闇イフ&ペルナ階は一発が命取り!試練の塔ハード70階で逆転KO

今日も試練の塔ハードについて。

遂に目標にしていた70階に挑戦です!

はたして無事デビルモンを手に入れることはできるのか??

それでは、ご覧ください。


スポンサーリンク


 

60階以降は復活階!

60階以降は、復活がテーマの階層みたいです。

例えばこんなのとか。

 

 

こんなのも。

火司祭の無敵&免疫からの風司祭のバフ延長は厄介なので、しっかりと対策が必要です。

 

 

倒し方

相手を同時に倒すか、足止めが重要。

時間はかかりますが、倒せないことはないので、地道に頑張りました!

 

70階 驚異の闇イフ!

70階のボスは闇イフです。

メンバーはいつもどおり。

「バレッタ」「闇イフ」「ベラデオン」「マーブ」「シェノン」

 

試練の塔ノーマルではさほど苦戦したことはないので、今月こそは70階突破できそう♪

順調に相手を攻めていきます。

 

 

全然余裕そう!

と思って戦っていると、あることに気づきます。

あ、回復阻害いないと勝てないじゃん・・・。

参考:ペルナ(赤い鳥)のパッシブ
毎ターン、他の味方の体力を10%ずつ回復させ、死の瞬間に炎の中から100%の体力で生き返る。

 

ゴリ押しする場合は??

仮にバレッタなどの持続ダメを使って、トキサダ(両端の武士)からゴリ押しで倒すとします。

ペルナが2匹いるので、相手は毎ターン体力20%回復です。

つまり持続ダメ4つ分。

(持続ダメは1つ5%のダメージ)

 

それに闇イフが毎ターン1つずつデバフ解除をすると考えると、もう1つ持続ダメがほしい。

(持続ダメ以外が解除されることもあるので、必ずではありません。)

 

つまり、相手が1回動くまでの間に、5つ持続ダメを付けてトントンになるのです。

こいつは無理な注文ですぜ旦那。

バレッタ&スレイン&ヘモス&マーブとかでもない限り、絶対に追いつかない計算ですぜ?

 

ということで諦めました。

 

回復阻害カリンで敵討ち!

今度はカリンを投入して、ペルナ対策してみます。

交代したのはベラデオン。

これで「バレッタ」「闇イフ」「カリン」「マーブ」「シェノン」

になりました!

 

 

ベラデオンを抜いた分、ステージ2で時間がかかります。

なぜならシールドを解除できなくなったので、リナ(水エピキオン司祭)を倒すのが大変だからです。

 

 

しかし!

バレッタと闇イフの持続ダメの連打連打で切り抜けます。

※時間がもの凄いかかるだけで、倒せなくはない

 

闇イフ再び

再びボスとご対面。

今度こそやっつけてやるぜ!

 

 

(数分後。)

早くもマーブ死亡。

闇イフとペルナの攻撃力が高すぎです・・・。

 

メンバーチェンジ!!

どうやら今までの戦法では厳しいらしい・・・。

またもや呆気なくやられてしまったので、メンバーチェンジです!

 

その前に、今の状況を整理します。

  • 回復阻害が無ければ無理
  • 闇イフ&ペルナの攻撃がやばい
  • 攻撃デバフほしい
  • 今まで多用していた、マーブがボスへ挑発すると倒される
  • かと言って挑発しないと闇イフの全体スタンで総崩れ
  • 闇イフ止める&ゲージ下げないとデバフ解除されて総崩れ
  • 相手の防御力高すぎて、持続ダメがなければ厳しい
  • 足止め要員もほしい

 

上記のことから、「バレッタ」「カリン」「闇イフ」は必須です。

ということで、他2匹を何にするか考えていきます。

 

ファーとかヴェルデハイルが良さそう??

自分の力で攻略したかったので、他のサイトやユーチュブは見てませんが、

たぶんこの階層は、

ヴェルデハイルとファーで相手を完封します!(キリッ)

 

とかやるんだろうなー。 ←どっちも持ってない。

せめて像さんでも持ってれば違ったと思うのに! ←スキルマ用の餌がない。

 

※ファー&ヴェルデは私の想像です。
 他の方がどうやって攻略しているのか一切知りません。

 

ファーもどき

だがしかし!

先週ファーもどきを育てたので、ここでお披露目することにします。

その名も、光カウガールちゃんです!

 

 

光カウガールは、ファーと同じ様に、攻撃する度に相手の攻撃ゲージを下げるパッシブ持ち。

参考:光カウガールのパッシブ
攻撃の度に対象の攻撃ゲージを10%減少させ、50%の確率で1ターンの間防御力を下げる。

 

たかが10%?

と思うかもしれませんが、スキル1は3連続攻撃・スキル2は2連続攻撃です。

なのでスキル1が30%、スキル2が20%もゲージ下げしてくれます。

しかも毎ターン!

 

ヴェルデハイルもどき

それともう一匹は、ヴェルデハイルもどき。

その名も、スペクトラです!! ←全然『もどき』ですらない・・・

 

味方のゲージアップができないなら、相手のゲージを下げてしまおう!

という魂胆です。

 

それでもヴェルデハイルが『毎ターン』ゲージアップなのに対してスペクトラは『3ターンに一度』のゲージ下げ。

もちろん抵抗されることもあるので、全然割に合わない気がしますが我慢します。

 

 

スポンサーリンク



 

いざ参らん!!

メンバーも決まったことですし、再戦開始!

「バレッタ」「闇イフ」「カリン」「スペクトラ」「光カウガール」です!

 

 

開始早々やばい!

最初の闇イフのスタンが1匹しか決まらない!

これはいきなりピンチです・・・。(ここで運が試される)

 

 

やっぱりピンチに。

もうダメそう、、

 

 

あれ?

立て直せそう!

 

 

なんと立て直しました!

やっぱりゲージ下げが3匹いると心強いです! ←光カウガールが奇跡的に暴走しただけ。

しかも1匹撃破!

 

 

もいっちょ撃破!

 

 

モタモタしてたら、ペルナが何度か復活したような気がします。

ペルナのパッシブは一度きりだと勝手に思ってましたが、一定ターン過ぎるともう一度使えるっぽいです。

たぶん。 ←よく分かんないです。

それにメチャクチャ眠いので、勘違いしただけかもしれません。

 

 

鳥も倒して残り1匹!

これは勝ったぜぃ!! ←ここから調子に乗り始める。

 

 

せっかくなので実験もしてみました。

私のスペクトラは、攻撃バフ&防御バフ状態で闇イフに1万7千ダメージらしい。

意外と少ないな・・・。 ←完全に勝ちを確信して遊んでいる。

 

 

反撃の闇イフ

あ…れ!?

 

 

待て待て待てーい!

落ち着け!

ここで一旦状況を整理しないと。

光カウガールがなぜ倒されている?

体力ほぼ満タンだったはず。

それに闇イフに攻撃デバフも付けてたはず。

それなのに1撃?

これはおかしい、きっとバグだ!

 

たぶんですが、相手の闇イフが攻撃デバフ解除してからのクリティカル攻撃炸裂?

なんじゃないかなと思います。

 

やってしまいました。

完全に油断してました・・・。

 

 

次はスペクトラまでも撃沈・・・

でも相手の体力も少ないし、これならまだイケそうです。

 

 

あ゛ー!!

なぜそこで(耐久力が一番低いであろう)カリンに!?

唯一の回復役が落とされた!!

 

 

がんばれ!がんばれ!

負けるな!あと一息だ!!

 

 

なんてこったい!

 

 

そのあと眠い目を擦りながらもレッドブルで耐え、計7度に渡る激戦を繰り広げましたが、また負けたとさ。

おしまい。

 

さいごに

今日は負けてしまいましたが、油断と眠さによる操作ミスさえしなければ勝っていたはずです。 ←言い訳。

それに光カウガールのレベルを上げきれば勝率も上がるはず。 ←言い訳。

 

私の中では今のままでも勝てそうな気がするので(運も必要ですが)、明日再挑戦して記事を書こうかと思います。

 

それでは!

 

つづき

こちらは今回の続きとなっています。

コナミヤさんを使ってみた結果やいかに??

 

あわせて読みたい!

 

闇イフシリーズ

全三部作の壮絶ストーリー!

かけた時間もエネルギーも半端じゃない!

 

可愛そうだと思った方はこちらから。

 

あわせて読みたい!

 

試練の塔に挑戦シリーズ

記事数が多くなったので、新しいページに目次を作りました。

読んでくれる方は、こちらからお願いします↓↓↓

 

 

それから、総まとめページ(ハード攻略)を作りました。

無課金の方で、試練の塔に行き詰まっている方はぜひ読んでみてください↓↓↓


スポンサーリンク



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

名前:勇者ウォン
特技:ギガスラッシュ
好きなもの:平和な世界
嫌いなもの:魔王

 

すぐ調子に乗るのが特徴で、このブログの管理人。

今は2つの世界(ドラクエ6・サマナーズウォー)を旅して回っている。

そのうち世界を救うらしい。
 詳しいプルフィールはこちらから

ドラクエ

攻略まとめ記事

モンスターの気持ち









その他

おすすめ記事

ピックアップ記事

2017.7.13

楽しさ最上級!サマナーズウォーが面白過ぎる3つの魅力を紹介

サマナーズウォーがマイブーム!! 私は今、サマナーズウォーというゲームをやっています。 配信から3年くらい過ぎていていますが、今更ど…

カテゴリー

ページ上部へ戻る