天空の剣探しにドラクエ4世界樹へ!待ち受ける天空人ルーシアがかわいい

これはとある勇者一行が、デスピサロを倒す旅の物語。

(ドラクエ4 第5章)

 

天空の剣はどこにあるの?

ルーシアさんが可愛くなったってホント?

 

今日はそんな疑問について、マーニャたちが世界樹へ冒険しに行きます。

それでは、ご覧ください。


スポンサーリンク


 

はじめに紹介

まずはドラクエ4を知らない方のために、超ざっくり紹介します。

ドラクエ4は、1章から5章まで章が分割されていて、それぞれの仲間たちが主役となって冒険をしていきます。

それぞれに悲しい過去や出来事が起こりつつ物語を進め、5章でようやく勇者の元へと集結。

そして力を合わせ、魔王討伐へと動き出します。

 

更に、本シリーズでは敵の事情についても深く語られていきます。

これまでのRPGの「敵=全て悪いヤツ」という考え方が覆され、冒険を進めるうちに「ボスが可哀想」となる珍しいゲーム。

(人による。)

敵味方含め、今まで以上に心情を描いた素晴らしいゲームがドラクエ4なのです。

 

以上、説明おしまい!

それではここから、私が考える勇者&仲間たちの新たな一面についてお話していきます。

 

前回記事

こちらは前回記事の続きとなっております。

気球を手に入れたお話はこちらから。

 

あわせて読みたい!

 

世界樹到着

これはとある勇者一行の物語。

今日は世界樹に到着したマーニャたちが、樹を登ろうとしているところです。

 

 

「ねえミネア、この樹は登らないといけないのかしら?」

「姉さんバカなの?」
 RPGなんだから当たり前じゃない。」

「やっぱりか。
 せっかく気球を手に入れたんだから、気球で最上階まで行けたら楽なのにな~。」

「文句言わないでさっさと登って!」

 

SOS

「ねえ、あそこのエルフたちがなにか会話しているわよ。」

「気になるわね。
 ちょっと聞いてきましょうか。」

 

 

「声が聞こえるですって?
 樹の上にボス猿でもいるのかしら?」

 

 

「助けに来いって言ってるみたいだけど。」

「姉さんが助けたら良いじゃない。」

「でも助けを乞う分際で偉そうね。
 条件付きなんて図々しいにもほどがあるわ!」

 

「掃除・洗濯・家事・その他もろもろ私にやらせる姉さんよりはマシだと思うけど。」

「聞き捨てならないわね。
 それじゃあアタシが何もできない図々しい女みたいじゃない。」

「違うの?」

 

登頂

マーニャたちはさっそく樹に登り始めます。

 

 

「姉さん、さっきの声を無視して4人で来ちゃったけど、本当に良かったの?」

「気にしない気にしない。
 助けてあげるんだから3人でも4人でも一緒よ。」

「う~ん。
 無駄足にならないと良いけど。」

「あ、誰かいる。」

 

 

「魔物に襲われて翼が折れたらしいわね。
 でもベホマ使えるなら自分で治せないのかしら?」

「この子は天然おバカキャラらしいからね。
 きっと思いつかなかっただけよ。」

 

 

「助けさせた挙げ句に送り届けろですって?
 しょうがないわね。」

 

 

「ムキー!
 アタシもう助けない!」

「ちょっと、姉さーん!」

 

 

せっかく助けようとしたマーニャに対し、ルーシアはこう言い放ちます。

「3人でもう一度ここまで登ってきて。」

 

図々しすぎます・・・。

それに怒ってマーニャは帰ってしまいました。

 

登頂その2

「マーニャどのが怒ってしまいましたから、こんどは我らの番ですぞ。」

「木登りができてラッキーね。」

「登りたくない登りたくない登りたくない。」

 

 

「アホクリフトは頼りないですな。」

「登りたくない登りたくない登りたくない。」

「そんな弱虫なんて嫌い。」

 

 

「そうだ!
 てっぺんからクリフトにバンジージャンプさせれば、苦手克服ができるんじゃない?」

「それはいい考えですな。」

 

 

「ルーシアのところにたどり着いたわね。」

「登りたくない登りたくない登りたくない。」

 

 

ルーシアを発見したアリーナたちは、無事に仲間に加えるのでした。

 

 

スポンサーリンク



 

天空の剣

「助けてくれてありがとう。
 お礼に良いことを教えるわ。
 この近くに天空の剣があるから探してみてね。」

「まだ登らないと行けないのか。
 早く帰りたい。」

「クリフト、早く来なさい!
 じゃないと置いていくわよ。」

「ほっほっほ。
 ベホマの使えるルーシアが加わった今、バカクリフトなど置いて行きましょうぞ。」

 

 

「きっとこれが天空の剣ね。
 だってピカピカ光っているもの。」

 

 

「お礼を言われてもあげないわよ?」

 

 

アリーナたちは天空の剣を手に入れ、来た道を戻るのでした。

 

トルネコの想い

「そう言えばトルネコさんはこの剣を探して旅に出たのよね。
 ちょっと鑑定してみる?」

「良いのですかアリーナさん。
 ではさっそく。」

 

 

「こ…これぞ 私が さがし求めていた 伝説の剣……???
 そう思いたいのですが 正直に言って これでは ちょっと ガッカリですね。
 まあ 悪い剣ではないんですが なんとも 期待はずれというか……
 これを装備できるのは もちろん 勇者である ウォンさんだけです。
 いや 期待はずれなんて言っちゃいましたけど 絶対 売ったりしちゃダメですよ。」

 

 

よし、闇市場で売ろう。

 

おまけ:ルーシアのセリフ

今回は記事が短かったので、ルーシアのセリフでも張っておきます。

天然おバカキャラで癒やされてください。

 

 

動物好きなルーシアさん。

 

 

朝は弱いご様子。

 

 

オバケもダメみたい。

 

 

灯台は灯台だよ!

 

 

このイエティの良さが分かるとは、気が合いますな。

 

 

目的を忘れて道草ばかりでも怒らない、むしろ喜んでくれるルーシアさん。

 

 

以上、ファミコン版のときの性格はどこいったの?

なルーシアさん特集でした。

 

つづき

ついにゴットサイド地方へ!

でもどうやって行くの??

 

あわせて読みたい!

 

5章シリーズ一覧

 

【それ以外のドラクエキャラ紹介】
それから、他のドラクエキャラ紹介を見たい方はこちらから。


スポンサーリンク



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

名前:勇者ウォン
特技:ギガスラッシュ
好きなもの:平和な世界
嫌いなもの:魔王

 

すぐ調子に乗るのが特徴で、このブログの管理人。

今は2つの世界(ドラクエ6・サマナーズウォー)を旅して回っている。

そのうち世界を救うらしい。
 詳しいプルフィールはこちらから

ドラクエ

攻略まとめ記事

モンスターの気持ち









その他

おすすめ記事

ピックアップ記事

2017.7.13

楽しさ最上級!サマナーズウォーが面白過ぎる3つの魅力を紹介

サマナーズウォーがマイブーム!! 私は今、サマナーズウォーというゲームをやっています。 配信から3年くらい過ぎていていますが、今更ど…

カテゴリー

ページ上部へ戻る