天変地異も必中!占いレジェンドランクのミネアのせいでブライが大被害

これはとある勇者一行が、デスピサロを倒す旅の物語。

(ドラクエ4 第5章)

 

真面目な印象のあるミネアの性格は?

実はあの占いに隠されたカラクリとは?

 

今日はそんなミネアについて書いていきます。

それでは、ご覧ください。


スポンサーリンク


 

はじめに紹介

まずはドラクエ4を知らない方のために、超ざっくり紹介します。

ドラクエ4は、1章から5章まで章が分割されていて、それぞれの仲間たちが主役となって冒険をしていきます。

それぞれに悲しい過去や出来事が起こりつつ物語を進め、5章でようやく勇者の元へと集結。

そして力を合わせ、魔王討伐へと動き出します。

 

更に、本シリーズでは敵の事情についても深く語られていきます。

これまでのRPGの「敵=全て悪いヤツ」という考え方が覆され、冒険を進めるうちに「ボスが可哀想」となる珍しいゲーム。

(人による。)

敵味方含め、今まで以上に心情を描いた素晴らしいゲームがドラクエ4なのです。

 

以上、説明おしまい!

それではここから、私が考える勇者&仲間たちの新たな一面についてお話していきます。

 

ミネアの占い

これはドラクエ4第5章の物語。

魔法のカギを手に入れた勇者たちは、憎き宿敵キングレオを倒すべく、ライアンの元へと向かっています。

 

が、しかし!!

今日は番外編。

このブログではエセ占い師として活躍しているミネアの、新たな一面について書いていきます。

※いつもそうですが、今日の記事ではいつも以上に原作を無視しています。
 決してミネアはこんなキャラではありませんのであしからず。

 

 

「ねえ皆、ミネアの占いが凄いって知ってる?」

「そうよ、アタシは凄いのよ。
 神と思って讃えなさい。」

「悔しいけど、良く当たって超必中なのよ。
 一度たりとも外したことがないから、巷ではレジェンドとか呼ばれているわ。」

「そうよ、私はレジェンドよ。
 今日からレジェンドミネアと呼びなさい。」

「そうなの?
 じゃあちょっと占ってみてよ。」

「勇者様、私のことを疑っているわね?
 いつかバチが当たるから覚悟なさい。」

「ひ~~~」

「まあ良いわ。
 私のレジェンドっぷりをとくと見せてあげるわ!」

 

オーリンの行方

「いよいよキングレオ戦ね。
 死んだオーリンのためにも頑張らなくっちゃ!」

「姉さん、占いによるとオーリンは生きてるらしいわよ。」

「そうなの?
 なかなかしぶといわねアイツ。」

「その言い方は酷いんじゃない?」

「それより何でオーリンが生きてるって分かったのよ?」

「発振器とこの水晶が連動してるのよ。」

「な、なかなか便利な水晶ね・・・。」

 

統計情報

「そう言えばキングレオって4章では強かったけど、5章ではどうなの?」

「4章は負けイベントだからね。
 5章の方が弱くなってるらしいわ。」

「じゃあこっちは人数も増えてるし余裕ね♪」

「そうでもないらしいのよ。
 私の占いによると、5章のキングレオでも手こずってるプレーヤーは多いらしいの。」

「ふーん。
 それより、あんたの占いの便利さの方がビックリしたわよ。」

「ここをこうすると、水晶がインターネット回線に繋がって、
 ウンタラカンタラ・・・。」

「それは占いじゃないわよね??」

 

キングレオの弱点

「そう言えばミネア、前にキングレオと戦ったときのこと覚えてる?」

「あまり覚えてないけど、、
 どうかしたの?」

「戦う前に戦略を練ろうかと思ってね。
 弱点とか思い出してるのよ。」

「まあ! 姉さんが珍しく頭を使ってる!?
 いけないわ すぐに思考停止しないと
 熱が出て倒れてしまうわ!」

「アンタそろそろビンタするわよ。」

「冗談よ。
 ちゃんと占いで調べておいたわ!」

「結果はどうだったの?」

「メラミが有効なのと、あとはルカニも効くみたい。
 これを知っているかどうかで雲泥の差らしいわ。」

「それ、本当に占いなの?」

「う、占いよ!」

 

ジト~。(仲間一同の不審な目)

 

お告げ

「ねえミネア、アタシたち、今度は勝てるのかしら?」

「お告げによると大丈夫そうだわ。」

「え、お告げってあのお告げ?
 アンタ、神様と会話できるの?」

「違うわよ!
 偉大な先人者(古参プレーヤー)からお告げがきたの!」

「ツイッターでみんなに質問してみたら、今度は大丈夫だって教えてくれたわ!」
 この水晶、アカウント登録までできるのよ!」

「さすがレジェンドね!
 それは必中間違いなしだわ! ←最大限の皮肉

 

天変地異

「それにしてもミネアの占いは凄いもんですな!」

「あら、ブライまでバカにするのね?」

「いやいや、その占いで金を稼いでいたなど、随分と商売を舐めていたものですな。
 ほっほっほ。」

「ゴホン。
 本日は局地的にカミナリ雲が発達しますので、落雷や竜巻などの突風にご注意ください。」

「ん?」

「ライデイン&バギクロス(小声)」

「ギャー!!」

「だから言ったじゃない。
 私の占いは天変地異さえ必中させるんだから!」

「もうバカにするのは辞めるのですぞ・・・。」

 

レジェンドミネアの脅し

勇者たちはキングレオ城にたどり着き、ついにライアンらしき人物に出会います。

 

 

「ねえ、あれがライアンじゃない?
 噂どおり、まっピンクの鎧ね。」

「本当だわ。
 あんなセンスの悪い鎧、どこに売ってるのかしら?」

「でもあんな人に限って、これは時代の先駆けだ!
 なんて言うのよね。」

「私の占いにかけてあれは一生流行らないわ。
 断言する!」

「超必中のアンタが言うなら間違いないわね。」

 

「ちょっとブライ、話しかけて来なさいよ。」

「なんでワシが?」

「私の占いによると、ここでブライが活躍できないと大変な目に合うとか合わないとか。」

「具体的にはどうなるのですかな?」

「馬車行きになって、このブログでもう一生出番が来ないそうです。」

「いくらレジェンドミネアと言えど、さすがにそんなことありますまい。」

「ブライのくせに私に逆らうの?
 ブログ主に色目使ってお願いすれば簡単よ?」

「ひ、卑怯ですぞ!」

「まさか占いを脅しにまで使うなんて。
 さすがレジェンドね。」

「褒めてくれてありがとう。」

「褒めてないわよ。
 ドン引きよ・・・。」

 

 

スポンサーリンク



 

あれが噂のライアン?

レジェンドミネアに脅されたブライは、渋々とライアンの元へ。

ライアンに近づき、話かけます。

 

 

今は取り込み中のようですな!

 

 

元気があって良いですな。
ほっほっほ。

 

 

そうですぞ。
このワシこそ、勇者ですぞ。←ウソ

 

 

ワシが来たからには、もう安心ですぞ。←ウソ

 

 

任せてくだされ。
このブライにかかれば、あんなやつ片手で勝てますぞ。←ウソ

 

決戦!キングレオ!

相手に取って不足はないですな。←ウソ

 

 

仮に2対1だったとしても、ワシなら余裕で勝てますな。←ウソ

 

 

え?
本当にワシが戦うの?
マーニャさん、ミネアさん助けて欲しいのですぞ。

 

 

ここからブライの命を賭けた戦いが始まります。

 

占いのおかげ?

「た、助かった・・・。」

「ブライ、あんた弱すぎよ。
 アタシとミネアが助太刀しなかったら確実に殺られてたわよ?」

「ワシだって昔はもっと強かったのに。」

「まあ良いわ。
 それにしても随分とあっけなかったわね。
 メラゾーマ5発で終わるなんて対したこと無いわね。」

 

キングレオの体力
体力約950。
4章と違って、5章ではベホマも毎ターン100回復もない。

ちなみにレベル33で覚えるメラゾーマが約200のダメージ。

 

「姉さん、私たちがレベル上げすぎよ。
 普通はもっと苦戦するものよ?」

「そうね。
 それにアンタの『情報』のおかげで全く苦労しなかったわね。」

「やっぱり私の『占い』は凄いでしょ?」

「・・・」

 

 

もう一度?

「ねえ、キングレオともう一回戦いましょうよ。」

「せっかく勝ったのに何を行っておりますかな。
 ワシはもう懲り懲りですぞ!」

「何言ってるのよブライ!
 これじゃあアクセスが稼げないじゃない!」

「アクセス?
 何の?」

「ブログのアクセスに決まってるでしょ!」

「そうね、私の占いでもキングレオの記事を増やした方が良いとの結果が出ているわ!」

「何を言っているのかさっぱりですな。」

「と・に・か・く!
 キングレオは一大イベントなのよ!
 もっともっと記事数増やさないといけないんだから!」

「わ、分かったから落ち着くのですぞ。
 ワシ以外のメンバーなら文句ないのですぞ。」

「良かった♪」

「じゃあ次回はレベル上げてないメンバーでもう一度戦ってみましょう。」

 

 

キングレオとの決闘はまだまだ続く。

おしまい。

 

※次回から本編に戻ります。
 たぶん。

 

つづき

ついにキングレオとの2戦目!

戦いなくたいブライが大活躍?
 

あわせて読みたい!

 

5章シリーズ一覧

 

【それ以外のドラクエキャラ紹介】
それから、他のドラクエキャラ紹介を見たい方はこちらから。


スポンサーリンク



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

名前:勇者ウォン
特技:ギガスラッシュ
好きなもの:平和な世界
嫌いなもの:魔王

 

すぐ調子に乗るのが特徴で、このブログの管理人。

今は2つの世界(ドラクエ6・サマナーズウォー)を旅して回っている。

そのうち世界を救うらしい。
 詳しいプルフィールはこちらから

ドラクエ

攻略まとめ記事

モンスターの気持ち









その他

おすすめ記事

ピックアップ記事

2017.7.13

楽しさ最上級!サマナーズウォーが面白過ぎる3つの魅力を紹介

サマナーズウォーがマイブーム!! 私は今、サマナーズウォーというゲームをやっています。 配信から3年くらい過ぎていていますが、今更ど…

カテゴリー

ページ上部へ戻る