私の城を返して!5章バルザックにドラクエ4サントハイムの姫が挑む

これはとある勇者一行が、デスピサロを倒す旅の物語。

(ドラクエ4 第5章)

 

お城を盗られたサントハイムの姫は何を考えていた?

城に残されたクリフトのお宝って?

 

今日はそんなアリーナたちについて書いていきます。

それでは、ご覧ください。


スポンサーリンク


 

はじめに紹介

まずはドラクエ4を知らない方のために、超ざっくり紹介します。

ドラクエ4は、1章から5章まで章が分割されていて、それぞれの仲間たちが主役となって冒険をしていきます。

それぞれに悲しい過去や出来事が起こりつつ物語を進め、5章でようやく勇者の元へと集結。

そして力を合わせ、魔王討伐へと動き出します。

 

更に、本シリーズでは敵の事情についても深く語られていきます。

これまでのRPGの「敵=全て悪いヤツ」という考え方が覆され、冒険を進めるうちに「ボスが可哀想」となる珍しいゲーム。

(人による。)

敵味方含め、今まで以上に心情を描いた素晴らしいゲームがドラクエ4なのです。

 

以上、説明おしまい!

それではここから、私が考える勇者&仲間たちの新たな一面についてお話していきます。

 

前回記事

こちらは前回記事のつづきとなっております。

キングレオとの戦いが見たい方はこちらから。 

 

あわせて読みたい!

 

話し合い

これはドラクエ4第5章の物語。

今日はキングレオを倒した勇者たちが、次の行き場所について話し合っています。

 

 

「ねえ、次はどんな強い魔物と戦えるの?」

「いい加減、年寄りは馬車で休ませてもらえないですかな。
 もうクタクタですぞ。」

「私はアリーナ様と一緒なら、いつでも何処へでも大丈夫です。」

「私の占いによると、大臣が何か知っているみたいね。」

「大臣ってあの性格悪そうな大臣?
 ねえ、とっ捕まえて話を聞きましょうよ!」

「姫、もう少し姫らしい口調と性格になりませんかな?」

 

 

勇者たちは大臣の元へと向かいます。

 

大臣の元へ!

「さあ、あなたが知っていることを全て話しなさい!
 さもなくば、アタシの鉄の爪をお見舞いするわよ!」

 

 

「まあ、次のボスはサントハイムにいるですって?
 アタシの故郷じゃない!」

「勝手に人様の城に居座るなんて、なんて厚かましい魔物なのですかな。」

「じいの城でもないわよ。
 あれはアタシのお父さんのお城よ。」

「あの城には大切なプロマイド写真があるのに。
 なんとしても邪悪な魔物どもから取り戻さねば!」

「そういえばクリフトはアタシの写真隠し撮りしていたわね。
 そんなに大切なら普段から持ち歩きなさいよ。」

「ほ、本棚に隠していたのに!
 まさかバレていたとは・・・。」

 

参考:クリフトの宝物

 

主役の座

「でも1つラッキーなことがあったわね。」

「それは何ですかな?」

「次の目的地がサントハイムだからよ。」

「そんなに故郷に帰りたくなったのですかな?」

「違うわよ。
 今までマーニャ&ミネア主体の記事が多かったから、主役の座を奪えるチャンスじゃない!」

「確かにそうですな。
 ワシらの方が役に立つことを、勇者様に証明してやりましょうぞ!」

「二人とも頑張りましょうね!」

「アリーナ様の役に立つ!
 これ即ち、私の一番の喜び!」

 

さくせん

「次のバルザック戦だけど、作戦を決めときしょうか。」

「どうするのですかな?」

 

「まずはクリフト。」

「はい。」

「まさかあなた、ザラキ覚えてないわよね?」

「覚えてないですけど、どうなされました?」

「覚えてないなら良いわ。
 好きにやりなさい。」

「分かりました。
 僧侶として精一杯サポートします。」

「ザラキを覚えていないクリフトならば一安心ですな。」

「ブライ様には回復しないことにしよう。(小声)」

「何か言いましたかな?」

「いいえ、何も。」
 
 

「次はじい。」

「なんですかな?」

「あなたバイキルト覚えてる?」

「いいえ。
 しかしルカニなら覚えてますぞ。」

「じゃあダメね。
 バルザックにはルカニが効かないもの。」

「じゃあワシはヒャダルコで頑張りますぞ。」

「残念ながら、バルザックにはヒャダルコも効かないの。
 つまり、今回あなたは全く役に立たないのよ。」

「そんな・・・。」

「仕方ないから薬草係ね。」

「アリーナ様の役に立てないなんて、なんて使えない老人なんだ。」

「お前に言われたくないわ!
 ベホイミすら使えないくせに!」

「お前よりはマシだ!」

「いーや、ワシの方がマシだ!」

「薬草係のじいとホイミ係のクリフトなら同類じゃない・・・。」

 

サントハイム城

作戦も無事に決まり、アリーナたちはようやくサントハイム城へとたどり着きます。

 

 

「この城も久しぶりね。」

「やれやれ、昔を思い出しますわい。」

「そんなことよりプロマイド写真はどこだ?」

「ほっほっほ。
 姫の写真など、バカクリフト以外に需要はないから安心ですぞ。
 魔物だって盗みますまい。」

 

バキ!ベキ!ボコ!

ブライの返事がない!

ただの屍のようだ!

「失礼なやつは、敵味方関係なくやっつけるんだから!」

「さすがアリーナ様、見事な腕前でした。」

 

 

スポンサーリンク



 

城内

「この子、殴っても良いかしら?」

 

 

「魔物の世界も上下関係は厳しいのね。
 可哀想に。」

 

 

「確かに見違えたわ!
 大きくなってイスに座りきれてないじゃない!」

 

 

「アタシの方がもっと強いわよ。」

 

 

「さあ、勝負よ!」

 

 

アリーナたちの戦いが始まる。

 

戦闘開始!

バルザックが現れた!

 

 

「あれ?
 いつもとビジュアルが違うようですな。」

「ブログ主が写真撮り忘れたんだって。
 そのくらい察してあげなさいよ。」

「全く、使えんやつですな。」

「そんなこと言ってると、ひどい目に合わされるわよ?」

「ふん、できるものならやってみてほしいですな!」

 

バルザックプラスは突然襲い掛かってきた!

バルザックプラスの攻撃!

痛恨の一撃!

ブライに999のダメージ!

 

「イダダダダ!」

「いつもひどい目に合わされてるくせに、全く学習しないわね。
 じいはイジられキャラなんだから大人しくしてなきゃダメじゃない。」

「確か前にも同じような攻撃をされたくせに、全く懲りない老人ですね。」

「こんなの理不尽ですぞ!」

 

誤算

「さあ倒すわよ。
 じい、アタシにバイキルトよ。」

「覚えてないですぞ。」

「しょうがないわね。
 バルザックはメラミが有効よ。
 やりなさい!」

「ワシはそもそもメラミ覚えないですぞ。」

「何ですって?
 じゃあアタシの会心の一撃に賭けるしかないわね。」

「姫はまだレベルが低いから、会心の一撃がほとんど出ない仕様ですぞ。」

「そうね、すっかり忘れてたわ。」

「それにこのレベルを見てくだされ。」

 

「べつに普通じゃない。」

「バルザックの攻略目安はレベル22~23。
 全然足りてないですぞ。」

「そんなのいつものことよ。
 それにブログ主がレベル上げなんてするわけないじゃない。」

「よくこれまで生き残ってこれましたな・・・。」

 

サントハイムの姫、激怒!

アリーナたちがアタフタしていると、痺れを切らしたバルザックが話しかけてきます。

 

 

「話し合いは終わりか?
 人の城で呑気に話しやがって。
 待たされるこっちの身にもなれってんだ!」

「何よ。
 ここはアタシの城じゃない!」

「もう俺が貰ったからこっちのもんだ!」

「この~!
 城もアタシのお父さんたちも奪うなんて、なんて憎い魔物なの!」

「悔しかったら取り返してみるんだな!」

「もう頭にきたわ!
 とっ捕まえてケチョンケチョンにしてやるんだから!」

「姫、本気を出したら相手が可愛そうですぞ。」

 

「そんなことより、私のプロマイド写真はどこだ?」

「お前、(途中から声が聞こえないと思ったら)まだ探してたのかよ・・・。」

 

 

アリーナたちの戦いはつづく。

そしてクリフトのプロマイド写真探しもつづく。

 

つづき

「ねえ、このバルザック強すぎよ。」

「そうですな。
 ワシほどではないにせよ、協力なヒャダルコも使ってくるゆえ、倒すのは難しいですな。」

「じゃあ次回の記事は、バルザックの倒し方で決まりね!」

「そんなことより、私のプロマイド写真・・・。」

 

次回はバルザックの倒し方をご紹介します。

乞うご期待!

 

あわせて読みたい!

 

5章シリーズ一覧

 

【それ以外のドラクエキャラ紹介】
それから、他のドラクエキャラ紹介を見たい方はこちらから。


スポンサーリンク



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

名前:勇者ウォン
特技:ギガスラッシュ
好きなもの:平和な世界
嫌いなもの:魔王

 

すぐ調子に乗るのが特徴で、このブログの管理人。

今は2つの世界(ドラクエ6・サマナーズウォー)を旅して回っている。

そのうち世界を救うらしい。
 詳しいプルフィールはこちらから

ドラクエ

攻略まとめ記事

モンスターの気持ち









その他

おすすめ記事

ピックアップ記事

2017.7.13

楽しさ最上級!サマナーズウォーが面白過ぎる3つの魅力を紹介

サマナーズウォーがマイブーム!! 私は今、サマナーズウォーというゲームをやっています。 配信から3年くらい過ぎていていますが、今更ど…

カテゴリー

ページ上部へ戻る