取り方簡単なバロンの角笛!ゴットサイド着いたらほこらへ侵入

これはとある勇者一行が、デスピサロを倒す旅の物語。

(ドラクエ4 第5章)

 

ゴットサイドはどこにあるの?

バロンの角笛ってなに?

 

今日はそんな疑問について、マーニャたちがゴットサイド地方へ冒険しに行きます。

それでは、ご覧ください。


スポンサーリンク


 

はじめに紹介

まずはドラクエ4を知らない方のために、超ざっくり紹介します。

ドラクエ4は、1章から5章まで章が分割されていて、それぞれの仲間たちが主役となって冒険をしていきます。

それぞれに悲しい過去や出来事が起こりつつ物語を進め、5章でようやく勇者の元へと集結。

そして力を合わせ、魔王討伐へと動き出します。

 

更に、本シリーズでは敵の事情についても深く語られていきます。

これまでのRPGの「敵=全て悪いヤツ」という考え方が覆され、冒険を進めるうちに「ボスが可哀想」となる珍しいゲーム。

(人による。)

敵味方含め、今まで以上に心情を描いた素晴らしいゲームがドラクエ4なのです。

 

以上、説明おしまい!

それではここから、私が考える勇者&仲間たちの新たな一面についてお話していきます。

 

前回記事

こちらは前回記事の続きとなっております。

天空の剣と可愛いルーシアを手に入れたお話はこちらから。

 

あわせて読みたい!

 

天空装備

これはとあるドラクエの物語。

ルーシアを仲間にした勇者一行は、天空の塔へ向かおうとしています。

 

 

「ねえミネア、天空の塔はどこにあるの?」

「アタシが知るわけないじゃない。
 ルーシアなら知ってると思うけど。」

「ルーシア 普段は飛んで行き来するからわかんないですぅ」

「使えないぶりっ子ね。」

「ぶりっ子じゃないですぅ
 マーニャさん、ひどいですぅ」

「もういいわ。
 アンタは引っ込んでなさい。」

「・・・。」

 

 

「勇者様、とりあえず天空装備を付けてみたら何か分かるんじゃない?」

 

 

勇者はマーニャ姉妹に促され、天空装備を身につけます。

すると、まばゆい光に身を包まれ、新たなる道が開かれ・・・

ませんでした。

結局なにひとつ分からないまま、最終手段の攻略本に頼るのでした。

 

天空の塔はどこ??

天空の塔はゴットサイド地方にあるそう。

そして気になる場所はここ。

さっそく気球でひとっ飛びです。

 

 

「ねえミネア、ホントにここで合ってるの?
 ずいぶん小さい島だし、なにもないじゃない。」

「攻略本に書いてたから大丈夫よ。」

 

 

「あれ、上陸した瞬間に地図が拡大したわね。
 しかもどう見ても最終決戦地っぽい雰囲気が出てるじゃない。」

 

 

「メタキンも大量に出てくるし、きっとこの近くに村や天空の塔があるはずね。」

 

 

このあと、マーニャたちは近場でゴットサイドの村を発見したのでした。

 

クリフトがいっぱい?

ゴットサイドは神聖なる地。

神を信仰した人間だけが住む、由緒正しい静かな村です。

 

 

「ここはずいぶんと静かな村ね。
 アタシは好きじゃない、というか嫌いね。」

「酷い言いぐさね。
 こんな聖地、他にないわよ?
 この罰当たりめ!」

「アタシなんてまだマシよ。
 あの3人を見てみなさいよ。」

「本当だわ。
 仲間だと思われないように少し離れましょう。」

 

 

スポンサーリンク



 

アリーナSide

「アリーナ様、いい加減私の顔くらい覚えてください。」

「そうですぞ。
 こんなバカ面、世界中どこを探してもコイツしかいないのですぞ。」

「オイこのクソジジイ、表に出やがれ!」

 

 

「少しだけ辛抱してください。」

「ほっほっほ。
 さすが姫ですな。」

 

 

「ここは枯れた村ですな。
 サントハイムとは大違いなのですぞ。」

「枯れ果てた老人に言われたくないですね。」

「誰が枯れているのですかな?
 このムチムチのお肌を見てから言ってほしいのですぞ。」

「シワだらけじゃねーか。」

 

 

「せめて心を落ち着かせられるようになってから言ってほしいものですね。
 エセ魔法使いめ!」

 

 

「それはいい考えです。
 こんな老人は置いてさっさと進みましょう!」

 

 

アリーナたちはやりたい放題!

神聖なる地で冷たい視線を向けられながらも、気にせずに騒ぎまくりです。

そして散々村人に迷惑をかけたあとに『角笛のほこら』の存在を知り、『バロンの角笛』を取りに向かったのでした。

 

角笛のほこら

「こんなところにほこらがあるのね。」

「村人はだれも教えてくれなかったのですぞ。
 攻略本でも見ないと分からないのですぞ。」

「そうね。
 いくら必須アイテムじゃないからと言って、これはあんまりだわ。」

 

 

「ねえ、ここはどうやって攻略するの?
 バロンの角笛が見つからないんだけど?」

「姫は頭が悪いゆえ分からないのですな。
 このワシが教えてあげるのですぞ。」

 

笛の取り方

「まずはエレベーターで降りるのですぞ。」

 

 

「そして階段で上がって元の場所に戻ってきて、今度は飛び降りるのですぞ。」

 

 

「落ちたら下に向かうのですぞ。」

 

 

「これだけですぞ。
 このほこらは魔物も出ないから簡単なのですぞ。」

 

 

「わあ凄い!
 じいは意外と物知りなのね!」

「もっと褒めてくれなのですぞ。」

「それとずっと気になってたんだけど、『バロン』ってどうゆう意味?」

「知らないのですぞ。」

「やっぱりじいはおバカね。」

 

 

アリーナたちは無事にアイテムをゲットしたのでした。

おしまい。

 

補足

『バロンの角笛』は必須アイテムではないですが、かなり重要です。

これがないと、ラスボス戦で馬車なし(4人だけで)戦う羽目になるのです。

忘れずに取るのが◎

 

それからこのアイテムは、戦闘中に使うと相手にダメージを与えることができます。

大量の馬が敵を攻撃してくれるそう。

しかし、自分で攻撃した方がダメージを与えられるので、ネタ以外での需要はなさそうです。

 

つづき

天空への塔でルーシアがお別れ?

つづきはこちら。

 

あわせて読みたい!

 

5章シリーズ一覧

 

【それ以外のドラクエキャラ紹介】
それから、他のドラクエキャラ紹介を見たい方はこちらから。


スポンサーリンク



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

名前:勇者ウォン
特技:ギガスラッシュ
好きなもの:平和な世界
嫌いなもの:魔王

 

すぐ調子に乗るのが特徴で、このブログの管理人。

今は2つの世界(ドラクエ6・サマナーズウォー)を旅して回っている。

そのうち世界を救うらしい。
 詳しいプルフィールはこちらから

ドラクエ

攻略まとめ記事

モンスターの気持ち









その他

おすすめ記事

ピックアップ記事

2017.7.13

楽しさ最上級!サマナーズウォーが面白過ぎる3つの魅力を紹介

サマナーズウォーがマイブーム!! 私は今、サマナーズウォーというゲームをやっています。 配信から3年くらい過ぎていていますが、今更ど…

カテゴリー

ページ上部へ戻る