ドラゴンクエストVRで遂にあのスライムを切る触感を体感出来る!

なんと、あのドラゴンクエストが遂にVRになるそうです!

いやー、コレは凄い!

昔はドット柄だったのに! ←ゆとり世代のくせに物知り顔&知ったかぶり。

 

今日は自称ドラクエ大好き人間の私が、ドラゴンクエストVRについて語っていきます。

まだ期間前なので、かなり予想も混じってますが悪しからず。

 

我こそはドラクエ好きだ!

という方は、ぜひ続きをお読み下さい。


スポンサーリンク


 

まずは動画!

ドラクエVRのイメージがまだ付いていない人は、こちらの動画を見てください。

 

 

一番肝心なプレーヤー視点の映像は隠しております。

これだけでは面白いのかどうか判断できません。

焦らすなんて、運営もやりますな。

 

そもそもVRってなんだ?

そもそもVRってなんだ?

って人もいると思います。

何よりも私がそうです!

全然分かっていません! ←オイ!!

 

ということで、ウィキペディアでお勉強です。

 

バーチャル・リアリティ(英: virtual reality)とは、現物・実物(オリジナル)ではないが機能としての本質は同じであるような環境を、ユーザの五感を含む感覚を刺激することにより理工学的に作り出す技術およびその体系。バーチャルリアリティ - Wikipedia

 

はい。

私が悪かったです。

何言ってるのかさっぱりです・・・。 ←じゃあ書くなよ!

 

 

全然意味が分からないので、こちらのプレステの公式動画をどうぞ。

(違うゲームの紹介動画です。)

 

 

これは分かりやすい!

さすがプレステ!

こんな感じでモンスターをやっつければ良いのですね??

 

ホイミン
おバカなブログ主でも理解できたから、みんなも大丈夫だよね?

 

内容

発表によると、

 

手から伝わるスライムを斬る時の感触、
モンスターめがけて“メラ”を放つ感覚を体感でき、
攻撃呪文や回復呪文を使って
パーティの仲間と協力しながらゾーマ城を目指す。

 

らしい。

つまり、今まで画面の向こうで『非現実世界』だったものが、より現実っぽく遊べるよう。

 

うーん。

じゃあスライムって触れるのか?

ほっぺたを摘んでみたいって思ってたんだけど、怒るのかな?

それにベビーパンサーをもふもふしてみたい。

あとは、はぐれメタルが柔らかいのか固いのか知りたいし、他にも気になってしょうがない事がたくさん。

 

実際は視覚だけで触れない(というか感触がない)と思いますが、いつか時代の発展とともに、この夢が叶う日が来てほしい。

そう思ってます。

 

職業

選べる職業は「戦士」「僧侶」「魔法使い」の3種類。

 

ふむふむ。

って、勇者ないんかーい!!

ドラクエなのに勇者がないとか、、

おかしすぎる!

こんなのあんまりです!

きっとライデインが再現できなかったからです。

製作者の技術不足に決まってます。 ←失礼。

 

もし選ぶとしたら?

もしこの中で選ぶとしたら、私なら誰にするのか考えてみました。

 

やっぱり戦士か?

過去にもキーファとかテリーとか、イケメンキャラが揃ってるし良さそう。

それに、なんとなく火炎斬りが使ってみたい。

けれどもしかし!

相手がボストロールとかキングレオみたいな、巨大なモンスターが相手だったら?

いくらゲームとはいえ、さすがに強そうなモンスターに剣を持って近づくのは怖い。

それに腐った死体とかリップスとかにも近づきたくない。

だってリアルなんでしょ?

グロいんでしょう?

あんなのに襲われたら、きっとトラウマになってしまいます・・・。

 

 

じゃあ魔法使いか?

メラゾーマとかイオナズンは格好いい。

強そうな魔法をバンバン使ってみたい。

けれどMPが切れたらどうなるの?

それに遠くから魔法打ってるだけだと、せっかくのVRの意味がなさそう・・・

どうせならもっと臨場感を味わいたい!

 

 

じゃあ僧侶はどう?

若干攻撃力が高いから前線にも行けるし、嫌な相手は戦士に任せて逃げればいい笑

しかも回復する度に、味方から感謝されるはず。

あれ、まてよ?

回復できるってことは、絶対倒されたらいけないポジションで、チームの要。

つまり、みんなが周りを取り囲んで守ってくれるはず。

うん、これは気分が良さそうだ。

よし僧侶だ。

僧侶が一番だ。

僧侶にしよう!

 

 

スポンサーリンク



 

舞台はドラクエ3?

今回はゾーマを倒す物語らしい。

ん?

ゾーマ??

光の玉と薬草投げときゃ良いんですね?

分かります。

 

 

それからゾーマを倒すと言うことは、舞台はドラクエ3のはず。

たぶん。

いや、そうであってほしい。

 

ここで私が期待しているのは、

  • ラーミアに乗れるか・そして空からの景色が見えるのか
  • ルイーダの酒場に行けるのか
  • 職業変更ができるのか。

どこまで再現できるのか分かりませんが、制作側の腕の見せ所です。 ←偉そう。

 

思い出

あとは個人的な意見ですが、スライムつむりにリベンジしたい。

当時はあまりの防御力の高さに、苦い思い出があります。

あいつ、ズルいくらいに防御力が高すぎなんですよ。

きっと同じような思いをした人も多いはず。。

 

待ってろよスライムつむり!

 

はぐメタ
俺の方が固いけどな。

 

俺・私でも大丈夫?

記事序盤に貼った動画を見て、こう思った方もいると思います。

  • 体を動かすことに自信がない・体力がない
  • 操作は簡単なのか
  • 協力プレイって言ってるけど、1人でも大丈夫なのか

 

これに関する私の予想ですが、どれも気にする必要はなし!!

それはなぜかって?

舞台がドラクエ3(っぽい)からです。

どう考えても今回のターゲットは「昔ドラクエをやっていたドラクエ現役世代」です。

仮にもし最近の子供をターゲットにしているなら、ドラクエ「8」以降、とくに最新の「11」を舞台にするはず。

なのでガンガン体を動かす仕様にするとは考えにくいのです。

 

 

それにドラクエはシンプルイズベスト。

1人で気軽にできることがウリだと思っています。

なので、それほど複雑な仕様にもしないし、1人で遊びに行けない仕様にもしないはずです。

 

注意点

ただ、動画では「ゲームでは仲間を組む」と言っています。

それはつまり、おそらく知らない人と一緒に冒険を進めることに。

連携が求められるであろうこのゲームで、人見知りな方は少し厳しいのかもしれません。

 

そんなことは関係ねえ!

俺はかつて、勇者1人の縛りプレイでクリアしたことがあるんだぞ!

低レベルクリアも実現した!

だから1人でも大丈夫だ!

とか言っても多分ダメだと思います。

 

1人で遊びに行った人はどうすれば良いの?

完全に私の感ですが、現地にルイーダの酒場的なスペースがあると予想します。

そこで自主的に声を掛けてメンバを集めるか、運営みたいな人が機会的に振り分けるかのどちらかだと思います。

 

きっとルイーダさんのコスプレをした人がいて、指示を出してくれるはず。

 

連絡事項

最後に連絡事項をまとめます。

ただ、これは運営の都合で多少前後する可能性もあると思います。

もし行こうと思っている方は、公式サイトにて最新情報をチェックしてください。

 

それにドラクエ十八番の延期にも注意したい。

遠方から来る人もいると思うので、さすがに今回ばかりは延期しないとは思いますが・・・。

 

  • イベント応募期間  :2018年4月9日(月)12:00〜
  • アクティビティ予約 :2018年4月20日(金)
  • 先行体験イベント開催:2018年4月25日(水)
  • 稼働開始      :2018年4月27日(金)
  • 場所        :新宿 VR ZONE
こちらもチェック!

 公式サイト

 

 

なん…だと!?

場所が新宿じゃないか!!

この時点で私の夢が儚く打ち砕かれました。

 

私にはもう無理です。

もう世界の平和は皆さんに託します。

どうか私の代わりに、世界を救ってきてください。

 

 

おわり。

 

 

この記事には、私の予想が多分に含まれています。

そのため、言ってることがちがうじゃねーか!

と言われても、責任は取れません。

 

関連記事

ドラクエに関する、色々な記事を書いています。

最近はドラクエ4で遊んでいるので、懐かしいと感じる方はこちらから。


スポンサーリンク



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

名前:勇者ウォン
特技:ギガスラッシュ
好きなもの:平和な世界
嫌いなもの:魔王

 

すぐ調子に乗るのが特徴で、このブログの管理人。

今は2つの世界(ドラクエ6・サマナーズウォー)を旅して回っている。

そのうち世界を救うらしい。
 詳しいプルフィールはこちらから

ドラクエ

攻略まとめ記事

モンスターの気持ち









その他

おすすめ記事

ピックアップ記事

2017.7.13

楽しさ最上級!サマナーズウォーが面白過ぎる3つの魅力を紹介

サマナーズウォーがマイブーム!! 私は今、サマナーズウォーというゲームをやっています。 配信から3年くらい過ぎていていますが、今更ど…

カテゴリー

ページ上部へ戻る