魔神像が動かない!ドラクエ4リバーサイド到着場所~デスパレスの行き方

これはとある勇者一行が、デスピサロを倒す旅の物語。

(ドラクエ4 第5章)

 

リバーサイドってどこにあるの?

魔神像の攻略の仕方が分からない!

 

今日はそんな疑問にアリーナとブライが答えてくれます。

それでは、ご覧ください。


スポンサーリンク


 

はじめに紹介

まずはドラクエ4を知らない方のために、超ざっくり紹介します。

ドラクエ4は、1章から5章まで章が分割されていて、それぞれの仲間たちが主役となって冒険をしていきます。

それぞれに悲しい過去や出来事が起こりつつ物語を進め、5章でようやく勇者の元へと集結。

そして力を合わせ、魔王討伐へと動き出します。

 

更に、本シリーズでは敵の事情についても深く語られていきます。

これまでのRPGの「敵=全て悪いヤツ」という考え方が覆され、冒険を進めるうちに「ボスが可哀想」となる珍しいゲーム。

(人による。)

敵味方含め、今まで以上に心情を描いた素晴らしいゲームがドラクエ4なのです。

 

以上、説明おしまい!

それではここから、私が考える勇者&仲間たちの新たな一面についてお話していきます。

 

前回記事

こちらは前回記事の続きとなっております。

天空の鎧を盗んだ話はこちらから。

 

あわせて読みたい!

 

マーニャ・ミネア無念の離脱

これはとある勇者たちの物語。

今日は新天地、リバーサイド地方に向かって旅をしているところです。

 

 

「あれ、今日はマーニャとミネアはいないのかしら?」

「そう言えばうるさい二人が見当たらないですね。」

「ほっほっほ。
 あの二人はどうやらクビになったようですぞ。」

「何かあったのかしら?
 落ちてるキノコでも食べたとか・・・。」

「でもこれで私たちの出番が増えますね。
 ミネアがいなければ僧侶枠は私だけ。
 これはいけるぞ。」

「やりましたなクリフト殿。
 ワシもライバルのマーニャ殿がいなくなったおかげで一安心ですぞ。」

「アナタたち、そんな考えだからいつも馬車組なのよ・・・」

 

 

どうやらマーニャとミネアは今回クビになった模様。

当分はアリーナと愉快な仲間たち視点で物語が進みます。

え?

モンバーバラ姉妹はどうしたのかって?

その理由は、最近のザコ敵にマーニャがちょっとだけ苦戦しているからです。

ベギラゴンもイオナズンも効かない敵が多くなってきて、終いにはスクルトを使うモンスターも出始めました。

この姉妹を使うくらいなら、ブライのルカニ&アリーナが殴った方が良いじゃん!

という結論に至ったわけです。

二人には悪いですが、当分お休みしてもらいます。

 

リバーサイドの行き方

「ねえ、リバーサイドはどうやって行けば良いの?」

「南の大陸にありますぞ。
 船で川を渡っていくと良いですぞ。」

 

 

「でも村の外に出ると、ぱっと見で分からなくなるわね。
 設定ミスかしら?」

「きっと敵から身を護るために、カモフラージュしてるのですぞ。」

「違う気がするけど、まあ良いわ。」

 

リバーサイドがない!

「まあ大変!」

「どうしたのですかな?」

「一度違う町に行った後にルーラで戻ってきたんだけど、
 リバーサイドがないのよ!」

「そんなときは一度船に乗って、この細い川を北に行くと入れますぞ。」

 

 

「なんだか分かりにくいわね。」

「やっぱりカモフラージュはするべきでないのですぞ。
 みんな迷ってるのですぞ。」

「みんなって誰のことよ?」

「他のプレーヤーのことですぞ。
 某巨大掲示板を見ると、過去にたくさん質問されてたみたいですぞ。」

 

村人の話

「ねえ、この村の人たち、南に行って帰ってきた人はいないとか言ってるけど。」

「それは魔神像とかデスパレスがあるからですぞ。」

「デスパレスって名前が格好いいわね。」

「なんと言っても敵の本拠地。
 デスピサロのいる城ですぞ。」

「それは面白そうね。
 早く行きましょうよ!」

「姫、その前にレベルを上げた方が・・・」

「そんなのいらないわよ。
 アタシ、普段から腕立て伏せを欠かしたことはないもの。」

「そういう問題じゃないのですぞ。」

「いいからつべこべ言わずに準備するの。
 クリフトも早く準備して。」

 

 

アリーナたちは旅の支度を進め、南にある魔神像へと向かって行きます。

 

魔神像

「大っきいわねー。
 ぜひ一度戦ってみたいわ。」

「姫、これは建物ゆえ戦うことはできませぬ。」

「それは残念ね。
 あ~あ、魔神像も『うごくせきぞう』みたいに戦ってくれると良いんだけどなー。」

 

 

アリーナたちは魔物たちを蹴散らし、上へ上へと進みます。

そして5階まで進んだところで足が止まってしまうのです。

 

 

「ねえ、これは落ちれば良いのかしら?」

 

 

「たぶんそうですな。
 やれやれ、高い所は苦手だと言うのに。」

「でも2箇所あるけど、
 どちらに落ちれば良いの?」

「そういえばここに来る途中にいた神父が、『右目』になんとかって言ってましたね。」

「そう言えばそうですな。
 神父の言うことゆえ、素直に従っておいた方が良さそうですぞ。」

「じゃあ決まりね。
 右から落ちてみましょう。」

 

 

「あれ?宝箱は取れたけど、どうやらこっちじゃないようね。」

 

 

「騙されましたぞ。
 プレーヤーから見て右じゃなくて、魔神像から見て右だったのですぞ!」

 

 

アリーナたちはまんまと間違えてしまいました。

しかもこの宝、呪われているので使い道がほとんどありません。

まさに骨入り損。

まったく、人の話をちゃんと聞かないからこうなるのです。

 

 

スポンサーリンク



 

やり直し?

「ねえ、間違えちゃった場合はどうするの?
 もしかして1階からやり直し?」

「そんなときは手の付け根から建物内に入るのですぞ。
 よく見ると穴が開いてるのですぞ。」

「本当だ。
 でも知らないと見逃しそうね。」

「まあワシのような観察力があってこそ成せる技なのですぞ。」

「じいはどうせ攻略本でも見ただけでしょ?」

「バレてしまいましたな。」

 

 

アリーナたちは途中からやり直し、また5階まで進みます。

そしてさっきの分かれ道まで辿り着くと??

 

 

「次は左に落ちるわよ。」

「こんどは成功ですな。」

 

動かし方が分からない!

「あら、どうしましょう?」

「どうしたのですかな?」

「ようやく頂点に付いたのに、何をすれば良いのか分からないわ。」

「それは魔神像を動かして海を渡るのですぞ。」

「どうやって動かすの?」

「分かりにくいですが、そこにある金のレバーで動かせば良いのですぞ。」

 

 

「そっか。
 じゃあやってみるわ。」

 

ガシガシ。

ガタガタガタ。

 

「あ~姫!
 そんなに雑に扱ってしまったら、壊してしまいますぞ。」

「でもアタシ、こんなの操縦できないわよ。
 動かし方なんて分からないわ!」

「じゃあワシが手本を見せるのですぞ。」

「ダメよ。
 だってじいだって車の免許すら持ってないでしょ?
 こんな特殊大型なんて運転できっこないわ!」

「ワシを見くびってもらっては困りますぞ。
 少し見ててくれなのですぞ。」

 

 

こうしてブライはレバーを握り、巧みに魔人像を動かします。

そして魔神像の足を右に左にと器用に動かし、みごと海を渡り切るのでした。

 

 

「凄いじゃない!
 見直したわよ。」

「ほっほっほ。
 もっと褒めてくれなのですぞ。」

「でもどうやって動かしたの?
 コツはあるのかしら?」

「それはですな。
 レバーに近づいてAボタンを押して、『はい』を選ぶとうんたらかんたら・・・」

「Aボタン? はい?
 ちょっと何言ってるのか分からないわ。」

 

いざ、デスパレス!

「ふう。
 魔神像の目から飛び降りたり、耳から飛び降りたり、あまり気持ちの良いものでもないですな。」

 

 

「でも魔神像のおかげで海を渡ることができたじゃない。
 感謝しなくちゃ。」

「こんな3マス分の海、魔神像などに頼らずとも、渡ろうと思えば泳げたと言うのに。
 これだからゲームは。ぶつぶつ。」

「3マス? ゲーム?
 ブライ今日ちょっとおかしいわよ?」

 

 

アリーナたちはこのあと東に進み、デスパレスを目指すのでした。

おしまい。

 

補足

デスパレスに到着する前にルーラしたり、祠からループしてしまうと、また魔神像を登るところからやり直しになってしまいます。

とくに祠は一方通行なので注意です。

ここからワープしたらダメです。

 

 

この魔神像は以外に面倒くさいので、できれば1度で済ませたいところです。

 

つづき

遂に敵の本拠地登場?

メチェクチャ迷ったお話はこちらから。

 

あわせて読みたい!

 

5章シリーズ一覧

 

【それ以外のドラクエキャラ紹介】
それから、他のドラクエキャラ紹介を見たい方はこちらから。


スポンサーリンク



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

名前:勇者ウォン
特技:ギガスラッシュ
好きなもの:平和な世界
嫌いなもの:魔王

 

すぐ調子に乗るのが特徴で、このブログの管理人。

今は2つの世界(ドラクエ6・サマナーズウォー)を旅して回っている。

そのうち世界を救うらしい。
 詳しいプルフィールはこちらから

ドラクエ

攻略まとめ記事

モンスターの気持ち









その他

おすすめ記事

ピックアップ記事

2017.7.13

楽しさ最上級!サマナーズウォーが面白過ぎる3つの魅力を紹介

サマナーズウォーがマイブーム!! 私は今、サマナーズウォーというゲームをやっています。 配信から3年くらい過ぎていていますが、今更ど…

カテゴリー

ページ上部へ戻る