ドラクエ4魔法のカギ取りに故郷コーミズへ!5章西の洞窟を探検

これはとある勇者一行が、デスピサロを倒す旅の物語。

(ドラクエ4 第5章)

 

マーニャ&ミネアの故郷ってどんなとこ?

隠された父親の秘密の場所はどこにある?

 

今日はそんな勇者たちについて書いていきます。

それでは、ご覧ください。


スポンサーリンク


 

はじめに紹介

まずはドラクエ4を知らない方のために、超ざっくり紹介します。

ドラクエ4は、1章から5章まで章が分割されていて、それぞれの仲間たちが主役となって冒険をしていきます。

それぞれに悲しい過去や出来事が起こりつつ物語を進め、5章でようやく勇者の元へと集結。

そして力を合わせ、魔王討伐へと動き出します。

 

更に、本シリーズでは敵の事情についても深く語られていきます。

これまでのRPGの「敵=全て悪いヤツ」という考え方が覆され、冒険を進めるうちに「ボスが可哀想」となる珍しいゲーム。

(人による。)

敵味方含め、今まで以上に心情を描いた素晴らしいゲームがドラクエ4なのです。

 

以上、説明おしまい!

それではここから、私が考える勇者&仲間たちの新たな一面についてお話していきます。

 

前回記事

こちらは前回記事のつづきとなっております。

パテギアの洞窟で種を探していた記事はこちらから。
 
 ドラクエ4クリフト病気で種探し!パテギアの洞窟でアリーナと勝負!
 

誰がやる?

これはドラクエ4第5章の物語。

アリーナら3人を仲間にした勇者一行が、つぎはライアンを求めて西の地、コーミズ地方へと旅をしているところです。

 

 

「ねえ、西の地には強い魔物がいるかしら?
 アタシ 早く戦ってみたいわ!」

「え~と、確か強いのはとら男とキングスライムね。」

「そんなもの、姫にかかればデコピンでも倒せますぞ。
 相手にもなりませぬな。」

「そうなの?アリーナは強いのね。
 あとはボスキャラだけどキングレオ。
 あいつはオーリンの敵討ちのためにも、絶対に倒さなくてはね!」

「キングレオ?早く戦ってみたいな。
 ねえ、アタシ1人で戦ってもいい?
 もちろん良いわよね?」

「ダメですぞ姫、姫はただでさえ目立っているのですから。
 ここはまだ出番の少ないバカクリフトにでも仕事してもらばねばなりませぬぞ!」

「それを言うならトルネコもだわ。
 あなたたち、2人でやっつけてきなさいよ!」

「無理です。 ×2」

「ほっほっほ。
 最近の若者は頼りないですな。」

「じゃあブライが見本みせなさいよ。」

「・・・」

 

ミネアの評価

「そういえば、これから仲間になるライアンはどのようなお方なのかしら?
 さすがの私の占いでも、見た目は分かっても内面までは分からないのよね。」

「噂によると、いい年したオッサンのくせにピンクの鎧を着ているとか。
 商人の間でも凄く噂になっていましたよ。」

「ライアンさん、フケツです。」

「それにか弱いホイミスライムを引き連れて、手駒にしているとか。
 いくら人間の仲間がいないからって、さすがに魔物は無しでしょう。」

「ライアンさん、フケツです。」

「ま、私はお金に物を言わせてロレンスさんたち2人も雇いましたがね。
 貧乏人は辛いな~。」

「トルネコさん、フケツです。」

「魔物とか傭兵とか笑わせますね。
 私のように心から仕えたいと思うべきお方を見つけるのが一番いいのです!」

「クリフトさん、ストーカーです。」

 

懐かしのコーミズ村

勇者たちは無事に海を渡りきり、コーミズ地方へとたどり着きます。

 

 

「懐かしいわねー。
 また生きてここに帰って来れるなんて。
 アタシのカルビン号は元気かしら?」

 ※カルビン号:マーニャの故郷にいる人様の牛で、いつか食べようとしている。
 
「あれは中々の上玉だ。
 高く売れるでしょうね。
 フッフッフ。」

「ねえ、あの牛さん強いのかしら?
 力比べしても良い?」

「やめなさい3人とも。
 それと恥ずかしいから近寄らないでほしいわ。」

「まったく、皆さんには気品というものが感じられませぬな。
 このブライを見習ってほしいものですぞ。」

「あら、爺も大概よ?」
 

情報収集

村を一通り見学し終えた勇者たちは、ライアンの居場所を求めて情報収集することに。

すると以外な人物(?)と出会います。

 

 

君がゆるキャラナンバー1のホイミン君だね?

 

 

でもカギがかかってて入れないよ?

 

 

それって魔物だよね?
魔物が人間の村の中にいるの?

 

 

でも死んじゃったよ??

 

 

競馬の予想でも外したの?

 

 

アリーナだって同じことできるよ。

 

 

やっぱりね。

 

 

ボクがやっつけてあげるよ!

 

 

スポンサーリンク



 

男はそと!

情報収集ですっかり疲れた勇者たちは、今日の寝床について話し合っています。

 

 

「今日は疲れたわねー。
 アタシたちの家で休んでいきましょうよ。」

「何もない家ですが、皆さんくつろいで行ってください。」

「いやー、美女2人の家に上がれるなんて幸運ですな。」

「トルネコは外よ。」

「ほっほっほ。
 トルネコは日頃の行いが悪いからこうなるのですぞ。」

「何言ってるのよ、あなたも外に決まってるじゃない。」

「わ・・・」

「クリフトもよ。」

「未だ何も言ってないのに遮られた・・・」

 

 

まったく信用のない男どもは、もちろん外!

悔し涙を堪えながらも外にテントを張り、寝床の準備を始めます。

 

 

「姉さん、なんか地下から声が聞こえない?」

「やめてよ、オバケとかダメなんだから!」

「アタシは殴れないものは信じないから大丈夫よ?」

「とりあえず勇者様呼んで見に行きましょう!」

 

良いスライム

なんだ、オバケじゃなくてただのスライムか。

 

 

スライムのくせによく魔法のカギの在り処なんか知ってるね。

 

 

クリフトよりも良い奴だね。

 

悪い人間

勇者たちはスライムの話を信じ、魔法のカギを撮るべくコーミズ西の洞窟へと向かいます。

 

 

「そう言えばあのスライム、アタシたちの家に勝手に住んでたのよね?
 こんど家賃代請求しようかしら?」

「取り立ては私の得意分野ですよ?
 なんなら利息も多めに取ってやりましょう。
 フッフッフ。」

「でもスライムなんて2ゴールドしか持ってないじゃない。
 どうするのよ?」

「そこは大丈夫です。
 喋るスライムなんて貴重ですから、生け捕りにして裏の市場に出せばガッポリです。」

「トルネコ、お主も悪よのう。」

「いえいえ、マーニャさんには敵いますまい。」

「オーホッホ。」

「フッフッフ。」

 

「あなたたち、考え方が似てるしゲスいわね。
 これだからトルマーニャは・・・」

「こんなやつと一緒に『略さないで』ちょーだい!」

 

洞窟の仕掛け

「あ、誰かいるわ。」

 

 

「随分と凝った仕掛けね。」

 

 

「こんなところにお父さんの隠し部屋があるなんて。」

 

 

「魔法のカギも見つけたし、次はいよいよキングレオ戦ね。」

「待って姉さん、それは次回よ!」

「なんで?」

「尺の都合らしいわ。」

「ブログ主も大変ね。」

 

 

勇者たちの旅はつづく。

 

つづき

「魔法のカギも取ったことだし、次回はいよいよキングレオ戦!」

「強くなったアタシたちの強さを見せつけるわよ!」

 

「頑張ってください!
 城の外から応援しておりますよ。」

「アリーナ様を応援するために、メガホンでも買ってこよう。」

「面倒くさいから早く終わらせてほしいものですな。
 馬車で待ってるのも退屈なのですぞ。」

 

「アンタたちも戦うのよ!」

「そうなの? ×3」

 

 

次回、宿敵キングレオ!

気になった人はぜひ読んでね!

 

 

現在、記事作成中ですφ(..)

記事作成まで、もうしばらくお待ち下さい。

 

5章シリーズ一覧

 

【それ以外のドラクエキャラ紹介】
それから、他のドラクエキャラ紹介を見たい方はこちらから。


スポンサーリンク



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

名前:勇者ウォン
特技:ギガスラッシュ
好きなもの:平和な世界
嫌いなもの:魔王

 

すぐ調子に乗るのが特徴で、このブログの管理人。

今は2つの世界(ドラクエ6・サマナーズウォー)を旅して回っている。

そのうち世界を救うらしい。
 詳しいプルフィールはこちらから

ドラクエ

攻略まとめ記事

モンスターの気持ち









その他

おすすめ記事

ピックアップ記事

2017.7.13

楽しさ最上級!サマナーズウォーが面白過ぎる3つの魅力を紹介

サマナーズウォーがマイブーム!! 私は今、サマナーズウォーというゲームをやっています。 配信から3年くらい過ぎていていますが、今更ど…

カテゴリー

ページ上部へ戻る