ドラクエ4ホフマンのため洞窟へ!5章裏切り小僧倒して馬車ゲット

これはとある勇者一行が、デスピサロを倒す旅の物語。

(ドラクエ4 第5章)

 

一切喋らない勇者は何を考えていた?

 

今日はそんな勇者について書いていきます。

それでは、ご覧ください。


スポンサーリンク


 

はじめに紹介

まずはドラクエ4を知らない方のために、超ざっくり紹介します。

ドラクエ4は、1章から5章まで章が分割されていて、それぞれの仲間たちが主役となって冒険をしていきます。

それぞれに悲しい過去や出来事が起こりつつ物語を進め、5章でようやく勇者の元へと集結。

そして力を合わせ、魔王討伐へと動き出します。

 

更に、本シリーズでは敵の事情についても深く語られていきます。

これまでのRPGの「敵=全て悪いヤツ」という考え方が覆され、冒険を進めるうちに「ボスが可哀想」となる珍しいゲーム。

(人による。)

敵味方含め、今まで以上に心情を描いた素晴らしいゲームがドラクエ4なのです。

 

以上、説明おしまい!

それではここから、私が考える勇者&仲間たちの新たな一面についてお話していきます。

 

前回記事

こちらは前回記事のつづきとなっております。

勇者がマーニャとミネアを仲間にしたお話はこちらから。

 5章マーニャ&ミネアとの出会いは最悪!ドラクエ4勇者が困惑した訳

 

悲劇の勇者は今日も行く

僕はドラクエ4の勇者。

エンドールで我儘姉妹二人に捕まったことから、日々こき使われています。

今日はそんな僕と二人の、とある一日。

 

「勇者様、私の占いによると、東に進むと良いそうですよ。」

「何言ってるのよミネア、今日もカジノに行くに決まってるじゃない。」

「お二人とも、まずは僕のレベル上げをさせてほしいんだけど。」

「アナタの都合なんてどうでも良いわ!! ×2」

 

東の地へ冒険!

激しい姉妹喧嘩の末にミネアが勝ち、東の地へ行くことに。

噂で聞いたトルネコの情報を頼りに旅を進めます。

 

「あ~歩くのしんどいわね。勇者様おんぶしてよ。」

「姉さんだけズルいわ。私だって歩きたくないわよ。」

「そうだ勇者様、アタシをおんぶしてミネアを抱っこしなさいよ。そうすればアタシ達は楽出来るわ!」

「さすがに二人同時はちょっと。」

「何よ、アタシ達が重いって言いたいの?」

「・・・」

 

「でもこのままずっと歩くのも効率悪いわよね。」

「そうね。ドラクエと言えば馬車だから、私たちも早く馬車がほしいわね。」

「そうだ!アタシたちの故郷にいる、カルビン号に引っ張ってもらえば良いんじゃない?」

 ※姉妹の故郷にいる牛で、マーニャがいつか食べようとしている。

 

「姉さんバカね。牛が引っ張れるわけないじゃない。それに人様の牛よ?」

「お二人とも、ちょうど今向かっている東の地に、馬車を持っている人がいるみたいです。譲ってもらえるか聞いてみましょう。」

「そうね。そうと決まれば早く行きましょう!」

 

 

3人は東の地に向かい、足早に歩いて行く。

 

砂漠の宿屋

「あ~疲れた。もうカジノに行きたい!!」

「姉さん、こっちまで疲れるから黙っててよ。」

「あ、ちょうど良い所に宿屋がありますね。」

「しかも馬車もあるじゃない。譲ってもらえるか確認しましょ?」

 

 

3人は宿屋に入り、馬車の持ち主らしき人へ交渉に向かいます。

 

 

「ねえ、馬車を譲ってほしいんだけど?」

「お前らなんて信じられるか!あっちへ行け!」

「な、何よ。アタシたちのどこが信じられないのよ!」

「全部だ全部!このバカギャンブル狂め!」

 

「そりゃあ姉さんなんて信じられないわよね。。私のことなら信じてもらえるかしら?」

「お前だってボッタクリ占い師だろ?それに見た目に似合わず毒舌だって聞いてるぞ!あっちへ行け!」

 

「そうかそうか。じゃあ勇者の僕なら信じられるかな?」

「勇者?一番弱そうなお前が??せめてライデインくらい覚えてから出直しやがれ!」

 

 

3人は否定することができず、少し離れて作戦会議をすることに。

 

ホフマンの過去

「何よあの男。頭くるわね。」

「でもあの人に気に入られないと、馬車が手に入らないわ。」

「そうね。馬車は欲しいし、馬車がないとさすがにこの先の南の砂漠は超えられないわね。」

「お二人とも、ちょっと情報収集してきたんですが、あの男の過去が分かりました。」

 

 

そして勇者は、姉妹二人にゆっくりと語りだします。

ホフマンが過去に東の洞窟に行ったこと。

洞窟内で仲間に裏切られてボロボロになって帰ってきたこと。

帰ってきてからふさぎこんでしまい、誰の話も信じなくなってしまったこと。

 

3人は、裏切りの洞窟へ行けば何か分かるかと思い、冒険に旅立ちます。

 

裏切りの洞窟

「洞窟嫌ね。ジメジメ~!ベトベト~!!」

「姉さんうるさい!ちょっとは静かに出来ないのかしら?」

「うるさいわね。妹のくせに。」

「姉だからって何が偉いの??」

「ムキー!」

「ギャアギャア!」

「お二人とも、魔物が出てくるかもしれないので静かにしてくださいね?」

 

「・・・」

「・・・」

「・・・」

「あれ、急に静かになったな。」

「え?後ろにいたはずの二人がいない!?」

 

 

どうやら洞窟のトラップに引っかかり、地下へ落とされてしまったようです。

 

 

「これは困った。さてどうしよう。」

「なんたって僕はレベルが低いからな。レベル33のあの二人がいないとイチコロだぞ??」

「早く探しに行かねば!」

 

 

勇者は血相を変えて、二人を探しに地下へ地下へと進んでいきます。

 

優しい姉妹

「ああよかった! 助けにきてくれたのね。」

「怪我はなかった?」

「あれ、この二人やけに優しいな。まるで別人みたいだ。」

「いつもこうじゃない。3人仲良く進みましょ?」

「絶対違う。お前たち偽物だろ?」

「なぜ分かった?お前なんてこうだ!」

 

ベロベロ×2が現れた!

 

 

「うわ~倒される~、本物のマーニャさんミネアさん助けてよ!」

「お前勇者のくせに弱そうだな。」

「ふん、僕なんてただの飾りさ。真のボスはあの二人だぞ?」

「よく分からんが、お前が威張ることじゃないだろう・・・」

「まあ良い、勇者成敗!」

 

 

勇者とベロベロの戦いが始まる。

 

か弱い姉妹

「ふう、さっきはひどい目にあった。」

「まさか二人の偽物が現れるとは。」

「でも普段二人にイジメられて鍛えられてるおかげか、結構余裕で勝てたな~」

「もしかして僕って強い??」

※事前にエンドールとモンドールに寄って最強装備買っただけ。

 

 

「あれ?マーニャさんとミネアさんが今度は魔物に追いかけられてる!」

 

 

「でもちょっと待てよ。」

「あの二人はレベル33の化物だぞ!?」

「ここいらで最強のはずなのに、逃げ回る必要なんてあるのか?」

「もしかしてまた偽物だな!」

「もう騙されないぞ!」

「・・・」

「・・・」

「話しかけないとストーリー進まないじゃん・・・。」

「もう戦いたくないのに。」

 

「助けに来てくれたのね?」

「どうせ偽物なんでしょ?」

「違うわよ。酷いわ!」

「え、違うの?」

「そうそう、今度こそ本物よ。こっちにいらっしゃいよ。」

「良かったー。」

 

 

この後おバカな勇者は騙され、不意打ちを喰らったのは言うまでもない・・・。

 

 

スポンサーリンク



 

 

はい?? それともいいえ?

「ふう。またひどい目にあった。」

「まさかまた偽物だったなんて。」

「それに裏切り小僧2体も出てくるなんてズルいよ。」

「あいつら攻撃力高いから、1回で6~8ダメージも食らうんだよ?」

「理不尽じゃないか。」

 

 

そう言ってぶつぶつと文句を言いながら進んでいくと、また姉妹二人らしき人物が。

さて、今度こそ本物に出会えるのでしょうか?

 

 

「どうせ次も偽物でしょ?今度は先手必勝だ!」

 

 

「何?相手も同じことを考えていただと?」

 

 

「そうそう、僕本物。」

 

 

「もしかして疑われてる?ここはユーモアを効かせて軽いジョークで答えよう。」

 

 

カジノでスッたのはミネアである

はい  ←
いいえ

 

 

ミネアはものすごい形相でこちらを睨んでいる!

勇者は立ちすくんだ!

 

 

「やだ、怖い!」

「この殺気はミネアさんそのもの!」

「絶対に本物のミネアさんだな!」

 

 

「違うわよね!?」

「ち、違います。カジノでスッたのはマーニャさんです。」

「良かった。姉さん、この勇者様は本物みたいね。」

「こ、殺されるかと思った・・・。」

 

 

勇者は無事二人と再会し、洞窟奥底で信じる心を手に入れたのでした。

 

馬車ゲット!

3人は手に入れたお宝を握りしめ、ホフマンのいる宿屋へと戻ります。

 

「はいあげる。」

 

 

「え、君も仲間になるの??馬だけで良いよ。。」

 

 

「ようやく馬車が手に入ったね。」

「名前は勿論ファルシオンですよね?」

「こいつはパトリシアだ!」

 ※ファルシオンはドラクエ6の馬

 

 

「ねえ、アタシ達せっかく馬を手に入れたのに、全員馬車の外じゃない!」

 

 

「仕方ないですよマーニャさん、ドラクエは4人外が基本ですから。」

「これは一刻も早くトルネコを仲間にして、アタシの代わりに働いてもらわなけきゃね。」

 

勇者たちの旅はつづく。

 

つづき

馬車だけじゃ物足りない!

船を求めて勇者がゆく!

 ドラクエ4船入手のため大灯台へ!灯台タイガー倒してトルネコが歓喜

 

5章シリーズ一覧

 

【それ以外のドラクエキャラ紹介】
それから、他のドラクエキャラ紹介を見たい方はこちらから。


スポンサーリンク



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

名前:勇者ウォン
特技:ギガスラッシュ
好きなもの:平和な世界
嫌いなもの:魔王

 

すぐ調子に乗るのが特徴で、このブログの管理人。

今は2つの世界(ドラクエ6・サマナーズウォー)を旅して回っている。

そのうち世界を救うらしい。
 詳しいプルフィールはこちらから

ドラクエ

攻略まとめ記事

モンスターの気持ち









その他

おすすめ記事

ピックアップ記事

2017.7.13

楽しさ最上級!サマナーズウォーが面白過ぎる3つの魅力を紹介

サマナーズウォーがマイブーム!! 私は今、サマナーズウォーというゲームをやっています。 配信から3年くらい過ぎていていますが、今更ど…

カテゴリー

ページ上部へ戻る