ドラクエ4デスピサロの結界守る四天王が弱い!エビルプリーストら撃破

これはとある勇者一行が、デスピサロを倒す旅の物語。

(ドラクエ4 第5章)

 

ドラクエ4の四天王?

そんなのいたっけ?

印象に残ってないや。

 

今日はそんな疑問について、マーニャたちが冒険しに行きます。

それでは、ご覧ください。


スポンサーリンク


 

はじめに紹介

まずはドラクエ4を知らない方のために、超ざっくり紹介します。

ドラクエ4は、1章から5章まで章が分割されていて、それぞれの仲間たちが主役となって冒険をしていきます。

それぞれに悲しい過去や出来事が起こりつつ物語を進め、5章でようやく勇者の元へと集結。

そして力を合わせ、魔王討伐へと動き出します。

 

更に、本シリーズでは敵の事情についても深く語られていきます。

これまでのRPGの「敵=全て悪いヤツ」という考え方が覆され、冒険を進めるうちに「ボスが可哀想」となる珍しいゲーム。

(人による。)

敵味方含め、今まで以上に心情を描いた素晴らしいゲームがドラクエ4なのです。

 

以上、説明おしまい!

それではここから、私が考える勇者&仲間たちの新たな一面についてお話していきます。

 

前回記事

こちらは前回記事の続きとなっております。

闇の洞窟を進んだお話はこちらから。

 

あわせて読みたい!

 

結界

これはとある勇者の物語。

今日はデスピサロを倒すべく、これから四天王をボッコボコにしようとしているところです。

 

 

「あーあ、ダルいわね。
 早くデスピサロを倒して休暇でもほしいものね。」

「姉さん、そんなことを言っている暇があるんなら、四天王の1匹でも倒してきてよ。」

「別に倒さなくても良いんじゃない?
 大将のクビを取れば下っ端なんて落ち着くわよ。」

「それもそうね。
 姉さんのくせに冴えてるぅ!」

 

 

マーニャたちは四天王を無視し、直接デスピサロのいる場所へ殴り込みます。

しかし!

マーニャにしては頭の良い作戦にも思えましたが、ここはゲームの世界。

そんなに上手いこといきません。

もちろんデスピサロの仕掛けた罠(結界)に阻まれたのでした。

 

南東のアンドレアル

結界に阻まれたマーニャたちは、渋々四天王を倒して回ることに。

まずは南東にある祠から攻めていきます。

 

 

「最初はアンドレアルね。」

「きっと炎を吹いてくるから気を付けましょう。」

 

 

「あれ、増えたわよコイツ!」

「どうやらお友達がたくさんいるようね。」

 

「あっちが増えたのなら作戦があるわ。」

「どうするの?」

「こっちもドラゴンを増やすのよ。
 よしドラン、アンタもドラゴンを呼んで対抗しなさい。
 城にもう1匹いたでしょ?」

 

↓これ。

 

 

アンドレアルは最初から3匹出てくる珍しいボス。

こいつ3匹出てくるなら六天王(本来の四天王+アンドレアル追加2匹)じぇね?

とも思えますが、深く考えないことにします。

 

しかも!

このアンドレアル、数が減る度にどんどんお仲間を呼んできます。

どこから来るのか、はたまた何匹いるのか分かりませんが、同じ強さのアンドレアルが永久に出てくるとんでもない仕様なのです。

 

これに対抗し、マーニャはルーシアから借りたドランにお友達を呼ばせ、ドラゴン対決を仕掛けるのでした。

※ゲームでは呼べません。

 

南西のギガデーモン

ドランのおかげで無傷で勝てたマーニャたちは、お次は南西に向かいます。

ここは触れただけで入り口に戻されてしまう仕掛けのあるステージで、若干面倒です。

とくに頭の悪いマーニャさんは、大層苦労したとか。

 

 

「もう、さっぱり仕掛けが分からないわ!」

「バカ姉さん、しっかりしてよ。」

 

 

「やり方が分かればチョロいわね。」

「私が答え教えただけなのに威張らないでほしいわね。」

 

 

「ミネア見て。
 あれはきっとアタシよりもおバカよ。
 間違いないわ。」

 

 

ギガデーモンは痛恨の一撃こそ怖いものの、それ以外はとくに気を付ける必要はありません。

しかし、

後ろのボタンが!

とか言っておきながら振り返ると不意打ちしてくる卑怯者。

それに倒したあとにボタンを調べても、何もないドケチ野郎なのです。

 

 

マーニャさんもお怒りのようです。

 

 

また、ギガデーモンを倒すとアイテムを落とすのですが、なんと『混紡』。

全然ほしくない・・・。

でもきっとご自身愛用の代物なので、形見として売らずに取っておこうと決意したマーニャさんでした。

 

 

スポンサーリンク



 

北西のヘルバトラー

次は北西のヘルバトラー!

この相手は・・・。

なんだっけ?

とくに印象に残りませんでした。

フバーハ&ベホマラーがあれば楽勝です。

 

 

「こいつ、ギガデーモンと違って良いもの持ってるわね♪」

 

北東のエビルプリースト

次に北東にある塔を目指します。

するとそこには、人間の姿をした神父が姿を表すのでした。

 

 

「あんたエビルプリーストよね。
 人間の格好してるからって騙されないわよ。」

 

 

「やっぱりロザリーが死んでしまった原因はあんたね。
 この卑怯者め!」

 

 

こうして、真の悪者エビルプリーストとの戦いが始まります。

 

ちょっとだけ強いエビルプリースト

エビルプリーストは、最初から仲間3匹(スモールグール)を連れています。

これはロザリーを襲った『人間たちの成れの果て』という噂もありますが、今のマーニャたちに知る良しもありません。

マーニャは容赦なくスモールグールを倒していきます。

 

 

「まずはザコ敵から始末しましょ?
 それ、イオナズン!」

「ちょっ姉さんそれはダメ~!」

「ギャー!
 マホカンタなんて聞いてないわよ!」

 

 

マーニャはいきなりお約束をやってしまいました・・・。

相手はマホカンタをいつの間にか使っているので、開始早々に魔法攻撃すると攻撃が跳ね返ります。

ロザリーを殺したりデスピサロを騙して失脚を企てたり、更には手下を使ったりマホカンタを使ったり、清々しいくらい卑怯なやつでした。

 

 

それでもちょっとだけ苦戦したマーニャさん。

 

ついにラスボス?

四天王を無事に倒したマーニャたちは、最後の決戦の地へと赴きます。

この後、デスピサロと更に激しいバトルが繰り広げられたらしい。

マーニャたちの旅は続く。

 

つづきはこちら。

 

あわせて読みたい!

 

5章シリーズ一覧

 

【それ以外のドラクエキャラ紹介】
それから、他のドラクエキャラ紹介を見たい方はこちらから。


スポンサーリンク



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

名前:勇者ウォン
特技:ギガスラッシュ
好きなもの:平和な世界
嫌いなもの:魔王

 

すぐ調子に乗るのが特徴で、このブログの管理人。

今は2つの世界(ドラクエ6・サマナーズウォー)を旅して回っている。

そのうち世界を救うらしい。
 詳しいプルフィールはこちらから

ドラクエ

攻略まとめ記事

モンスターの気持ち









その他

おすすめ記事

ピックアップ記事

2017.7.13

楽しさ最上級!サマナーズウォーが面白過ぎる3つの魅力を紹介

サマナーズウォーがマイブーム!! 私は今、サマナーズウォーというゲームをやっています。 配信から3年くらい過ぎていていますが、今更ど…

カテゴリー

ページ上部へ戻る