優雅な上空の旅へ!ドラクエ4エスターク倒した後はガスのつぼで気球入手

これはとある勇者一行が、デスピサロを倒す旅の物語。

(ドラクエ4 第5章)

 

エスターク倒した後は何するの?

気球でどこへ行けば良いの?

 

今日はそんな疑問について、マーニャたちが気球を手に入れて空へ冒険しに行きます。

それでは、ご覧ください。


スポンサーリンク


 

はじめに紹介

まずはドラクエ4を知らない方のために、超ざっくり紹介します。

ドラクエ4は、1章から5章まで章が分割されていて、それぞれの仲間たちが主役となって冒険をしていきます。

それぞれに悲しい過去や出来事が起こりつつ物語を進め、5章でようやく勇者の元へと集結。

そして力を合わせ、魔王討伐へと動き出します。

 

更に、本シリーズでは敵の事情についても深く語られていきます。

これまでのRPGの「敵=全て悪いヤツ」という考え方が覆され、冒険を進めるうちに「ボスが可哀想」となる珍しいゲーム。

(人による。)

敵味方含め、今まで以上に心情を描いた素晴らしいゲームがドラクエ4なのです。

 

以上、説明おしまい!

それではここから、私が考える勇者&仲間たちの新たな一面についてお話していきます。

 

前回記事

こちらは前回記事の続きとなっております。

エスタークをやっつけた話はこちらから。

 

あわせて読みたい!

 

討伐後

「やっとエスタークを倒したわね。
 疲れたわ~」

「ふっふっふ。
 意外とあっけなかったですねマーニャさん。」

「確かにそうだけど、、
 トルネコは今回も戦ってないくせに何言ってるのよ。」

「マーニャさんだって戦ってないですけどね。」

※前回エスタークを倒したのはアリーナさんです。

 

 

マーニャたちはエスタークを倒し、そろそろ帰ろうかとしています。

するとこの後、とんでもない人が現れたのでした。

 

 

デスピサロ登場!

「ねえ、あれデスピサロじゃない?
 なかなかイケメンね。」

「姉さん、あれのどこが良いの?」

「ミネアにはあの良さが分からないのね。
 まだまだお子ちゃまのようね。」

「何ですって?」

「お二人とも、喧嘩してる場合じゃないですよ。」

「トルネコは黙ってなさい!」

 

 

エスタークを倒すと、なんとデスピサロが現れます。

そしてこのまま第2ラウンドが始まるかと思いきや、デスピサロの口からこんな一言が。

 

 

いや、帰るんかーい!!

 

 

なんと魔王のくせに、勇者を放って帰ってしまいました・・・。

あっぱれです。

さすが魔王、他の魔物たちとは一味違うようです。

 

そして呆気にとられたマーニャたちは来た道をそそくさと戻り、『ガスのつぼ』を回収し、ダンジョンを後にするのでした。

 

ロザリーのその後

「ねえ、ピサロの恋人のロザリーはどうなってしまったの?」

「それじゃあイムルの村の宿屋に行きましょう。
 夢で見れるわよ。」

「でも、この前見たばかりじゃない。」

「エスタークを倒すと映像が変わるのよ。」

「それは続きが気になるわね。」

 

 

マーニャたちはイムルに行き、さっそく宿屋に泊まります。



 

 

「ひどい夢だったわね。
 これじゃあ人間と魔物、どっちが悪者か分からないわ。」

「デスピサロの気持ちも少しだけ納得できるわね。」

 

ロザリーの側近

「そういえば、ロザリーの近くにいたスライムは大丈夫かしら?」

「あの子は今も1人で留守番してるわよ。」

 

 

「無事で何よりだわ。
 でも1人だけ取り残されるなんて可哀想ね。」

「それもこれも、全てはピサロナイトを殲滅した姉さんが悪いわね。」

「アンタも一緒に倒したじゃない。
 人のせいにしないでよ。」

 

 

ロザリーを守護していたピサロナイトを倒したことに、少なからず罪悪感を感じた二人でした。

 

エスタークを倒した後は何するの?

「ちょっと姉さん、さっきから匂うわよ?
 昨日ちゃんとお風呂に入った?」

「アタシの匂いじゃないわよ!
 この『ガスのつぼ』よ!」

「なんだ。
 てっきり姉さんが臭いのかと。」

「違うわよ!
 それより『ガスのつぼ』はどこで使うの?」

「私にも分からないわね。」

「そうだ!
 ちょっとトルネコ鑑定しなさいよ。」

「うーん、私でも分かりませんね。」

「ちゃんと調べたの?
 壺に頭を突っ込んでよく見てみなさい。」

「ちょっと乱暴しないでくださいよ。
 って、イダダダダ!」

 

 

「うぇっぷ!」

「なーんだ。
 トルネコは役に立たないわね。」

「人の頭を突っ込んでおいてなんて言い草だ!」

「姉さん。
 私の占いによると、このつぼを持ってリバーサイドに行くと良いらしいわ。」

「そうなの?
 じゃあ行ってみましょう。」

(トルネコ:こいつら、いつか仕返ししてやる。)

 

 

スポンサーリンク



 

リバーサイド

マーニャたちは『ガスのつぼ』を持ってリバーサイドに行き、あやしい科学者のもとへと向かいます。

 

 

「この科学者、なにか知ってそうね。」

 

 

「ゆずるですって?
 なにか相応のものをよこしなさいよ。」

 

 

「この男、たったの一晩で気球を完成させたの?」

 

 

「しかもくれるですって?
 この男、まちがいなくアタシに惚れているわね。

「それは自惚れよ。
 姉さんみたいなガサツな女がモテるわけないじゃない。」

「ふっふっふ。
 私も同感です。」

「勘違いほど恥ずかしいものはないですな。」

 

 

「気球よりも凄いもの?
 姉さんは昔、ロケットでも貰ったのかしら?」

 

 

気球を一晩で完成させ、更にはタダでくれると言ったこの男も凄いですが、いったいマーニャさんは昔なにをもらったのでしょうか?

とてつもなく気になります、、

 

気球へ乗ってどこまでも

マーニャたちはさっそく気球へ乗り込み、空高く上がっていきます。

 

 

「これは楽しみね。」

 

 

「見てよミネア、人間がゴミのようだわ!」

「人様のネタを堂々とパクらないで。」

「何言ってるのよ。
 ネタをパクれるのは個人ブログの特権でしょ?」

※ダメです。

 

 

「ねえねえ、アタシたちはどこに向かえば良いの?」

「この地図の右側にバツ印があるでしょ?
 ここが次の目的地よ。」

 

 

「へえー。
 でもどうやって進むの?」

「私がバギで風を起こすから大丈夫。」

「へ?
 これってそういう設定だったの?」

「見えないところで頑張っていた私に感謝しなさい。」

 

 

マーニャたちは気球の優雅な旅を楽しみつつ、地図のバツ印がある世界樹へと到着します。

そしてこの後、更なる試練が待ち受けるのでした。

おしまい。

 

つづき

可愛いルーシアが仲間に?

気になる方はこちらから。

 

あわせて読みたい!

 

 

5章シリーズ一覧

 

【それ以外のドラクエキャラ紹介】
それから、他のドラクエキャラ紹介を見たい方はこちらから。


スポンサーリンク



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

名前:勇者ウォン
特技:ギガスラッシュ
好きなもの:平和な世界
嫌いなもの:魔王

 

すぐ調子に乗るのが特徴で、このブログの管理人。

今は2つの世界(ドラクエ6・サマナーズウォー)を旅して回っている。

そのうち世界を救うらしい。
 詳しいプルフィールはこちらから

ドラクエ

攻略まとめ記事

モンスターの気持ち









その他

おすすめ記事

ピックアップ記事

2017.7.13

楽しさ最上級!サマナーズウォーが面白過ぎる3つの魅力を紹介

サマナーズウォーがマイブーム!! 私は今、サマナーズウォーというゲームをやっています。 配信から3年くらい過ぎていていますが、今更ど…

カテゴリー

ページ上部へ戻る