レイドック王に会うため試練の塔へ!ネルソンどころか塔の兵隊にも負け

「勇者よ。
 お主はレイドック王に会って全ての謎を解き明かすのだ!」

「え、ちょっと待ってよ。」

「さあ行けい!
 村長のわしが直々に旅立ちを許可してやるぞ!」

「いやだいやだ。
 僕はターニアと一緒に死ぬまで暮らすんだ!」


スポンサーリンク


 

はじめに

この記事はドラクエ6リメイク(スマホ版)を元に書いています。

所々好き勝手書いているので、原作とは多少違うのであしからず。

 

ドラクエ6をやったことがない方も、昔やったけど内容忘れてしまったかも、ぜひ読んでやってください。

それでは、始まり始まり。

 

前回記事

こちらは前回記事の続きとなっております。

ランドがターニアにフラれたお話はこちらから。

 

あわせて読みたい!

 

旅立ち

これはとある勇者(ドラクエ6)の物語。

偶然落下した幻の大地から逃げ帰り、ターニアに乗り移った聖霊様のお告げを聞いた勇者は、否応無しに旅立つことを命じられます。

 

夢に見た世界や、世界の異変が気になる気持ち。

それと反対に、ターニアとずっと一緒に過ごしたいという本音。

この二つの相反する感情が、勇者を迷わせているのでした。

 

 

「アニキ、旅に出るんだってな。」

「今迷っているところさ。」

「絶対に行った方がいい。
 じゃないと後悔する。」

「でもターニアが心配だし。」

「それなら大丈夫。
 俺がついているさ。」

「でもランドは昨日フラれたばかりだよね?」

「う…。
 見ていたのか。
 でもとにもかくにも俺がいれば安心だから、気にせず言ってこい!」

 

 

勇者はランドに背中を押され、村長から貰った『つうこうしょう』片手に崖を降りていく。

 

レイドック城

「ここがレイドック城か。
 大きな町だなぁ。」

「おい小僧、この町は立ち入り禁止だぞ?」

「はいこれ。
 『つうこうしょう』なら持っているよ。」

「どうやら本物みたいだな。
 よし入れ。
 ここは都会だから、粗相のないようにな。」

 

 

勇者は初めて訪れた大きな街に感動し、街中を観光します。

 

「なんか見知らぬゲームがあるな。
 確かファミコン版ではなかったはずだけど・・・。」

 

 

「井戸に指輪落としたって?
 それは大変だ!
 でも井戸にいる魔物が強いから、僕は絶対に取りに行かないからね。」

 

 

「お風呂中か。
 これは失礼!」

 

 

勇者は散々遊びまわった後、レイドック王に会いに行くと??

 

「お主は志願兵か??」

「違うよ。
 王様に会いに来ただけ。」

「それはならん!
 眠らずの王様はお前みたいな田舎者に会っている暇はない。」

「でも僕はレイドック王に会わないといけないんだ。」

「だからダメだと言っておろう。」

「じゃあ兵士になると王様に会えるの?」

「その可能性はあるな。」

「じゃあ兵士になる。」

「ちょうど今志願兵を募集中だから、鐘が鳴るまでしばし待て。」

「ラジャー!」

 

 

勇者は成り行きで兵士を目指すことに。

そして村の中をぶらぶらと歩いていると、何やら見覚えのある男が目の前を通り過ぎます。

 

「前に会ったことある?」

「悪いが記憶にない。
 どこで会ったんだ?」

「夢の中。」

「お前面白い奴だな。
 俺はハッサン。
 また会うことがあったらよろしくな。」

 

 

そう言ってハッサンはどこかへ行ってしまいます。

しばらくすると村中に聞こえるような大きな音で鐘が鳴り、志願兵たちが続々と城に向かって歩き出すのでした。

 

試練の塔

城に着くと、ダンディーなオッサンが語り出します。

 

「かくかくしかじかで、うんたらかんたら。
 さあ行け戦士たちよ!」

「いや何言ってるか全然分からないんだけど。」

「だから城の兵士にするための試験をするから、南にある『試練の塔』に行けと言ってるんだ!」

「なるほど。」

 

 

こうして勇者は試練の塔へと向かっていく。

 

 

「ここが試練の塔か。
 魔物も手強いし、罠も多いな。
 君、見るからに痛々しいけど大丈夫?」

 

とうのへいたい

「私を倒せば近道できるがどうする?」

「遠慮しておきます。」

 

そして勇者は遠回りしてぐるりと裏側から進む。

すると??

 

「少しは強くなったかな??
 さあ勝負だ!」

「the理不尽!」

 

 

この中ボスは『とうのへいたい』。

ちゃんとした名前すらない可哀想な相手です。

だがしかし!

名前のないくせに意外と強い、、

とくに『ちからため』からの一撃が強力で、ヘタをしたら早々に負けてしまいます。

もちろんレベルを上げずにここまで来た勇者は全滅。

全く良いところがなく負けてしまうのでした。

(本日、全滅1回目)

 

 

スポンサーリンク



 

ライバルたち

目が覚めると教会にいた勇者は、薬草を大量に買い込み、今度こそはと意気込みます。

そして再び試練の塔に駆けつけ、てっぺん目指してガムシャラに登って行く。

 

 

「こいつは確か悪い奴だな。
 ファミコン版の時に騙されて痛い目にあった記憶があるぞ。」

 

 

「この武道家、どうやら頭が悪いみたい。
 こんな簡単な仕掛けも分からないなんて。」

 

 

「やばい急がなくちゃ。
 ハッサンに置いていかれてしまったぞ。」

 

 

同じく兵士を志すライバルたちを押しのけ蹴落とし、勇者はただひたすら登っていく。

最上階まであと少し!

そしてハッサンに勝つことはできるのか?

 

謎解き

ここのフロアは1人だけ正しいことを言っているらしい。

とりあえず全員の話を聞いてみることにします。

 

「ふむふむ。
 右が正しいとな。」

 

 

「左が正しい・・・だと!?」

 

 

「??」

 

 

「ええーい!
 ややこしい!
 全くわからん!
 もういい、全部扉を開けてしまえ!」

 

勇者は右の扉から一旦『きんのゆびわ』を入手し、正しい一番左の道から階段を上って行くのでした。

 

強敵ネルソン

「私はネルソン。
 試練を受けるか?」

「もちろん。
 今回の旅で僕は強くなった。
 だから負けることなんて決してないんだ!」

 

 

そしてネルソンとのバトルが始まる。

 

 

「ちくしょう。
 ずるいよあいつら。
 せめて僕がルカニでも使えれば。」

 

勇者はまたもや負けてしまったご様子。

再び教会で目を覚まし、泣く泣く3度目の登頂を目指します。

(本日、全滅2回目)

 

「やいネルソン!
 今度こそ僕が勝つからな?」

「残念だが既にハッサンがクリア済みでな。
 もう戦うことはできない。」

「なんだって?」

「悔しいだろうが、ここは一旦レイドック城に戻るんだな。」

 

 

こうして勇者は兵士になれずじまい。

来た道をトボトボと帰っていくのでした。

 

おしまい。

 

次回予告

勇者
ハッサンのくせに兵士になるなんておかしいよ!
ハッサン
まあまあ。
お前も馬の一匹や二匹でも捕まえれば、兵士にしてもらえるかもよ?
勇者
本当?
馬でもロバでも熊でも捕まえてやるさ!

 

 

次回!

暴れ馬を捕まえに西の森へ!

乞うご期待!

 

あわせて読みたい!

 

ムドー討伐まで一覧

 

他のドラクエキャラ紹介を見たい方はこちらから。


スポンサーリンク



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

名前:勇者ウォン
特技:ギガスラッシュ
好きなもの:平和な世界
嫌いなもの:魔王

 

すぐ調子に乗るのが特徴で、このブログの管理人。

今は2つの世界(ドラクエ6・サマナーズウォー)を旅して回っている。

そのうち世界を救うらしい。
 詳しいプルフィールはこちらから

ドラクエ

攻略まとめ記事

モンスターの気持ち









その他

おすすめ記事

ピックアップ記事

2017.7.13

楽しさ最上級!サマナーズウォーが面白過ぎる3つの魅力を紹介

サマナーズウォーがマイブーム!! 私は今、サマナーズウォーというゲームをやっています。 配信から3年くらい過ぎていていますが、今更ど…

カテゴリー

ページ上部へ戻る