5章で2回目のバトル!ドラクエ4バルザックプラスのヒャダルコが強すぎる

これはとある勇者一行が、デスピサロを倒す旅の物語。

(ドラクエ4 第5章)

 

バルザックプラスのヒャダルコが強いって?

ブライがまたもや被害?

 

今日はそんなアリーナたちについて書いていきます。

それでは、ご覧ください。


スポンサーリンク


 

はじめに紹介

まずはドラクエ4を知らない方のために、超ざっくり紹介します。

ドラクエ4は、1章から5章まで章が分割されていて、それぞれの仲間たちが主役となって冒険をしていきます。

それぞれに悲しい過去や出来事が起こりつつ物語を進め、5章でようやく勇者の元へと集結。

そして力を合わせ、魔王討伐へと動き出します。

 

更に、本シリーズでは敵の事情についても深く語られていきます。

これまでのRPGの「敵=全て悪いヤツ」という考え方が覆され、冒険を進めるうちに「ボスが可哀想」となる珍しいゲーム。

(人による。)

敵味方含め、今まで以上に心情を描いた素晴らしいゲームがドラクエ4なのです。

 

以上、説明おしまい!

それではここから、私が考える勇者&仲間たちの新たな一面についてお話していきます。

 

前回記事

こちらは前回記事のつづきとなっております。

バルザックとの戦いその1はこちらから。

 

あわせて読みたい!

 

お勉強

これはドラクエ4第5章の物語。

アリーナたちは自分の城を奪還すべく、バルザックプラスと戦っています。

(5章の2回目のバトル)

 

が、しかし!

このバルザックプラスは強くて苦戦必須!

倒せずに苦労する方も多いとか多くないとか。 ←どっちだよ!

ということで、今日はバルザックプラスの特徴と倒し方について、苦戦するブライを見ながら勉強していきましょう。

 

バルザック?それともバルザックプラス?

「イッターイ!!
 こいつ、見た目の割に強いわね。」

「さすがバルザック『プラス』になっただけあるのですぞ。」

「バルザックプラス?」

「そうですぞ。
 5章では2回目の戦いだから、4章と分けるために名前がバルザックプラスに変わってるのですぞ。」

「へえ~知らなかった。
 でもバトル画面でもバルザックになってるじゃない。」

「戦闘画面ではバルザックでも、あとで図鑑を見るとしっかりとバルザックプラスになってるのですぞ。
 ちなみにこれはリメイク版だけだから気を付けるのですぞ。」

「じいは意外と物知りね。」

「伊達に教育係を勤めてないのですぞ。」

「無駄な知識ばかり高めても、戦闘で使えなければ意味がないですよ。(小声)」

「バカクリフトのくせに、なんて言い草だ!
 表へ出ろ!」

「良いでしょう。
 どっちがアリーナ様の右腕か、決着をつける時がきたようですね。」

「ちょっと二人とも、今はボス戦中よ?
 そんなくだらないことはあとにしてちょうだい!」

 

バルザックプラスの特徴

「は、早い!
 こいつトルネコみたいにだらしないお腹してるくせに、なんて俊敏な動きなのですぞ!?」

 

参考:トルネコのようなお腹

 

「どうやら毎ターン2回行動する仕様らしいわよ。」

「この見た目で!?
 しかも全然倒せないですな。
 ワシの渾身のヒャダルコが効かないなんて中々やりますな!」

「アナタのヒャダルコなんて大したことないじゃない・・・。
 それにメラミ以外の呪文はほとんど効かないわよ。」

「じゃあザラキはどうでしょうか?」

「ボスに効くわけないじゃない。」

「それにルカニやマホトーンなんかも効かないわよ。」

「ということは・・・。」

「そうね。
 あなた達二人は相性が悪いの。
 ハッキリ言ってお荷物よ!」

「そんな。
 アリーナ様の役に立てないなんて・・・」

「まあ回復だけしといてもらえれば良いから。」

「分かりました!」

「バカクリフトはベホイミも覚えてないですがな。
 ほっほっほ。」

「バカ老人、聞こえていますよ?」

「やっぱり表へ出ろ!」

「ギャース!!」

「ギャース!!」

「あなたたち、いつも喧嘩ばかりね。」

 

バルザックプラスの驚異

「これは苦戦しそうですな。」

「そりゃそうよ。
 そこそこ有名なボスなんだもの。」

「イタイイタイ!
 何か対策とかはないのですかな?」

「じいのくせに対策が知りたいの?
 一度しか言わないからよく聞いてね。」

「ワシをなんだと思っとるのですかな。」

必殺のヒャダルコ

「対策そのいち!
 バルザックプラスはヒャダルコが強らしいわね。」

「ヒャダルコ?
 それならワシの方が得意ですぞ!」

「全然違うわよ。
 相手は2回行動するくせに、ヒャダルコのダメージは30~40らしいの。
 2連続で使われたら最悪ね。」

「ふん。
 ワシに比べたら足元にも及ばないですな。」

「じゃあ身をもって体験してもらいましょうか。」

「バルザックプラスさんお願い。」

「よし任された。」

 

 

「ギャー!!
 寒い!!
 クリフト、マホトーンじゃ!」

「だからマホトーンも聞かないから無駄よ。」

「ギャー!!
 で、対策は?」

「ボス戦の前に準備しておけば何とかなるけど、今更どうしようもないわね。」

「なんてことですかな!」

肉弾戦

「対策そのに!
 バルザックプラスは通常攻撃もそこそこ強いわよ。」

「見た目どおりですな。」

「油断しているとやられるから、コマメな回復が重要ね。
 それに守備力の高い防具もあると良いわ。」

「姫もワシも守備力の高い防具など(ドラクエ4で)装備できませぬぞ。」

「そうね。
 それじゃあスクルトが有効ね。」

「でもワシ覚えないし。」

「じゃあ諦めなさい。」

氷の息

「そういえば、ボスは氷の息も使えるわね。」

「それならば余裕ですぞ!
 フバーハ!」

「あれ、受けるダメージがさほど変わらない気がしますぞ?」

「氷の息はダメージが10前後しかないから、対策する必要はないわ。」

「それを早く言ってほしかったですな。
 まったく、ワシのMPの無駄遣いですぞ!」

体力回復

「ええい、それ、そいや!
 姫、いくら攻撃しても、全然倒せる気がしないですぞ!」

「バルザックプラスは毎ターン体力が50回復するから、じいの攻撃じゃ一生倒せないわよ。」

「じゃあどうすればいいのですかな?」

「マーニャのメラミで攻撃するのが一番ね。
 もしくはじいがバイキルト覚えていれば良いんだけど。」

「ふん。
 バイキルトも覚えていない老人など、やっぱりアリーナ様の右腕には相応しくないな。」

「この馬鹿クリフトめ!
 さっきから癇に障ることばかり良いおって!」

「喧嘩ばかりしてないで、真面目に戦ってよ・・・。」

 

 

スポンサーリンク



 

調子に乗るクリフト 鎧編

「フハハハ。
 バルザックの攻撃など効きませんよ!」

「姫、なぜクリフトは弱いくせにあんなに調子に乗っているのですかな?」

「はぐれメタルの鎧を装備しているからよ。」

「はぐれメタルの鎧?
 そんな装備ありましたかな?」

「秘密の防具屋に売っている装備だから知らないのも仕方ないわね。
 売ってる店が書いてあるから、あとでこっちの記事も読んでおくのよ。」

 

あわせて読みたい!

※ネタ記事です。
 記事内で鎧を盗もうとしてますが盗めません。
 買うことはできます。

 

 

「それでその鎧とやらはどのくらい強いのですかな?」

「早い段階で手に入るのに、守備力は最強クラスよ。
 それに呪文のダメージを軽減してくれる効果もあるの。」

「それはズルいですな。」

「だから今回のボスは、ホントはその鎧を装備したメンバーで挑むのが良いのよ。
 と言っても、アタシら以外はほとんどの人が装備できるんだけどね。」

「悔しいですな。
 何か代替品はないのですかな?」

「リバーサイドとかで買える『魔法の法衣』もダメージ軽減してくれるわよ。
 守備力ははぐれメタル鎧に比べたら全然だけど。」

「聞いたことない街ですな。」

「それもそうね。
 この後に行く町だけど、知識のあるプレーヤーは先回りして防具だけ揃えておくのよ。」

 

調子に乗るクリフト スカラ編

「おやブライ殿、何やら苦戦しているみたいですね?
 ニヤニヤニヤ。」

「姫、バカクリフトのやつ、また調子に乗ってますぞ。
 これは鎧以外にも何かあるのですかな?」

「よく気づいたわね。
 クリフトはスカラ系の呪文を使えるから、通常ダメージもカットできるのよ。」

「つまり、ヒャダルコと通常攻撃のダメージを軽減できるバカクリフトは相性が良くて、氷の息しか軽減できないワシは相性が悪いと。」

「そういうことね。
 バイキルト覚えていれば別だけど、今のじいはダメダメね。」

「プッ。
 ダメダメブライ殿は大変ですね。」

「あの野郎、、」

 

「そう言えばバカクリフトはスクルト使ってるのに、この差はなんですかな?」

「あー。
 スクルト使わずに、わざわざクリフト自身とアタシにスカラをかけたみたい。
 だからじいだけ受けるダメージが多いのよ。」

「あの野郎(2回目)」

 

まとめ

「じゃあまとめるわよ。」

「攻撃方法はメラミ主体か、バイキルトからの一斉攻撃。
 防御ははぐれメタルの鎧か魔法の法衣を買えば大丈夫。
 それにスクルトよ!
 簡単でしょ?」

「それは分かりましたが、バルザックプラスとの戦闘はどうなったのですかな?
 さっきまで戦闘ちゅうでしたぞ?」

「え?負けたに決まってるじゃない。
 みなまで言わせないでよ!」

「やっぱり負けたのですな。
 残念ですぞ。」

「じいがバイキルト覚えてないからどうしようもなかったのよ。
 でもマーニャ&ミネアにしっかり仇を打ってもらったわよ!」

「まあ、良いかですぞ。」

「他に質問は?」

「とくにないですぞ。」

「じゃあ尺の都合もあるから今日はここまでね。
 次に戦う機会があったら、今度こそ頑張るのよ!」

 

 

アリーナたちの旅はつづく。

 

つづき

「ねえねえ、バルザックプラスに勝ったあとは何をすれば良いの?」

「それはこの記事を見れば解決ですぞ。」

「まあ、あからさまな宣伝ね!」

「うるさいですぞ。
 黙って続きを読むのですぞ!」

 

あわせて読みたい!

 

5章シリーズ一覧

 

【それ以外のドラクエキャラ紹介】
それから、他のドラクエキャラ紹介を見たい方はこちらから。


スポンサーリンク



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

名前:勇者ウォン
特技:ギガスラッシュ
好きなもの:平和な世界
嫌いなもの:魔王

 

すぐ調子に乗るのが特徴で、このブログの管理人。

今は2つの世界(ドラクエ6・サマナーズウォー)を旅して回っている。

そのうち世界を救うらしい。
 詳しいプルフィールはこちらから

ドラクエ

攻略まとめ記事

モンスターの気持ち









その他

おすすめ記事

ピックアップ記事

2017.7.13

楽しさ最上級!サマナーズウォーが面白過ぎる3つの魅力を紹介

サマナーズウォーがマイブーム!! 私は今、サマナーズウォーというゲームをやっています。 配信から3年くらい過ぎていていますが、今更ど…

カテゴリー

ページ上部へ戻る