幻影使いムドーの石化攻撃。最高にトラウマなドラクエ6オープニング

俺はなんと無力なことだろう。

ようやくたどり着いたその先で、手も足も出ずにやられてしまうなんて。

おのれムドーめ。

いつか絶対倒してやるからな!

待ってろよ!


スポンサーリンク


 

はじめに

この記事はドラクエ6リメイク(スマホ版)を元に書いています。

所々好き勝手書いているので、原作とは多少違うのであしからず。

 

ドラクエ6をやったことがない方も、昔やったけど内容忘れてしまったかも、ぜひ読んでやってください。

それでは、始まり始まり。

 

記憶喪失

ぐーぐー。

 

 

「よく寝たわね。」

「ここはどこ?
 私は誰?」

「何言ってるの勇者様、まだ寝ぼけてるの?」

「勇者?
 何のことかさっぱり。
 それにお姉さんは誰?」

「冗談はやめてよね。」

 

 

「誰か来た。
 それにあの城に何かあるの?」

 

 

「全く状況が飲み込めないし、置いていかれた。
 とりあえず火は消さなくちゃ。」

 

 

火を消した一人の青年は、よく分からないまま仲間らしき2人の後を追っていく。

 

笛とドラゴン

少し進むとそこは崖。

かなりの高さだ。

下を見ると確かに城のようなものが見えるが、どうやって行くつもりだろう?

少なくとも飛び降りることは不可能だし、崖伝いに降りることも無理そう。

全く想像がつかない。

 

 

「どうやって城に向かうの?」

「これよ。」

「それはただの笛でしょ?」

「よく見ていて。」

 

すると目の前の美女は一度笛を投げてからキャッチすると、何やら不思議な感じのする曲を吹き始める。

笛を投げた行為に対して何か意味はあるのだろうか?

発売から20年が過ぎた今でも、未だに疑問である。

 

 

ブエェ~、ブエェ~、 ←何かの鳴き声

 

 

「さあ乗りましょう。」

「凄い!
 これは何ていう種類のバーバラなの?
 それからマダンテは使えるの?」

「あら、記憶が戻ったの?
 あとオープニング早々なのに、まだ出てきてないキャラの名前出すのやめてよね?
 ネタバレNGよ。」

「記憶は戻ってないよ?
 それに何十年も前のゲームに対してネタバレも何もないでしょ。」

「記憶が戻ってないくせにゲームだという自覚はあったのね。」

 

3人はバーバラ・・・

じゃなかった、黄色いドラゴンに乗り込む。

するとドラゴンは力強く羽ばたき、目的地の城に向かって飛んでいく。

 

 

スポンサーリンク



 

城内

城に着くと内は静か。

敵の本拠地だというのに、人っ子一人(魔物っ子一人)見当たらない。

なんとも不気味である。

 

 

「炎の爪はどこ?」

「まだ取れないわ。」

「じゃあゲントの杖は?」

「それもまだ。
 そもそもチャモロがいないじゃない。」

「でもそれがないと勝てない気がする。」

「記憶喪失のくせに随分と鋭いのね。」

「まあね。」

 

3人は敵のいない城内を歩いていく。

罠のような気もするが、それでもお構いなし。

勇者を先頭に、躊躇うことなく進んでいった。

 

これだけは言いたい!

「1つ言いたいことがあるんだけど。」

「どうしたの?」

「今回スマホ版になって随分絵が綺麗になったよね。」

「そうね。
 プレステ4に比べれば全然だけど、スーファミに比べると見違えたわね。」

「でもさ。
 なんで人のグラフィックだけ洗いの?
 これじゃあ風景と違和感があるよ。」

「そこはきっと容量の問題ね。」

「納得いかないなぁ。」

 

幻覚と石化を操りしムドー

「さあ行くぞ!
 さあやるぞ!」

「随分とやる気ね。」

「なんか勇者勇者言われていたら、自分でもそんな気がしてきた。」

「随分と単純なのね。」

「そこはポジティブだと言ってほしい。」

「まあいいわ。
 それより、この扉の向こうは引き返せないけどいい?」

「やっぱりやめとこうかな。」

「勇者のくせに優柔不断ね。」

 

 

「なんだこのモヤは?
 幻覚?幻影?」

「危険だから注意して。」

「くそっ!
 体が勝手に!」

「なんてことなの?
 敵の姿も見えないのに、これじゃあどうしろって言うのよ?」

 

 

「こいつがボスか?
 お前の顔覚えたからな!
 次会ったら奥歯ガタガタ言わせるぞ!」

「いつの時代のヤンキーよ・・・。」

「わっはっは。」

「ムドーのくせに生意気な~」

 

 

「愚か者め!
 石化してしまえ!」

「うわ~~~~」

 

 

こうして、記憶喪失の少年は果敢にムドーに挑むものの、すぐに倒されてしまう。

幻影に惑わされ、石化され、どこかへと飛ばされてしまった。

手も足も出ないとはこのことだろう。

果たして復讐することはできるのか?

続く。

 

つづき

あのランドが告白!?

俺の可愛い妹に手を出す奴は断じて許さん!

 

あわせて読みたい!

 

ムドー討伐まで一覧

 

他のドラクエキャラ紹介を見たい方はこちらから。


スポンサーリンク



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

名前:勇者ウォン
特技:ギガスラッシュ
好きなもの:平和な世界
嫌いなもの:魔王

 

すぐ調子に乗るのが特徴で、このブログの管理人。

今は2つの世界(ドラクエ6・サマナーズウォー)を旅して回っている。

そのうち世界を救うらしい。
 詳しいプルフィールはこちらから

ドラクエ

攻略まとめ記事

モンスターの気持ち









その他

おすすめ記事

ピックアップ記事

2017.7.13

楽しさ最上級!サマナーズウォーが面白過ぎる3つの魅力を紹介

サマナーズウォーがマイブーム!! 私は今、サマナーズウォーというゲームをやっています。 配信から3年くらい過ぎていていますが、今更ど…

カテゴリー

ページ上部へ戻る