ドラクエ3章で楽に効率良くゴールド集める方法!悪徳トルネコ流お金稼ぎ術

これはとあるバイト店員が、世界一の武器商人を目指して旅に出た物語。

(ドラクエ4 第3章)

 

ネタキャラとして馬鹿にされているトルネコはどんな人なの?

トルネコの評判とは?

 

今日はそんなトルネコついて書いていきます。

それでは、ご覧ください。


スポンサーリンク


 

はじめに紹介

まずはドラクエ4を知らない方のために、トルネコについて簡単に紹介します。

もうそんなの知ってるよ!って方は、読み飛ばして次の章へ!

 

トルネコ

自分の店を持つことを夢見た一人のオッサン。

開店資金を調達するため、しょっちゅう店をサボってモンスターからお金をむしり取り、ダンジョンのお宝を盗んでお金を稼ぎ、挙句の果てには愛妻弁当すらも売り払うお金の亡者。

どうしようもない男である。

 

戦闘面では弱すぎて役に立たないが、遊び人や盗賊の技を覚えるため意外と便利。

とくに、「くちぶえ」や相手からアイテムを盗む技(一定確率でランダム)は重宝する。

 

それから、本作品ではそれほど活躍してないくせに、勝ち組であるのが腹立たしい。

年下の美人妻とイケメンの息子がおり、更にはスピンオフ作品のおかげで大出世している。

 

ネネ

トルネコの妻。

かなりの美人で、なぜトルネコと結婚したのか分からないほど良い人。

とにかくトルネコが羨ましい。

 

お店を構えた後は店員として働き、トルネコもびっくりなほどの手腕を見せる。

なぜか新品の買値よりも高値で売ることができ、どうやっているのかは永遠の謎である。

更には銀行を営んだり、なんでもできる。

 

ポポロ

トルネコの息子。

イケメンで、将来はかなり格好良くなりそうな顔立ちをしている。

おそらく(というか間違いなく)、ネネの遺伝を色濃く受け継いだのであろう。

 

スピンオフ作品で大人気に。

モンスターを仲間にすることができる、ドラクエでは珍しいキャラ。

 

 

以上、説明おしまい!

それではここから、私が考えるトルネコの新たな一面についてお話していきます。

 

前回記事

こちらは、前回記事の続きとなっております。

狐退治するまでのお話はこちらから。

 弱いけど泥棒テクはレジェンドランク!ドラクエ4裏の主役トルネコに密着

 

モンスターたちの噂

ここはモンスターたちが集う秘密の場所。

 

 

「ヒソヒソ。ヒソヒソ。」

「トルネコのやつ、また悪さするのかな?」

「あいつのことだから、何かしらやるだろ。」

「確かにな。トルネコだもんな。」

 

「そういえばあいつ、次はエンドールに向かっているらしいぞ。」

「また様子を見に行くか?」

「そうだな。もしかしたら新しい弱点が見つかるかもしれない。」

「じゃあドラキー一族、今回もお前たちが偵察してきてくれ。」

「よし任された。」

 

ドラキーたちはスクープ写真を撮るべく、トルネコの行き先へ向かっていった。

 

横流し

「あいつ、ボンモール城で鉄の前掛けばっか売ってやがるな。」

「あれは利益率が一番高いからな。」

 

「ボンモールは防具不足で、他国で買った値段の最大2倍で売れるからボロ儲けできるらしい。」

「そんなに簡単に売れるのか?」

「何度も話しかけると値段が変わるから、粘り強く話しかけると高く売れるらしいぞ。」

「しつこいあいつにピッタリな仕事だな。」

 

「お、ついに最高額の3000Gが出たよ。」

 

 

「まだ売り続けるのか?」

「いつもいつも同じだな、鉄の前掛けばかり売りやがって。困ってるんだから盾とか兜とか違う物も持ってきてやれよ。」

「あいつにそんな優しさがあるはずないだろ?」

「一番高く売れるものだけを売る。それがあいつだ。」

「商売人の鏡でも、人としては最悪だな。」

 

 

トルネコは鉄の前掛けばかり売り続ける。

全ては昔からの夢であった自分の店を持つため。

えげつない商売でせかせかとお金を働き、店の軍資金をみるみると貯めていくのであった。

 

ゴマすり

「おい、あいつ何してんだ?」

「モンドール王子の手紙をエンドール王に届けてるらしい。」

「あれで王様に恩を売りつけて、自分の店を持つ許可をもらおうとしているみたいだな。」

 

 

「でも許可が出たからって、すぐに商売を始められるものなのか?」

「店とか土地はどうするんだ?」

「じいさんから35000Gで譲って貰えるらしいぞ。」

「随分と高いな。普通払えねえよ。」

 

「でもあいつ、一括払いしやがったぞ?」

「相当金を溜め込んでやがるな。」

「あいつは家に仕送りもしなければ生活費も払っていない。働いた金は全て自分のポケットに入れるほどのドケチだからな。そのくらい貯まるさ。」

「なんでお前は人様の家の財布事情まで知ってるんだよ?」

「俺はトルネコマニアだからな。トルネコのことなら何でも知っている。」

 

 

トルネコは両国の遣いを見事果たし、ついに自分の店を持つことに成功した。

そして家族をエンドールに呼び付け、開店の準備を進めていく。

 

しかしながら、トルネコの行動には目を疑うものがある。

武器屋のバイトを急遽辞め、おそらく子供だって急に転校させられることになったであろう。

妻だって何も知らなかったはずだ。

全くもって身勝手な男である。

 

 

スポンサーリンク



 

天才ネネ

「ついにあいつの店が開店したみたいだな。」

「あいつのことだ。きっとろくでもねえ店になるに違いねえ。」

「全くだ。どんなボッタクリ商売をするのか楽しみだな。」

 

 

「そういえば、あの店でトルネコは働かないのか?」

「奥さんのネネが代わりに働いている。」

「家事は?」

「もちろんネネだ。」

「子育ては?」

「それもネネだ。」

 

「じゃああいつは何をしているんだ?」

「隣の店で商品をたくさん買って、それを台車で運んでネネに届けている。」

「それだけか?」

「ああ。あとは寝て起きれば、ネネのおかげで商品がほぼ全て売れている。」

 

「あいつの目利きが凄いから、そんなに簡単に売れるのか?」

「いや、ネネはどの商品でも新品価格の1.5倍で売ってくれるぞ。」

「おそろしい才能だな。」

 

「稼いだ金はどうしているんだ?」

「全額トルネコに渡している。」

「ネネの配当は?」

「そんなものはない。」

「・・・」

 

 

トルネコはネネのおかげで巨万の富を稼ぎ出し、資産を増やしていく。

そして店の運営にも慣れてきた頃、王様や村人から注文を受けるのであった。

 

注文依頼

「あいつ、王様から武器の注文を受けたぞ。」

「これで6000G貰えるらしい。」

 

「でも無視しやがったな。」

「ネネに武器売って貰った方が稼げるからな。」

「あいつは王様の頼みだろうが、金にならないことはやらないよ。」

「なんて生意気なんだ。やっぱり人間の屑だな。」

 

 

「今度は銀の女神像の注文を受けたぞ。」

 

「これで25000G貰えるらしいが、まさかな。」

「そのまさかだ。あいつはきっと無視するだろう。」

「それにこのイベントも必須じゃない。」

「おいおい、第3章だけ自由すぎるんじゃねえのか?」

「全然人助けしないし、ボスがいないのも3章だけじゃねえか。」

「トルネコだからな。あいつには何も期待できねえ。」

 

 

トルネコの資産

「おい、あいつはどのくらい資産を持っているんだ?」

「金はもうほとんど持ってないが、アイテムは2時間でこんなになってるぞ。」

 

「こんなにアイテムを集めてどうするんだ?金じゃだめなのか?」

「金は集めても5章に引き継げないが、アイテムは引き継げるからな。」

「それにこの後武器屋を辞めて銀行に変わるんだよ。」

 

「ちょっと待てよ。あいつあんなに稼いだのに、武器屋時代の税金払ってないよな。」

「それってつまり?」

「所得隠し&計画倒産(震え声)」

 

トルネコの悪事はまだまだつづく。

 

つづき

悪だと思っていたトルネコも実は寂しかった?

孤独なトルネコが感じていたこととは?

 ドラクエ4史上初!ロレンスら仲間を金で買った3章の孤独男トルネコ

 

トルネコシリーズ一覧

 

【それ以外のドラクエキャラ紹介】
それから、他のドラクエキャラ紹介を見たい方はこちらから。


スポンサーリンク



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

名前:勇者ウォン
特技:ギガスラッシュ
好きなもの:平和な世界
嫌いなもの:魔王

 

すぐ調子に乗るのが特徴で、このブログの管理人。

今は2つの世界(ドラクエ6・サマナーズウォー)を旅して回っている。

そのうち世界を救うらしい。
 詳しいプルフィールはこちらから

ドラクエ

攻略まとめ記事

モンスターの気持ち









その他

おすすめ記事

ピックアップ記事

2017.7.13

楽しさ最上級!サマナーズウォーが面白過ぎる3つの魅力を紹介

サマナーズウォーがマイブーム!! 私は今、サマナーズウォーというゲームをやっています。 配信から3年くらい過ぎていていますが、今更ど…

カテゴリー

ページ上部へ戻る