりなほどの手腕を見せる。

なぜか新品の買値よりも高値で売ることができ、どうやっているのかは永遠の謎である。

更には銀行を営んだり、なんでもできる。

 

ポポロ

トルネコの息子。

イケメンで、将来はかなり格好良くなりそうな顔立ちをしている。

おそらく(というか間違いなく)、ネネの遺伝を色濃く受け継いだのであろう。

 

スピンオフ作品で大人気に。

モンスターを仲間にすることができる、ドラクエでは珍しいキャラ。

 

 

以上、説明おしまい!

それではここから、私が考えるトルネコの新たな一面についてお話していきます。

 

前回記事

こちらは、前回記事の続きとなっております。

用心棒二人を雇うまでのお話はこちらから。

 ドラクエ4史上初!ロレンスら仲間を金で買った3章の孤独男トルネコ

 

モンスターたちの噂

ここはモンスターたちが集う秘密の場所。

 

「ヒソヒソ。ヒソヒソ。」

「おい、俺たち久々の出番だな。」

「そうだな。ブログ主の野郎、最近武器屋とかトルネコの視点で記事書いてやがったからな。」

「しーっ!お前ら発言には気をつけろよ?NGワードとか滑るようなこと言えば、すぐにクビになって二度と出番なくなるぞ。」

「まじかよ、えげつねえな。」

「それがここのブログ主だ。よく覚えておけ。」

「・・・。(もう下手に発言できねえよ。)」

 

 

「そう言えばトルネコの野郎、今度は女神像の洞窟に行くらしいな。」

「でもあいつ、既にゴールド溜まってるから行く必要ねえだろ?必須イベントでもねえし。」

「そうなのか?」

「ああ、銀の女神像は売れば大金になるが、売らなくてもゲームの進行上は全く問題ないらしい。」

「全てはブログ記事のネタのためだそうだ。あいつはブログ主にまで恩を売りつけて、出番を増やしてもらおうって魂胆だ。」

「抜け目のねえ野郎だな。」

 

 

「よし、今回も監視役を付けてトルネコの弱みでも探すか。」

「じゃあ俺たちドラキー一族が行くか。」

「お前らこの前行ったばかりじゃねえか。今回含めて3連続で行く気か?」

「でも今回の舞台は洞窟だぞ?まさに俺たち(ドラキー)の独壇場だろ?」

「今更で悪いんだけどよ。本当はドラキーって3章に登場しないんだぞ?」

「別に良いじゃねえか。どーせ創作物なんだし。」

「俺も行きたい!」

「私も行きたい!」

 

 

魔物たちは長い議論の末、結局ドラキー一族が行くことになった。

 

女神像の洞窟

「いやー、楽しみですねー」

「・・・」

「・・・」

「そう言えばお二人は、この洞窟に来たことはあるのですか?」

「・・・」

「・・・」

 

二人の仲間(金を払って雇った用心棒)からは返事がない。

どうやら無視されているようだ。

 

 

「おい、見ろよトルネコの野郎、せっかく金でお友達雇ったのに無視されてやがるぞ。」

「あいつらしいな。これは傑作だ。」

「でもなんで無視されてるんだ?」

「別に無視してるわけじゃないだけどよ。あの二人はNPC戦闘員だからな。普通の仲間に比べて会話が少ない(気がする)んだ。」

 

DQ4以降で使われているシステムで、物語を進めていく中で一時的に仲間になり、戦闘に加わるがプレイヤー側は操作ができないキャラ。
なお「NPC戦闘員」という語は公式な用語ではなく、ここでの便宜上のものである。
FC版DQ4の説明書ではこの意味で「NPC」という語を用いているが、書籍によっては「お助けキャラ」「サブキャラ」などとも呼ばれる。NPC戦闘員 - ドラゴンクエスト大辞典を作ろうぜ!!第三版 Wiki*

 

「ふーん、なんでNPC戦闘員は会話が少ないんだ?」

「さあな。きっとゲームの容量不足の問題じゃないのか?」

 

 

「しかしあいつら強いな。」

「スコットもロレンスもほぼ一撃で敵を倒してる。あの二人を雇わなかったら結構やばいんじゃないのか?」

「そうだな。独りだと難易度も上がるし、1回の戦闘に時間もかかる。もし金をケチって雇ってなかったら、逆に損することになるかもな。」

「そうか。じゃあ俺も雇ってみようかな。今度あいつら雇ってトルネコを襲撃しようぜ!」

「お前頭いいな。」

 

 

トルネコはお供二人を連れ、どんどん奥に進んでいく。

 

 

スポンサーリンク



 

スイッチ

「おい、高い所に取れないアイテムが沢山あるじゃねえか。あれはどうするんだ?」

「更に奥にあるボタンを押すと、フロアに水が溜まって取れるようになるぞ。」

「そうか。でもあいつ、アイテム欲しそうに見つめて奥に進まないぞ?」

「なんて欲張りな奴なんだ・・・。」

 

 

「ようやくボタンを見つけたみたいだな。」

 

 

「踏むのか?踏んでも良いのか?罠かもしれないぞ~~?」

「チッ、躊躇なく踏みやがった。これで今まで取れなかったアイテムが取れるようになって、更に奥に進めるようになるな。」

 

 

「あ、宝箱2つも発見!!」

 

 

「もたもたしてたせいで、他の奴に横取りされたみたいだな。いい気味だ。」

 

 

「横取りした男、イカダがないから帰れないってよ。あいつ助けてやるのかな?」

「普通に置いてったぞ。いくら宝を横取りされたからって酷いんじゃないのか?」

「優しさの欠片もねえな。」

 

 

「なんだよ。あっさり女神像ゲットしちまったな。」

 

 

「これも全ては2人のお友達の活躍のおかげだな。」

「あとは帰るだけか。」

 

 

トルネコは2人を連れ、そそくさと帰っていく。

 

帰り道

「そういえばDS版のドラクエ4は、ここでバグが起こる可能性があるらしいな。」

「どんなバグなんだ?」

「イカダが沈んでいることがあってよ。」

「もしこれに乗ったら最後、陸に上がれないんだ。」

「それは恐ろしいな。つまり脱出不可能ってことか?」

「そうだ。あいつはリレミトを使えないから、戦闘で全滅するか電源を切るしか帰る方法はない。」

 

 

「これを回避する方法はあるのか?」

「おそらくだが、沈んだイカダに乗らずに階段登るか降りるかして、もう一度戻ってくれば良いんじゃないかな?イカダに乗ってしまえばもう遅い。」

「そうか。それよりなんで疑問形なんだよ。ちゃんと責任持って自分で確かめろよ。」

「(ブログ主が)一生懸命頑張ったんだけどな。全然バグが出ないんだよ。」

「それにアルティメットヒッツ買ったから、もしかしたらバグが修正されてるのかもしれん。」

「ふーん。」

 

アルティメットヒッツ(ULTIMATE HITS)はスクウェア・エニックスが過去の同社の名作ゲームソフトを低価格で再発売する廉価版シリーズである。ゲーム内容は基本的に変更はないが、一部バグが取り除かれたバージョンなどもある。アルティメットヒッツ - Wikipedia

 

 

「おい、あいつ早速沈んだイカダに乗ったぞ。体重が重いからそんなことになるんだ。」


出典:初代ブログ、過去の遺産
(画像は他サイトのブロガーさんから拝借)

 

 

「クックック。もがいてるもがいてる。でももう全滅するしかないぞ?」

「あいつに天罰が下るときが来たみたいだな。早く溺れてしまえ。」

「ようやく俺たち魔物の大勝利だ!」

「今日は祝杯だな。」

 

 

「ん?あいつクロール始めたぞ。泳いで渡るつもりか?」

「あいつ本当に何でもありだな・・・。」

 

 

トルネコは見た目に合わない俊敏な動きで泳ぎきり、無事脱出を果たした。

ちなみにお供2人は溺れ、無残にも置いていかれたという。

 

トルネコの旅はつづく

 

つづく

「おい、あいつバグも突破して脱出したらしいな。」

「もうやることもなくなってきたし、そろそろ3章もクライマックスじゃないのか?」

 

 

「次回の記事は何だ??」

「それはお楽しみだ!未だネタが見つかってないわけじゃないんだからね!!」

「ネタ切れかよ。。」

 

 

「それではお楽しみに~」

 3章カジノに突如現れたギャンブラー男トルネコ、ドラクエ4で荒稼ぎ!

 

トルネコシリーズ一覧

 

【それ以外のドラクエキャラ紹介】
それから、他のドラクエキャラ紹介を見たい方はこちらから。


スポンサーリンク



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

名前:勇者ウォン
特技:ギガスラッシュ
好きなもの:平和な世界
嫌いなもの:魔王

 

すぐ調子に乗るのが特徴で、このブログの管理人。

今は2つの世界(ドラクエ6・サマナーズウォー)を旅して回っている。

そのうち世界を救うらしい。
 詳しいプルフィールはこちらから

ドラクエ

攻略まとめ記事

モンスターの気持ち









その他

おすすめ記事

ピックアップ記事

2017.7.13

楽しさ最上級!サマナーズウォーが面白過ぎる3つの魅力を紹介

サマナーズウォーがマイブーム!! 私は今、サマナーズウォーというゲームをやっています。 配信から3年くらい過ぎていていますが、今更ど…

カテゴリー

ページ上部へ戻る