5章キングレオ驚愕!ドラクエ4弱小魔法使いブライがヒャダルコで大活躍

これはとある勇者一行が、デスピサロを倒す旅の物語。

(ドラクエ4 第5章)

 

弱いと有名なブライがヒャダルコで大活躍?

まさかのキングレオもびっくり!?

 

今日はそんなブライたちについて書いていきます。

それでは、ご覧ください。


スポンサーリンク


 

はじめに紹介

まずはドラクエ4を知らない方のために、超ざっくり紹介します。

ドラクエ4は、1章から5章まで章が分割されていて、それぞれの仲間たちが主役となって冒険をしていきます。

それぞれに悲しい過去や出来事が起こりつつ物語を進め、5章でようやく勇者の元へと集結。

そして力を合わせ、魔王討伐へと動き出します。

 

更に、本シリーズでは敵の事情についても深く語られていきます。

これまでのRPGの「敵=全て悪いヤツ」という考え方が覆され、冒険を進めるうちに「ボスが可哀想」となる珍しいゲーム。

(人による。)

敵味方含め、今まで以上に心情を描いた素晴らしいゲームがドラクエ4なのです。

 

以上、説明おしまい!

それではここから、私が考える勇者&仲間たちの新たな一面についてお話していきます。

 

前回記事

こちらはキングレオ2戦(2回目)となっております。

1回目の戦いを読みたい方はこちらから。
 

あわせて読みたい!

 

ブライの憂鬱

ワシはブライ。

ドラクエ4のキャラの1人で、アリーナ姫の部下をやっている。

 

何?

姫やモンバーバラ姉妹と一緒に旅ができるなんて羨ましいって?

そんなことはない。

断じてありえない。

 

今日は姫やモンバーバラの小娘共に対するワシの苦労について語りたい。

 

復活のキングレオ

ここはキングレオ城。

5章でキングレオを倒した勇者たちは、和気あいあいと会話をしています。

 

 

「キングレオも大したこと無かったわね。
 アタシのメラゾーマ5発で終了か~」

「つまらないわ。
 アタシも戦いたかったのに。」
 
「アリーナ様が戦うなら私も。」

「ワシは嫌ですからな。」

 
やれやれ。

これだから戦闘狂の姫とバカクリフトは。

命からがら戦ったワシの気持ちも考えてほしいものですな。

 

 

「でもアリーナたちならレベル的にもちょうど良さそうね。
 もう一度やってみる?」

「そんなことできるの?」

「簡単よ。
 キングレオにザオラルかけたらいいじゃない。」

「姉さんのくせに、冴えてるぅ!」

 
なんだって?

そんなことしたら、ワシの苦労が水の泡ですぞ。

全く、なんてけしからん若者共だ!

 

 

「そっか。
 じゃあ僧侶のクリフトの出番ね!」

「申し訳ございません姫。
 私は未熟なため、上級魔法は覚えていないのです。」

「ほっほっほ。
 バカクリフトはやっぱり使えませんな。」

「弱いクリフトなんて嫌いだわ。」

「そんな・・・。」

 
ふん、ざまあみろ。

お前なんて姫に嫌われてしまえ。

そしてワシはもう二度とキングレオなんかと戦わないですぞ!

 

 

「ザオラルならミネアが使えるから大丈夫よ。
 ミネアお願い!」

「分かったわ。」

「ザオラル!
 あーんど、ベホマ!

 
まさかのミネアが!?

僧侶でも無いのに強すぎるわい。

どこぞのバカと大違いですな!

 

でも頼むから辞めてくれですぞ。

ワシ、またあの怪物と戦うのですかな?

頭おかしいんですぞ!

 

 

「あれ、俺さっき殺られたような・・・」

 

 

「気のせいよ。
 じゃあ、第2ラウンド行くわよ~」

「メンバーは?
 今度こそアタシがやるわよ!」

「ワシはやりませぬからな!」

「アリーナがやるなら残りも決まりね。
 勇者様、アリーナ、クリフト、それにブライよ!」

「だからワシやらないって!!」

 
やっぱり・・・。

どうせそうなると思ったわい。

なんでワシだけ二回も。

これだから姫の護衛は嫌なんだ!

 

 

ここからキングレオとの第二戦が始まる。

 

がんばれクリフト!

「突撃よっ
 と・つ・げ・き~!!」

「姫、あまりむやみにツッコむものではありませぬぞ!」

「大丈夫よ!
 って、あれ!?
 キャー!!」

「あ~、不運にもキングレオのブレス×2。
 これはやばいですぞ。」

「アリーナさまー!!
 あたふた。あたふた。」

 

キングレオのブレス
一度に40~60ほどのダメージ。
体力が低い味方は、1ターンに2回使われると死にかけるor死ぬ。

でも使われる可能性は低い。

 

「おいバカクリフト、姫にベホマじゃ!」

「覚えてないです。」

「なんだと?
 まあ良い、じゃあベホイミじゃ。」

「それも覚えてないです。」

「なに?
 ということはお前、僧侶のくせにホイミしか覚えていないのか?」

「はい・・・。」

「お前何年僧侶やっとるんじゃバカタレが!」

「(ファミコン発売日から)28年です。」

「たるんどるわ!
 だから28年経っても姫と結婚できないんじゃ!」

「ごめんなさい。」

「もうホイミで良いから回復してくれ!」

「ホイミ!」

「ホイミ!」

「ホイミ!」

「ブライ様、回復が間に合いません!」

「何とかしろ!」

 
これだから嫌だったんだ。

チート級の強さを持つマーニャ&ミネアとならまだしも、バカクリフトはてんでお話にならない。

それに姫だってレベル上げしてないから未だ弱い。

レベルが低いから、得意の会心の一撃にも期待できない。

しかも勇者様だって青二才。

そんな状態でどうやって戦えば良いんだ。

全く、ワシの仕事が増えるわい。

ぶつぶつ。

 

アリーナが・・・

「おいバカクリフト!
 お前ホイミ以外に何かできないのか?」

「え~と、え~と。
 せめてのマホートン!」

「バカ野郎、マホトーンなんて使うんじゃない!
 ギラを封じる分、ブレスの確率が増えるのですぞ!」

「す、すいません。」

 
やばいやばいやばい!

2回行動やばい!

ブレスやばい!

あのバカクリフトのせいで更にピンチになってしまった。

一番やばいブレスの確率上げるバカがどこにいるのやら。

キングレオには黙ってギラだけ使わせておけばいいものを・・・。

これだから若者は。

やれやれ。

 

 

スポンサーリンク



 

 

「もうダメ・・・。」

「ひめ~~!! ×2」

 

 

「おいバカクリフト、
 お前のせいで姫がっ!
 姫が~!!」

「もう終わりだ。
 私が生きてる意味なんてないんだ。
 ぶつぶつ。」

「おい、ぶつぶつ言ってないでワシを回復しろ!」

「姫がいない世界なんてっ
 いっそのこと私も!」

「おい、早まるでないぞ!?
 せめてワシを回復してから死んでくれ!」

 
これは本当にやばい。

姫を守れなかったなんて国王に知られたらどうなるやら・・・。

減給どころじゃない。

クビで済めばラッキー。

国外追放?

罰金?

牢屋送り?

考えただけで頭が痛い。

 

それにクリフトのバカも使い物にならなくなった。

あ、あいつはもともと使えないから別に良いか。

いてもいなくても対して変わらんからな。

 

さてどうしよう・・・。

 

まさかの展開

「もう見ておれん。
 バカクリフト、ホイミで援護してくれ。」

「え?
 まさかブライ様にキングレオが倒せるんですか?

「ワシを誰だと思っとる?
 まあ見ておれ。」

「ブライ様、格好いい//」

「男に言われたくないわ!」

 
はぁ~。

もう人に頼ってられん。

ここはワシが本気を出してどうにかせねば。

こんなところで心中なんてありえないですぞ!

 

 

ここからブライまさかの活躍が始まります。

アリーナがいない分、得意のヒャダルコでボスの体力を削り、勇者様が攻撃するときにはルカニでサポート!

それに本当にどうしようもないピンチのときには、密かに持ち歩いていた薬草で自己回復までこなしています。

さすが熟練者!

伊達に歳をとっていません!

 

その後ブライの活躍によって、なんとキングレオをあと一歩のところまで追い詰めるのでした。

 

 

「じじいのくせに小賢しいやつだ!」

「うるさい!
 お前のせいでワシの職と給料が!
 この!この!この~~!!」

「人間の言っていることはさっぱり分からんな。」

「お前なんかに理解されたくないわ!」
 
「ヒャダルコ!」

「ヒャダルコ!」

「ヒャダルコ!」

「あ、MP足りない!」

「ヒャド!」

 

 

ブライはキングレオを倒した!

 

もう一度?

「ブライ、アナタ以外と強いわね~
 平均レベル22が推奨なのに、平均15で倒すなんてビックリよ!」

「ふん、今頃見直しても遅いですぞ?」

「姉さん、これならブライとキングレオの一騎打ちとか面白そうじゃない?」

「確かに。
 一生懸命レベル上げればいけそうね!」

「もうやりませんぞ。」

「とりあえずヒャダルコの習得は必須ね。」

「回復はどうする?
 さすがに薬草だけだと厳しいわよ?」

「う~ん。そこが課題ね。」

「だからワシやらないって・・・。」

「でも戦略練るのは、とりあえず一対一でどうなるか観察してからね。」

「(キングレオに)ザオラル!」

「ワシの話を聞けーい!!」

 

「俺はキングレオ!
 ん?じじい1人で来たのか?
 まあ良い、勝負だ!!」

「だからやらないって~~!!」

 

 

ブライの3度目の戦いが始まる。

 

つづき

「ふう。
 ようやくキングレオ戦が終わりましたわい。」

「よーし、次はバルザックとの連戦よ!
 いくわよ、じい!」

「ワシはもう嫌ですぞ!」

 

次回、決戦バルザック!

ブライまたもや被害の巻。
 

あわせて読みたい!

 

5章シリーズ一覧

 

【それ以外のドラクエキャラ紹介】
それから、他のドラクエキャラ紹介を見たい方はこちらから。


スポンサーリンク



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

名前:勇者ウォン
特技:ギガスラッシュ
好きなもの:平和な世界
嫌いなもの:魔王

 

すぐ調子に乗るのが特徴で、このブログの管理人。

今は2つの世界(ドラクエ6・サマナーズウォー)を旅して回っている。

そのうち世界を救うらしい。
 詳しいプルフィールはこちらから

ドラクエ

攻略まとめ記事

モンスターの気持ち









その他

おすすめ記事

ピックアップ記事

2017.7.13

楽しさ最上級!サマナーズウォーが面白過ぎる3つの魅力を紹介

サマナーズウォーがマイブーム!! 私は今、サマナーズウォーというゲームをやっています。 配信から3年くらい過ぎていていますが、今更ど…

カテゴリー

ページ上部へ戻る