ドラクエ4天空城で会ったマスタードラゴンが無能でクズ!ドランも要らん

これはとある勇者一行が、デスピサロを倒す旅の物語。

(ドラクエ4 第5章)

 

天空城にいるマスタードラゴンってどんなの?

なんだか小さいドラゴンを貰ったんだけど・・・。

 

今日はそんな疑問について、マーニャたちが冒険しに行きます。

それでは、ご覧ください。


スポンサーリンク


 

はじめに紹介

まずはドラクエ4を知らない方のために、超ざっくり紹介します。

ドラクエ4は、1章から5章まで章が分割されていて、それぞれの仲間たちが主役となって冒険をしていきます。

それぞれに悲しい過去や出来事が起こりつつ物語を進め、5章でようやく勇者の元へと集結。

そして力を合わせ、魔王討伐へと動き出します。

 

更に、本シリーズでは敵の事情についても深く語られていきます。

これまでのRPGの「敵=全て悪いヤツ」という考え方が覆され、冒険を進めるうちに「ボスが可哀想」となる珍しいゲーム。

(人による。)

敵味方含め、今まで以上に心情を描いた素晴らしいゲームがドラクエ4なのです。

 

以上、説明おしまい!

それではここから、私が考える勇者&仲間たちの新たな一面についてお話していきます。

 

前回記事

こちらは前回記事の続きとなっております。

天空城を登りきり、ルーシアと涙のお別れをしたお話はこちらから。

 

あわせて読みたい!

 

こんなところに魔物??

これは勇者一行の物語。

天空城に到着したマーニャたちは、普段見ることができない天空人の住処を見学しています。

 

 

「ねえミネア、天空人のペットは変テコね。」

「これはペットなのかしら?」

 

 

「ねえアンタ、魔物よね?」

「そうだよ。
 でも僕は悪い魔物じゃないよ。」

「なんでこんなところにいるのよ。
 もしやデスピサロを裏切ってここに来たの?」

「そ、それは・・・。」

「姉さん、可哀想だから尋問しないであげて。
 きっと深い理由があるのよ。」

「ちょっとからかっただけよ。
 珍しいアイテムも貰ったし、このくらいで勘弁してやるわ。」

 

ドランちゃん

しばらくすると、眼の前に見慣れた顔が。

つい先日まで仲間であった、天然癒し系キャラのルーシアが現れます。

 

 

「あら、ルーシアじゃない。」

「マーニャさん、お久しぶりですぅ
 お元気でしたか?」

「まあね。
 それより何してるのよ?」

「ドラゴンの子供たちのお世話ですぅ
 実はこれがルーシアのお仕事なんですよ。」

「あんた働いてたのね。
 それよりアタシたちへの恩を忘れてないわよね?」

「もちろんですぅ
 えーと・・・。
 ドラン、こっちへおいで!」

 

「お礼にこの子を貸してあげるですぅ」

「いや、要らないわよ。
 エサ代が掛かるだけで役に立たないじゃない。」

「遠慮はいらないですぅ。
 ドラン、マーニャさんの言うことをしっかりと聞くんですよ。
 じゃないと食べられてしまいますからね?」

「食べないわよ。」

 

 

恩着せがましく見返りを求めたマーニャは、ルーシアからドラゴンの子供を借りることに。

これぞ、

ありがた迷惑!

ゴールドか金目の物をせしめるつもりだったマーニャは、心底がっかりしたのでした。

 

ドランちゃんの使い道

ドラゴンの子供を預かったマーニャたちは悩みます。

戦闘面では使えそうもなく、かといって魔法も使えないドランちゃん。

この子を有効活用することはできるのでしょうか?

 

 

「この子どうしようか?」

「戦闘では役に立たなそうね。」

 

「でもクリフト・ブライ・トルネコの3バカトリオよりは強いんじゃない?」

「本当だわ!
 でもあの3人と比べるのも可笑しな話よね。
 だってあいつらネタキャラだもの。」

 

ブライ
なにかワシのことを呼びましたかな?

 

「呼んでないから馬車に戻っていいのよ?」

兄弟??

「もう1匹いるわね。
 ついでにこいつも貰ってく?」

「いやいや、さすがに『3匹』も面倒見きれないわよ。」

「ちょっとミネア、それってアタシも頭数に入ってない?」

 

 

「そうだ!
 この子を劇場で踊らせてみれば良いんじゃない?」

「ドランの分のギャラはどうするの?」

「もちろんアタシが貰うわ。」

「がめつい女ね。」

 

 

二人はドランの使い道を一生懸命考えるものの、全くいい案が浮かびません。

けっきょく馬車にいるトルネコに世話を押し付けたのでした。

トルネコさん、よろしく頼みましたよ!

 

トルネコ
トホホ。
私だって暇じゃないんですよ・・・。

 

マスタードラゴン

二人は一通り天空城を散策し終えます。

そして飽きてやることがなくなってきた頃、ようやくこの地のボスであるマスタードラゴンの所へと向かいます。

 

 

「こんにちは。
 アタシ直々に来てやったわよ。」

(なんだこの偉そうな小娘は。)

 

 

「なにこれ震えてるの?
 そんなにアタシが怖いっていうの?」

(やばいよやばいよ。)

 

 

「なんだ、ただのデスピサロか。」

 

 

「力よりお金でしょ。
 持ってるゴールド出しなさいよ。
 ほら早くジャンプしなさい。」

 

 

「なんでアタシたちが?
 マスターなんだから自分でどうにかすれば良いじゃない。」

「そうだわ。
 それに勇者様の父親を殺しておいて、顎で使うなんてあんまりじゃないかしら?」

(それは秘密にしておいて・・・)

 

 

マスタードラゴンに会ったら、いきなり次のダンジョンへの出動指示が。。

なんて人任せなドラゴンなのでしょう。

少しは自分で働けばいいのに。

本当に無能でクズ・・・

ゴホンゴホン。

まったく、勇者使いが粗いんだから!

 

こうして、マーニャたちはしぶしぶ次のダンジョンへと進んでいくのでした。

おしまい。

 

つづき

デスピサロを追ってダンジョン攻略するお話はこちらから。

 

あわせて読みたい!

 

5章シリーズ一覧

 

【それ以外のドラクエキャラ紹介】
それから、他のドラクエキャラ紹介を見たい方はこちらから。


スポンサーリンク



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

名前:勇者ウォン
特技:ギガスラッシュ
好きなもの:平和な世界
嫌いなもの:魔王

 

すぐ調子に乗るのが特徴で、このブログの管理人。

今は2つの世界(ドラクエ6・サマナーズウォー)を旅して回っている。

そのうち世界を救うらしい。
 詳しいプルフィールはこちらから

ドラクエ

攻略まとめ記事

モンスターの気持ち









その他

おすすめ記事

ピックアップ記事

2017.7.13

楽しさ最上級!サマナーズウォーが面白過ぎる3つの魅力を紹介

サマナーズウォーがマイブーム!! 私は今、サマナーズウォーというゲームをやっています。 配信から3年くらい過ぎていていますが、今更ど…

カテゴリー

ページ上部へ戻る