年齢・職業不詳のトルネコ逮捕!ドラクエ4盗賊バコタのせいで牢屋行き

これはとある勇者一行が、デスピサロを倒す旅の物語。

(ドラクエ4 第5章)

 

年齢・職業不詳のトルネコがついに捕まった?

逮捕されたトルネコの心境は?

 

今日は逃亡を企てる男たちと、牢屋行きになったトルネコを中心に書いていきます。

それでは、ご覧ください。


スポンサーリンク


 

はじめに紹介

まずはドラクエ4を知らない方のために、超ざっくり紹介します。

ドラクエ4は、1章から5章まで章が分割されていて、それぞれの仲間たちが主役となって冒険をしていきます。

それぞれに悲しい過去や出来事が起こりつつ物語を進め、5章でようやく勇者の元へと集結。

そして力を合わせ、魔王討伐へと動き出します。

 

更に、本シリーズでは敵の事情についても深く語られていきます。

これまでのRPGの「敵=全て悪いヤツ」という考え方が覆され、冒険を進めるうちに「ボスが可哀想」となる珍しいゲーム。

(人による。)

敵味方含め、今まで以上に心情を描いた素晴らしいゲームがドラクエ4なのです。

 

以上、説明おしまい!

それではここから、私が考える勇者&仲間たちの新たな一面についてお話していきます。

 

あらすじ

天空の盾を入手するため、女しかいないハーレムの城で遊びまくるトルネコたちの物語はこちらから。

 

あわせて読みたい!

 

悲劇のはじまり

これはガーデンブルグに到着した男どものハーレム物語。

好き放題遊んでいたトルネコらに、天罰が下るすこしだけ前のことです。

 

 

「ブライさん、ここはハーレムで楽しいところですなー。」

「そうですなトルネコどの。
 もう世界平和なんてどうでも良いから、ここに住んで楽しく暮らしましょうぞ。」

「それは良い!
 フッフッフ。」

「ほっほっほ。」

 

「あれ?
 あんなところに怪しいひとがいますぞ。」

「ちょっと話しかけてみましょうか。」

 

 

「中身が気になりますな!」

 

 

「何もないじゃないか!」

 

盗賊バコタの仕業

「あの野郎、ワシらを騙すとはいい度胸ですぞ。
 あとで見つけだして、説教してやらねば。
 ぶつぶつ。」

「そういえば、このあとって牢屋にぶち込まれるイベントがありませんでしたっけ?」

「忘れてました!
 そういえば、そんなイベントもありましたね。」

「たしか、盗賊バコタってやつの仕業ですぞ。
 ファミコン時代から騙されてますが、毎回腸が煮えくり返る思いなのですぞ!」

「バコタのくせに、生意気な!」

 

 

(数分後)

「イヤダ!イヤダ!イヤダ!
 捕まりたくない!
 私はアリーナ様のもとへ帰るんだ!」

「おいバカクリフト!
 そっちはダメなのですぞ!
 扉の近くまで歩いてしまいますと、シスターがきて強制イベントが発生してしまうのですぞ!」

「取り押さえろ!
 クリフトを止めろ!」

 

呪文のちから

クリフトを取り押さえて冷静になった男たちは、脱出する手立てがないか考えます。

 

 

「とりあえず脱出の方法を考えましょう。」

「そんなこと、本当にできるのですかな?」

「私はこれまで、数々の悪党もこなしてきました。
 そしてなにより脱獄のお手伝いをしたこともあります。」

「それは頼もしいのですぞ!
 皆でちからを合わせて頑張るのですぞ!」

 

 

「まずはリレミトから!」

 

 

「失敗か。
 やはり簡単には行きませんね。」

 

 

「つぎはルーラ!」

 

 

「良し、飛んだ!」

 

 

「痛いのですぞ!
 ドラクエお約束の、天井にあたまをぶつけてしまったのですぞ。」

「天井の存在を忘れてました。
 2Dゲームは天井が見えないのが良くないですね。」

「何の話ですかな?」

「いえいえ。
 お気になさらず。」

 

 

「もしかして、アングルを変えたら、隠し扉でもないでしょうか?」

「なにもないのですぞ。
 教会のじじいのあたましか見えないのですぞ。」

 

 

スポンサーリンク



 

逮捕された男たち

脱出を諦めた男たちは、観念して捕まることを決意します。

 

 

「しかたない。
 ここは一旦おとなしく捕まっておくのですぞ。」

 

 

「濡れ衣ですぞ。
 ワシらまだ何も盗んでないのですぞ。」

 

 

「ふう。
 助かったのですぞ。

「一時はどうなることかと思いましたね。」

 

 

「マーニャさん、嫌がってますね。」

 

 

「マーニャ殿は馬車にいたから完全に無実ゆえ、なにも知らなくても当然なのですぞ。」

「牢屋の中で、ゆっくり休んでいれば良いのですぞ。」

「いや、これはまずい!
 マーニャを怒らせたら俺の命が持たん!
 チェンジだ!」

 

 

「番人さん、マーニャのかわりに勇者さまを人質にしてほしいのだが?」

「(主人公だから)ダメです。」

 

人質と言ったらやっぱりあの人!

誰が人質に入るのか揉めに揉め、ようやく決断へと差し掛かります。

 

 

「みなさん、誰も牢屋に入りたくないみたいですね。」

「当たり前よ!
 アタシを一瞬でも牢屋にいれた罪は重いわよ!」

「じゃあどうやって決めましょうか?」

「そんなの決まってるじゃない。」

「そうですな。」

「たしかに。」

「うむ。」

「異論はないわね。」

「私の占いでもそう出てるわ。」

「これはマズイ予感がしますね・・・。」

「あら、分かってるじゃない。
 やっぱり牢屋といえば、トルネコが入るべきよ。」

「それは酷くないですか?」

「だってみんな(他のゲームプレーヤーも)そうしてるもの。」

「役に立たないあなたは牢屋に入れるべきって、某巨大掲示板やネット界隈全般でも、さんざん話題になったじゃないの!」

 

しかし、導かれしもの全員が揃う五章では役立たずの代名詞となり、必ずと言っていいほど【馬車】組にさせられ、【ガーデンブルグ】の牢屋に入れられる。【トルネコ】 - ドラゴンクエスト大辞典を作ろうぜ!!第三版 Wiki*

 

 

「しかもあなた、派生作品のヒーローズでも牢屋入りしたらしいじゃない?
 もうアナタしかいないわ。」

(派生作品のトルネコ」)

 

 

「そんなのあんまりだ!」

「観念するのね。」

 

 

取り調べ

結局トルネコが逮捕され、牢屋に入ることに。

まずは取り調べを受けるため、取調室にて尋問を受けています。

 

 

「おい、おまえ名前は?」

「トルネコです。」

「おかしな名だな。」

「どこの国から来たのだ?」

「生まれはレイクナバ、そして今は世界中を旅しております。」

「ん?住所不定っと。
 カキカキ。」

「じゃあ職業は?」

「ちょっと前まで商人でしたが、今は勇者の側近として活躍しています。」

「お前、ふざけているのか?
 そんな職業があるわけないだろ!

「選ばれし者にしかなれない、特別な職業なんですよ。」

「よく分からんな。
 それでどうやって生計を立ててるんだ?」

「主にモンスターを倒してゴールドを奪っています。
 それにタンスや壺などの中身を売るのも、大事な収入源ですね。」

「なんだ、ドロボウの常習犯じゃないか。」

「違いますよ。
 勇者の側近はドロボウじゃありませんよ。」

「よく分からないやつだな。
 職業も不定っと。
 カキカキ。」

「だから違うってば。」

「じゃあ最後の質問だ。
 おまえ今いくつだ?」

「設定では51歳らしいですね。」

「設定ってなんだ?」

「いえいえ、こちらの話です。
 あ、でも、かれこれ20年以上経ってますから、今は70過ぎというところでしょうか。」

「その見た目でさすがに70歳はないだろ?
 年齢も不定っと。
 カキカキ。」

「ちょっと電話するから、そこで待ってろ。」

「はい。」

 

 

「部長、奴の取り調べが終わりました。
 名はトルネコ、職業・年齢・住所不定のとにかく怪しい奴です。」

「はい、はい、分かりました。
 失礼します。」

プツン。

 

 

「よし、お前の処罰も時期に決まるだろう。」

「まあ、早まらないでくださいよ。
 とりあえずそこに座って座って。」

「なんで罪人のお前が仕切ってるんだよ。」

「良いから良いから。
 そこの使用人、カツ丼2つだ!
 1つは大盛りのつゆだくね。」

「だからなんでお前が仕切ってるんだよ。」

 

 

その後、トルネコは勇者たちが帰ってくるまで、牢屋の中でたくましく生きるのでした。

トルネコの取り調べと牢屋生活はつづく。

 

おしまい。

 

つづき

ついに盗賊バコタを逮捕!

濡れ衣着せて逃げるだなんて許さない!

 

あわせて読みたい!

 

5章シリーズ一覧

 

【それ以外のドラクエキャラ紹介】
それから、他のドラクエキャラ紹介を見たい方はこちらから。


スポンサーリンク



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

名前:勇者ウォン
特技:ギガスラッシュ
好きなもの:平和な世界
嫌いなもの:魔王

 

すぐ調子に乗るのが特徴で、このブログの管理人。

今は2つの世界(ドラクエ6・サマナーズウォー)を旅して回っている。

そのうち世界を救うらしい。
 詳しいプルフィールはこちらから

ドラクエ

攻略まとめ記事

モンスターの気持ち









その他

おすすめ記事

ピックアップ記事

2017.7.13

楽しさ最上級!サマナーズウォーが面白過ぎる3つの魅力を紹介

サマナーズウォーがマイブーム!! 私は今、サマナーズウォーというゲームをやっています。 配信から3年くらい過ぎていていますが、今更ど…

カテゴリー

ページ上部へ戻る