ドラクエ4デスピサロを倒す秘訣は賢者の石!デスキャッスルを進め

これはとある勇者一行が、デスピサロを倒す旅の物語。

(ドラクエ4 第5章)

 

賢者の石ってどう取るの?

デスピサロは強いの?

 

今日はそんな疑問について、マーニャたちが冒険しに行きます。

それでは、ご覧ください。


スポンサーリンク


 

はじめに紹介

まずはドラクエ4を知らない方のために、超ざっくり紹介します。

ドラクエ4は、1章から5章まで章が分割されていて、それぞれの仲間たちが主役となって冒険をしていきます。

それぞれに悲しい過去や出来事が起こりつつ物語を進め、5章でようやく勇者の元へと集結。

そして力を合わせ、魔王討伐へと動き出します。

 

更に、本シリーズでは敵の事情についても深く語られていきます。

これまでのRPGの「敵=全て悪いヤツ」という考え方が覆され、冒険を進めるうちに「ボスが可哀想」となる珍しいゲーム。

(人による。)

敵味方含め、今まで以上に心情を描いた素晴らしいゲームがドラクエ4なのです。

 

以上、説明おしまい!

それではここから、私が考える勇者&仲間たちの新たな一面についてお話していきます。

 

前回記事

こちらは前回記事の続きとなっております。

デスピサロの部下たちをやっつけたお話はこちらから。

 

あわせて読みたい!

 

いざ、デスキャッスルへ!

「ねえ、ミネア。
 今日は何するんだっけ?」

「デスピサロを倒しにデスキャッスルに行くんでしょ?
 姉さん大丈夫?」

「そうだったそうだった。
 (ブログの更新から)10日もたったから忘れちゃったわよ。」

「10日?
 さっき四天王倒したばかりじゃない・・・。」

「こっちの話だから気にしないで。」

 

 

今日はついにデスピサロを倒しに行く日です。

各々が緊迫した空気の中、マーニャ&ミネアだけなぜか落ち着いています。

緊張感の欠片も全くなく、堂々と正面から殴り込む二人でした。

 

とりあえず進む二人

マーニャたちはダンジョンの中をどんどん進んでいきます。

強敵たちを押しのけ、宝箱を漁り、そしてドラクエお決まりの風景を、

これでもか!

とばかりに見せ付けられます。

 

 

「またこいつ?」

「たしかエスターク場にもいたわよね。」

「引き返すなんてありえないのに、バカなんじゃないの。」

 

 

「この屍、他のドラクエシリーズのラストダンジョンにも必ずいるわよね。
 なんで魔物たちは死体を片付けないのかしら?」

「きっと死体が残ってたほうが魔王城っぽい雰囲気が出るからじゃない?」

「そんなくだらない理由だったの?」

 

 

マーニャたちは幽霊や死体もお構いなしです。

ビビることなく進みます。

 

ちょっと待った!

「やっとダンジョンを抜けたわね。
 姉さん、ラストバトルの準備は良い?」

「ちょっと待った!
 やり残しがあるからダンジョンに戻るわよ!」

「ここまで来たのに?
 いったい何しに戻るのよ?」

「ドラクエのラストダンジョンと言えばアレしかないじゃない!
 賢者の石よ!」

「賢者の石?」

「そうよ。
 貴重で凄いアイテムなの。
 だってベホマラーの効果があるのよ。」

「それなら私だって使えるわよ?」

「でもこのアイテムは『MP0』で連発できるのよ??
 これってもうミネア要らずってことよ!」

「なんですって??」

 

 

マーニャはお宝のため、来た道をズイズイと戻ります。

そしてミネアは自分の存在価値とスタメンの座を守るため、姉を必死に止めようとするのでした。

 

賢者の石はどこ??

「う~ん。
 賢者の石が見つからないな~。」

「姉さん、ここは諦めて早く進みましょ?」

「ダメよ。
 もう少しで見つかりそうじゃない。」

「でも入り口と出口をもう3週は行き来しているわ。
 これだけ探して見つからないなら、きっと姉さんの勘違いよ。」

「そんなわけないじゃない。
 だって攻略サイトに書いてあったもの。」

「諦めの悪い女ね。」

「・・・。」

 

 

「ねえ、これなか怪しくない?」

「え?
 ただの石像でしょ?」

「いやいやいや。
 だって後ろに隙間があるわ。」

 

 

「ドリャアー!!」

「姉さん怪力ね。
 こんなに重い物を1人で動かすなんて。」

「うるさいわね。
 さっさと進むわよ。」

 

 

「やっと見つけたわよ。」

 

 

マーニャはついに賢者の石を見つけます。

しかしこんな場所、他に誰が気づくのでしょう?

攻略本や攻略サイトなしでは絶対に見つけることができません。

少しだけ怒ったマーニャさんでした。

 

 

スポンサーリンク



 

デスピサロとの決戦!

「ようやくデスピサロの居場所についたわね。
 とりあえず補欠(馬車)を呼ぶわよ。」

「どうせ役に立たないから必要ないけどね。」

 

 

「あらひさしぶり。
 少し見ない間に随分と大きくなったのね。」

 

 

「アンタ、まさかこの超絶美少女を忘れたと言うの?
 なんて失礼な奴!」

 

 

こうして、マーニャ達とデスピサロの戦いが始まります。

 

決着

デスピサロは自身に進化の秘法を使ったため、見た目がエスタークのような怪物になってしまいました。

しかし体が脆いのか、どんどん崩れたり色が変わったり変化していきます。

 

 

「あら、腕がもげたわ。」

 

 

「もう片方も!
 なんだか申し訳ないわね。」

 

 

「今度は緑に??」

 

 

デスピサロはそのあとも何度か変身し、ついに真の姿を現します。

 

 

「よしミネア、変身している今のうちに攻撃よ!」

「可愛そうだから終わるまで待ってあげましょうよ。」

 

 

「姉さん、相手の変身シーンが終わったみたいよ。」

「でも演出の割にさっきとあまり変わってないわね。」

「よく見て!
 ちゃんと顔が増えてるじゃない!」

「本当だわ!」

 

 

この後、三日三晩にもおよぶ長い長い戦いが続きます。

マーニャが攻撃役で、ミネアはサポート!(賢者の石使うだけ)

そしてマーニャの渾身のパンチが炸裂し、ついにデスピサロの野郎を仕留めたのでした。

 

 

おしまい。

 

補足1 デスピサロに勝てない!

デスピサロに勝てない!

という方は、とりあえずスクルトやフバーハ使っとけば勝率が上がります。

相手の『凍てつく波動』ですぐに解除されてしまいますが、それでも連発です。

あとは誰か1人が毎ターン賢者の石を使ってると良いです。

それでも回復が間に合わないときは、勇者かクリフトがベホマズン!

 

 

それからそれから。

デスピサロは強い打撃と強力なブレス攻撃をしてきます。

ダメージを少しでも減らすため、『はぐれメタル装備』がおすすめ。

以下の記事の中に入手方法が書いているので、そちらも読んでみてください。

 

あわせて読みたい!

 

補足2 賢者の石の在り処

賢者の石の取り方は、デスキャッスル城4階の隠し扉から進みます。

横にただっ広いところです。

その部屋の右から3番目の銅像を押すと通れます。

 

つづき

ついにエンディング!

ようやくシンシアに会える!

 

あわせて読みたい!

 

5章シリーズ一覧

 

【それ以外のドラクエキャラ紹介】
それから、他のドラクエキャラ紹介を見たい方はこちらから。


スポンサーリンク



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

名前:勇者ウォン
特技:ギガスラッシュ
好きなもの:平和な世界
嫌いなもの:魔王

 

すぐ調子に乗るのが特徴で、このブログの管理人。

今は2つの世界(ドラクエ6・サマナーズウォー)を旅して回っている。

そのうち世界を救うらしい。
 詳しいプルフィールはこちらから

ドラクエ

攻略まとめ記事

モンスターの気持ち









その他

おすすめ記事

ピックアップ記事

2017.7.13

楽しさ最上級!サマナーズウォーが面白過ぎる3つの魅力を紹介

サマナーズウォーがマイブーム!! 私は今、サマナーズウォーというゲームをやっています。 配信から3年くらい過ぎていていますが、今更ど…

カテゴリー

ページ上部へ戻る