6章エッグラチキーラを成敗!ドラクエ4隠しダンジョンのボスへ突撃

これはとあるドラクエ4勇者一行(6章)の物語。

マーニャたちはゴッドサイドにある大穴から飛び込み、隠しダンジョンへとやって来ました。

そしてこれまでにない強敵に戸惑いながらも、ズイズイと進んでいきます。


スポンサーリンク


 

前回記事

こちらは前回記事の続きとなっております。

隠しダンジョン入り口にダイブしたお話はこちらから。

 

あわせて読みたい!

 

ダンジョン内

「いろいろ端折っちゃったけど、ダンジョン地下4階くらいまで来たわね。
 あれ、地下5階だったかしら?」

「そんなのどっちでもいいわよ。
 それより姉さん、洞窟に潜っているのになんで周りの地面がないの?」

「アタシが知るわけないじゃない。」

「そうよね。
 だって姉さんだものね。」

「この野郎・・・。」

 

 

「今度は家があるわよ。」

「ちょっとここで休憩しましょう。」

 

 

「家具が異常にでかいわね。
 ここにはギガンテスでも住んでいるのかしら?」

「もしかしたらここのボスが大きいんじゃないの?」

「ちょっとミネア、これから戦いに行くんだからビビらすんじゃないわよ。」

「あら、姉さんでもビビることがあるの?」

「アタシを何だと思ってるのよ。」

 

 

「次はマグマ?
 このダンジョンは何でもありね。」

「隠しダンジョンだからって、なんでも詰め込めば良いってもんじゃないんだけどね。
 考えが浅はかなのよ。」

 

 

「今度は塔か。
 いい加減足が疲れてきたわ。」

「エレベーターとかないかしら?」

 

謎の教会~

「教会があるわね。
 一旦セーブしておくわよ。」

「はあ、ようやく中間か。」

 

 

「げんかーい!!」

「姉さん、駄々こねないで。
 みっともない。」

 

 

「このワープポイントはラスボスにつながる予感♪
 ちゃっちゃと倒して早く帰りましょうよ。」

 

 

こんな感じで、マーニャたちは長い長いダンジョンを攻略していきます。

マグマだったり洞窟だったり水だったり塔だったり。。

もう何でもありです。

とにかく長く無駄な道のりを乗り切り、ようやくボスのいる場所へとたどり着くのでした。

 

「コケー!
 コケーーー!!」

「姉さん何してるの?」

「見て分からないの?
 このニワトリと会話してるんじゃない。」

 

 

「鳥の言葉が分かるの?」

「もちろんよ!
 ミネアもやってみたら?」

「そうね。
 ゴホンゴホン。」

「クェーー!!」

 

 

「なかなかうまいわね。
 さすが我が妹だわ!」

「それほどでもあるわ。」

 

 

スポンサーリンク



 

「この卵、ずいぶんと美味しそうね。」

 

 

「明日の朝は美味しい卵かけご飯が食べられそう!」

「楽しみだわ~」

「お二人とも、遊んでないで早く行きますよ・・・。」

「何よトルネコのくせに。
 アタシらの邪魔するって言うの?」

「ヒィ!
 そんな滅相もございません!」

 

 

こうして道草を食っていたマーニャたちは、ようやくボスの元へと向かいます。

 

エッグラチキーラ

「卵よりもアタシの方が偉いわよ?」

 

 

「いーや、鶏よりもアタシよね。」

 

 

「何?
 アタシと勝負したいの?」

 

 

ついにマーニャ達とエッグラチキーラの戦いが始まります。

しかしこのボス戦、なんとBGMがカジノで、何とも緊張感の抜ける戦いです。

全然やる気が感じられません。

 

 

だがしかし!

この相手、めちゃくちゃ強いのです。

隠しダンジョンのボスだから当たり前なのですが、かの有名なエスタークやデスピサロなんかよりも断然強い。

(気がする。)

あっぱれです!

 

エッグラチキーラは息ぴったり!

エッグラチキーラは、片方が魔法、そしてもう片方が体術と役割分担してきます。

なのでスクルドもフバーハも必要だし、中途半端なメンバーだと一撃で倒されてしまうこともあります。

それにザオラルも使ってきます。

しかしマーニャたちは強力なブレス攻撃&痛恨の一撃をうまいことかい潜り、持ち前のコンビネーションで反撃します。

 

「あいつらさっきまで喧嘩してたくせに、息ぴったりね。」

「姉さん、コンビネーションなら私たちも負けてないでしょ?」

「そうね、ボケのアタシとツッコミのミネア。
 このコンビネーションに勝るものなんてこの世にないわ!」

「そんなくだらないもので勝ってどうするのよ・・・。」

 

決着

「ようやく勝ったわね。
 こんなに苦戦するなんて何年ぶりかしら?」

「昨日のデスピサロ戦以来でしょ・・・。」

「このセリフ言ってみたかっただけよ。」

 

 

「いい事ってなに?
 何かもらえるの?」

 

 

「ミネア、先に飛び込んでもいいのよ?」

「ちょっと姉さんのくせに怖いの?」

「押すな押すな。
 ワイワイがやがやワイワイがやがや。」

 

マーニャたちの旅は続く

 

続き

エッグラチキーラに勝ったことで、世界樹の木に花が咲いたとか。

そしてその花があると、死んだ人を蘇らせることができるとか。

そして生き返らせるのは、シンシアじゃなくてなぜかロザリーとか。

なんかそんな感じの話らしい。

 

次回、木登り再び!

乞うご期待!

 

あわせて読みたい!

 

6章シリーズ一覧

 

【それ以外のドラクエキャラ紹介】
それから、他のドラクエキャラ紹介を見たい方はこちらから。


スポンサーリンク



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

名前:勇者ウォン
特技:ギガスラッシュ
好きなもの:平和な世界
嫌いなもの:魔王

 

すぐ調子に乗るのが特徴で、このブログの管理人。

今は2つの世界(ドラクエ6・サマナーズウォー)を旅して回っている。

そのうち世界を救うらしい。
 詳しいプルフィールはこちらから

ドラクエ

攻略まとめ記事

モンスターの気持ち









その他

おすすめ記事

ピックアップ記事

2017.7.13

楽しさ最上級!サマナーズウォーが面白過ぎる3つの魅力を紹介

サマナーズウォーがマイブーム!! 私は今、サマナーズウォーというゲームをやっています。 配信から3年くらい過ぎていていますが、今更ど…

カテゴリー

ページ上部へ戻る