散々迷うし会議が始まらない!ドラクエ4デスパレスのあの部屋はどこ?

これはとある勇者一行が、デスピサロを倒す旅の物語。

(ドラクエ4 第5章)

 

デスパレスで迷子になってしまう!

いつまで待ってもデスピサロが来ない!

 

今日はそんな疑問にアリーナとブライが答えてくれます。

それでは、ご覧ください。


スポンサーリンク


 

はじめに紹介

まずはドラクエ4を知らない方のために、超ざっくり紹介します。

ドラクエ4は、1章から5章まで章が分割されていて、それぞれの仲間たちが主役となって冒険をしていきます。

それぞれに悲しい過去や出来事が起こりつつ物語を進め、5章でようやく勇者の元へと集結。

そして力を合わせ、魔王討伐へと動き出します。

 

更に、本シリーズでは敵の事情についても深く語られていきます。

これまでのRPGの「敵=全て悪いヤツ」という考え方が覆され、冒険を進めるうちに「ボスが可哀想」となる珍しいゲーム。

(人による。)

敵味方含め、今まで以上に心情を描いた素晴らしいゲームがドラクエ4なのです。

 

以上、説明おしまい!

それではここから、私が考える勇者&仲間たちの新たな一面についてお話していきます。

 

前回記事

こちらは前回記事の続きとなっております。

魔神像を操って海を渡った話はこちらから。

 

あわせて読みたい!

 

変化の杖

これはとある勇者一行の物語。

今日はついに敵の本拠地を突き止め、城に侵入しようとしているところです。

 

 

「姫、これから敵の本拠地だというのに、その格好は如何なものかと。」

 

 

「え?別に良いじゃない。
 これが動きやすいんだし。」

「そういう意味ではございませぬ。
 変化の杖で魔物に変装しないと、大変な目にあってしまいますぞ。」

「そんなの、全部返り討ちにするから関係ないわよ。
 さあ、いつでもかかってらっしゃい。」

「このバカ姫、本拠地を殲滅するつもりですかな。
 ぶつぶつ。」

「何か言った?」

「いえいえ。
 それより、変化の杖がないとストーリーが進みませぬ。
 早く変装を。」

「でもそんなの持ってないわよ。
 どこで手に入れればいいの?」

「それは我らがサントハイムの『王家の墓』にありますぞ。
 エンドールにルーラして、川を南に下ればすぐですぞ。」

 

 

「でもなんでサントハイムのお墓がエンドールにあるのよ?」

「それは・・・
 宿題にするので次回までにご自分で調べておくのですぞ。」

「じいも知らないのね。」

 

デスパレス城内

無事に『変化の杖』を手に入れたアリーナたちは、こんどこそデスパレス城内へと侵入します。

 

 

「へえー。
 ここが魔物の住むデスパレスか~。」

「しい~。
 姫、いくら変化の杖を使ってるとはいえ、あまりはしゃぐとバレてしまいますぞ。」

「大丈夫よ。
 じいは心配性なんだから。」

「でも、しかしですな・・・。」

「それにじいは変装しなくても『きめんどうし』みたいじゃない。
 きっとバレないわ。」

 

 

「そ、それは失礼ですぞ!
 それに姫だって怪力ですから、まさか人間などと誰も思わないのですぞ。」

「なんですって?」

「いいえ、何も・・・」

 

 

魔物の性格

「よお、おめえら新入りか?」

「そうよ。
 今さっき来たばかりなの。」

「そうかそうか。
 じゃあ今日はゆっくり見学していってくれ。」

 

「なんだか魔物も人間も変わらないわね。」

「そうですな。
 種属が違うだけなため、もっと仲良くできればいいですな。」

「それにしても、みんな慌ただしいわね。」

「なにやら今日はデスピサロが現れる日らしいのですぞ。」

「本当?
 じゃあもっと色々な魔物に話を聞いて、情報を集めてみましょう。」

「それが良いですな。」

 

 

アリーナたちは聞き込みを開始し、色々な魔物と話をしていきます。

そしてお調子者、しっかり者、面白い魔物からギャグがつまらない魔物までさまざま出会います。

魔物にも色々いるんだと気付かされたアリーナたちでした。

 

派閥?

「ねえ、さっきの話聞いた?」

「聞きましたぞ。
 何やら派閥があるらしいですな。」

「デスピサロとエビルプリーストか~。
 どちらが勝つのかしら?」

「分かりませぬが、魔物の世界も大変と言うことですな。」

 

「でも魔物はどうやって王さまを決めるのかしら?
 子供?それとも選挙?」

「きっと殺し合いでしょうな。
 つまり姫の実力ならば、仮に魔物に生まれていたとしても王族でしたな。」

「褒めてくれるなんてじいらしくないわね。
 ありがとう。」

「これは皮肉ですがな。(小声)」

 

どうやって行くの?

「ねえ、なんでこのお城はこんなに複雑なのよ?
 迷うじゃない!」

「きっと敵に攻め込まれないためでしょう。」

「でもこれじゃあ分かんないわよ!」

「じゃあワシが簡単に説明しますかな。」

 

 

ここからブライの道案内が始まります。

食料庫

「まず最初の部屋から見て、左上の階段を降りると食料庫がありますぞ。」

「食料?
 美味しそうね。」

「魔物の食料ゆえ、人間が捕まっておりますぞ。」

「なんだか可哀想。」

「しかし捕まってるのはクズな人間。
 自分ばかり助かろうとするアホ神父などです。」

 

 

「まるでクリフトみたいなクズですな。」

「オイ」

宝物庫

「つぎは宝物庫ですぞ。
 最初の部屋から見て、まずは右上の階段をのぼるのですぞ。」

「そして画面左上の階段を降りるのですぞ。」

 

 

「先に進むと外に出ますゆえ、この怪しい階段を降りると良いですぞ。」

 

 

「ここには何があるの?」

「ライアン最強装備が1つ、『ふうじんのたて』などがありますぞ。」

「へえ~。
 じゃあライアンさんの代わりに取りに行かなくっちゃ!」

「ダメですぞ。
 そんなことしたら、ワシのレギュラーの座が危ぶまれますぞ。」

「ゲスいわね。」

 

 

スポンサーリンク



 

画面右下の建物

「ねえ、あの画面右下にあるバリアで囲まれている場所はどうやって行くの?
 ここから飛び降りても、誰のか分からないお墓しかないわよ。」

 

 

「あれはバリアじゃなくてダメージを受ける床ですぞ。
 行き方は簡単ですぞ。」

「まずは食料庫に戻って、この階段を降りたところから進むと良いですぞ。」

 

「へえ~。
 宝箱は何かあるの?」

「何もないですぞ。
 あれだけ頑丈に守ってるくせに、とんだ期待はずれですな。」

演説会場

「次はデスピサロが演説する会場ですぞ。」

「まずはさっきの2階に戻るのですぞ。」

 

 

「そして画面左下から先に進んで行くと良いですぞ。
 途中画面のアングルを変えないと、扉が見つからないから注意ですぞ。」

 

 

「じい、この建物かなり詳しいじゃない!
 やっぱり『きめんどうし』なんじゃない?」

「だから違うのですぞ!
 いい加減怒るのですぞ!」

 

 

見学し尽くしたアリーナたちは、デスピサロの演説する建物へと進みます。

 

雑談

「ねえ、デスピサロの演説がそろそろらしいわよ。」
 何を話すのかしら?」

「楽しみですな。
 このワシ、年甲斐もなく胸がワクワクしておりますぞ。」

「じい、魔物の演説なんだから悪い報告に決まっているじゃない。」

「それもそうですな。
 少しガッカリなのですな。」

 

 

(5分後)

「あーもう!
 中々始まらないじゃない!」

「ワシらを待たせるなど、デスピサロのやつも何様のつもりですかな?」

「それは魔王さまよ・・・。」

「アリーナ様、ここにいる全員の魔物と話をしないと進まないのではないかと。」

「あらクリフト、たまには良いこと言うじゃない。
 ちょっとじい、全員と話して来なさいよ。」

「なにゆえこのワシが。
 話題もないのに話しになど言ったら、気まずい空気になるだけですぞ。」

「そんなの、
 今日もいい天気ですね~
 って、一言済ませて戻って来ればいいじゃない。」

「ワシはそんなの嫌ですぞ。
 だったら姫がいってくれば良いのですぞ。」

「アタシはシャイな女の子だからできないわよ。」

「どの口がそんなことを・・・。」

 

デスピサロ現る!

アリーナたちは嫌々魔物全員と会話を済ませると、席に戻ります。

 

 

(5分後)

「そわそわ。そわそわそわ。
 なによ、全員と話したのに、まだ始まらないわ!」

「姫、じっとしていないと始まらないようですぞ。
 どうやら数秒間動かずに待機するのが条件みたいですぞ。」

「じれったいわね。
 さっさと現れなさいよ。」

「あ、来た!」

 

 

ここでデスピサロは語りだします。

ガスにめげずにガンガン掘ってたアッテムトの作業員達が、気づかぬうちに地獄の世界を掘り当ててしまったこと。

これからアッテムトに向かって、エスターク帝王を我が城にお迎えすること。

 

どうやら事態は深刻なよう、、

これを聞いた魔物たちはベランダから飛び出すと、ルーラのような魔法でアッテムトへと向かうのでした。

 

 

「へえー。
 魔物たちもルーラを使えるのね。」

「ほっほっほ。
 初めて知りましたな。」

「でも魔物たちって持ち場が決まってるわよね?
 みんな同じ場所にしか現れないもの。」

「きっと休みの日にコッソリ違う場所に行ってるのやもしれませぬな。」

 

「そっか。
 今日は色々と勉強になった1日だったわね。」

「そうですな。
 ワシらもそろそろ帰りますかな。」

「二人とも、我々も早くアッテムトに向かうべきかと・・・。」

 

 

アリーナたちの旅はつづく。

 

つづき

ついにエスターク戦開始!

卑怯だけど寝起きのエスタークをぶっ飛ばせ!

 

あわせて読みたい!

 

5章シリーズ一覧

 

【それ以外のドラクエキャラ紹介】
それから、他のドラクエキャラ紹介を見たい方はこちらから。


スポンサーリンク



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

名前:勇者ウォン
特技:ギガスラッシュ
好きなもの:平和な世界
嫌いなもの:魔王

 

すぐ調子に乗るのが特徴で、このブログの管理人。

今は2つの世界(ドラクエ6・サマナーズウォー)を旅して回っている。

そのうち世界を救うらしい。
 詳しいプルフィールはこちらから

ドラクエ

攻略まとめ記事

モンスターの気持ち









その他

おすすめ記事

ピックアップ記事

2017.7.13

楽しさ最上級!サマナーズウォーが面白過ぎる3つの魅力を紹介

サマナーズウォーがマイブーム!! 私は今、サマナーズウォーというゲームをやっています。 配信から3年くらい過ぎていていますが、今更ど…

カテゴリー

ページ上部へ戻る