いくぜハーレムの町!ドラクエ4ガーデンブルグにトルネコらが突撃!

これはとある勇者一行が、デスピサロを倒す旅の物語。

(ドラクエ4 第5章)

 

天空の盾の行方はバドランド地方?

ガーデンブルグには女だけの町がある!?

 

今日は浮かれる男たちを中心に書いていきます。

それでは、ご覧ください。


スポンサーリンク


 

はじめに紹介

まずはドラクエ4を知らない方のために、超ざっくり紹介します。

ドラクエ4は、1章から5章まで章が分割されていて、それぞれの仲間たちが主役となって冒険をしていきます。

それぞれに悲しい過去や出来事が起こりつつ物語を進め、5章でようやく勇者の元へと集結。

そして力を合わせ、魔王討伐へと動き出します。

 

更に、本シリーズでは敵の事情についても深く語られていきます。

これまでのRPGの「敵=全て悪いヤツ」という考え方が覆され、冒険を進めるうちに「ボスが可哀想」となる珍しいゲーム。

(人による。)

敵味方含め、今まで以上に心情を描いた素晴らしいゲームがドラクエ4なのです。

 

以上、説明おしまい!

それではここから、私が考える勇者&仲間たちの新たな一面についてお話していきます。

 

あらすじ

天空の兜を入手するために、パノンを拉致したお話はこちらから。

 

あわせて読みたい!

 

バドランド地方ってどんなとこ??

これはドラクエ4第5章の物語。

勇者たちは天空の盾がバドランドにあることを聞き、スタンシアラから東へと向かいます。

 

 

「そういえば、バドランドはライアンの故郷よね?
 どんなところなの?」

「そうだな。
 とくちょうの少ない田舎な村だな。」

「もう少し具体的にないの?
 たとえばカジノがあるとか?」

「うーん。
 しゃべるホイミスライムがいたり、空とぶ靴があったり、幼児化したオッサンがいるくらいだな。
 べつにおもしろくもなんともない。」

「それをおもしろいって言うのよ!?
 めちゃくちゃ楽しそうじゃない!
 はやく行きましょう!!」

 

バドランド城到着! こんどの相手は王さま??

勇者たちはバドランド城へと到着し、王さまのもとへと向かいます。

 

 

「ライアンよ、ずいぶんと久しぶりだな。
 どうかしたのか?」

「じつは天空の盾がここにあると聞きまして。
 王さまなら何かご存知ないかと伺いました。」

「たしかに持っていたが、それも一昔前のことよ。
 実はかくかくしかじかでな。」

「・・・。
 かくかくしかじかと言われましても。
 ここは漫画のせかいじゃありませんし、分かりませんよ。」

「おのれ、めんどくさいやつじゃな。
 察しろよこのバカが!」

「なんですと!?
 いくら王さまと言えど許しませんよ!」

「ふん、ワシの方が偉いから良いんじゃ!」

「俺だっていまや勇者さまの側近のひとり。
 いち王さまの分際で、敵うわけでもありますまい。」

「このー!
 おもてへ出ろライアン!」

「いいでしょう。
 決着をつけるときが来たようですね!」

「ウルァー!!」

 

「喧嘩なんかしてないで、はやく盾の場所を教えなさいよ・・・」

 

盾のありか

「けっきょく天空の盾はどこにあるのですかな?」

「実はワシのじいさんの代のときに、ガーデンブルグの女王にあげてしまったらしい。」

「さぞや綺麗な女王だっだのでしょうな。」

「まったく、じいさんのスケベ心には まいってしまうわい。」

 

誰が行く??

「さあ、つぎの行き先も決まったし、だれが行くか決めましょう。」

 

(男性陣一同の心の声)

 ガーデンブルグは女性しかいない城。
 いわばハーレム!
 ここはなんとしてでも俺(ワシ)が行く!

 

「じゃあボクが行く。」

「俺は地元だし道案内ができるぞ。」

「私もたまには冒険したいですね。」

「ザラキならお任せあれ。」

「じゃあワシはヒャダルコでがんばるのですぞ。」

 

「5人も行けないわよ。
 だれかあきらめなさい。」

「おまえは休んでろよ。」

「おまえこそ妻子持ちだろ?」

「おまえなんて老人じゃねーか!」

「ギャース!!」

「ギャース!!」

 

「見苦しいわね。」

「これだから男は。」

「みなさん フケツです。」

 

男性陣の旅

醜いあらそいのすえ、ライアン、トルネコ、ブライ、クリフトが勝ちのこり、勇者さまはお留守番することに。

おとこ4人が東の地、バドランドへと向かいます。

 

 

「あやしい岩場ですな。」

 

 

「道が塞がれていますね。」

「マグマの杖をつかえば解決ですぞ。」

「ポチッとな。」

「これはマーニャ殿のメラゾーマよりもおそろしいですな。」

 

 

「マグマの杖の回収は忘れずにですぞ。
 じゃないとワシの装備が貧弱になってしまうのですぞ。」

 

 

スポンサーリンク



 

夢の城、ガーデンブルグ

「ようやく付いたぞ!
 われらが楽園!」

「ひゃっほーい!」

 

 

「お姉さんワシらと遊ばない?」

 

 

「これは聞き捨てなりませんな。」

「ライアンさんの言うとおりです。
 さあ、どこで盗んだのか、洗いざらい話してもらいますよ?」

 

 

「けしからんやつでしたな。
 モブキャラのくせにドロボウなんて100年はやいわ!」

 

 

「それは高値で売れそうですね。
 で、おいくらです!?」

 

 

「ふむ、ここが『衣装部屋』ね。」

 

 

「タンスを漁るのはドラクエの特権ですからな。
 これはしょうがない。」

「ライアン殿、はやくしないと 人に見つかってしまいますぞ。」

 

 

「こんな楽園、もう二度と出たくありませんよ。
 ぜったいに動きませんからね?」

 

 

「天空の盾でクドこうとするなど、けしからんやつですな。」

 

 

 

つづき

おとこたちは遊びたい放題!

好き勝手めいわくな行動をくりかえし、城の住民をこまらせていきます。

そして幾ばくか時間がすぎたころ、天罰が下ったのです。

 

そうです。

みなさんが知っているとおり、濡れ衣問題なのです。

ここでだれかひとりを犠牲にし、牢屋に閉じこめるのです。

もちろん閉じこめられたのは、言うまでもなくあのひと。

さて、トルネコの運命やいかに??

 

つづく。

 

あわせて読みたい!

 

5章シリーズ一覧

 

【それ以外のドラクエキャラ紹介】
それから、他のドラクエキャラ紹介を見たい方はこちらから。


スポンサーリンク



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

名前:勇者ウォン
特技:ギガスラッシュ
好きなもの:平和な世界
嫌いなもの:魔王

 

すぐ調子に乗るのが特徴で、このブログの管理人。

今は2つの世界(ドラクエ6・サマナーズウォー)を旅して回っている。

そのうち世界を救うらしい。
 詳しいプルフィールはこちらから

ドラクエ

攻略まとめ記事

モンスターの気持ち









その他

おすすめ記事

ピックアップ記事

2017.7.13

楽しさ最上級!サマナーズウォーが面白過ぎる3つの魅力を紹介

サマナーズウォーがマイブーム!! 私は今、サマナーズウォーというゲームをやっています。 配信から3年くらい過ぎていていますが、今更ど…

カテゴリー

ページ上部へ戻る