ダーマ神殿にいる爺さんは何故ぴちぴちギャルになりたいのか

皆さんは知っているだろうか?

ダーマ神殿に生息している、あの変態を。

今日はそんな変態こと「ぴちぴちギャルになりたい爺さん」について考察していきます。

 

それでは、ご覧ください。


スポンサーリンク


 

ぴちぴちギャルになりない爺さんって誰?

まずは変態爺さん・・・じゃなかった、ぴちぴちギャルになりたい爺さんについて説明します。

もしかしたら知らない人もいるかもしれないしね。

 

その爺さんはダーマ神殿発足と共に出没し、現最新作にも登場するキャラ。

全くの別人なのか、もしくは代々ピチピチギャルを目指さなければいけない家系なのか?

その答えは記されていません。

ただ、毎作ダーマ神殿が登場すると出てくることだけは確か。

とにかくこんな風に、ひたむきな気持ちでギャルを目指しているのです。

 

ミレーユ
健気ね。
お爺さん、その想い、いつかきっと叶うわよ。
バーバラ
本当にそう思うの?
ミレーユ
・・・。
いいえ。
バーバラ
ひどっ…

 

ぴちぴちギャルになるのは男のロマン

なぜ爺さんは「ぴちぴちギャル」になりたいのだろう?

どちらかというと「ギャルからモテる男」とかが普通じゃない?

そう思っていた時期が私にもありました。

しかし、私はある日悟ってしまったのです。

とある本によって。

 

え、その本は何かだって?

それはドラクエ6のリメイクに登場する本。

中身を調べるとこんなことが書いてあるのです。


「ぴちぴちギャルを目指すものが後を絶たないのは男のロマンだからだ。」

 

あれ、ぴちぴちギャルってそんなに人気だったの?

もしや私は世間一般の考え方とはズレている?

はっ、なんか段々ぴちぴちギャルになりたくなってきたぞ!

 

爺さんはぴちぴちギャルになれるのか?

ドラクエには「ぴちぴちギャル」という職業はありません。

なので当たり前ですが「ぴちぴちギャル」にはなれません。

でも待てよ。

ドラクエの世界って、ダーマ神殿にない職業があるよね?

例えば村長とか宿屋の店員とか。

その人たちってどうやって職業に就いたんだろう?

 

つまり何が言いたいのかと言うと、ダーマ神殿で公になっている職業以外が存在する以上、「ぴちぴちギャル」になるのも可能性があるということ。

もしかしたら隠れた条件があるのかもしれないし、ドラクエ7のモンスターの心みたいな制度だって考えられる。

もしや村に生息しているぴちぴちギャルを捕まえて(ナンパして)心を射止めれば、「ぴちぴちギャルの心」が手に入るかもしれない。

そうすればあの爺さんだって晴れてギャルの仲間入り。

そんな可能性だってある訳なのです。

 

進化する爺さん

あの爺さんはぴちぴちギャルになるため、日々精進しています。

努力を惜しまず、1日だって修行を欠かしません。

なので時には変装してみたり、時には言葉遣いだって最新のギャル語を披露しているのです。

進化したギャル後はこちら。

○ドラクエ3
 きゃー うれぴー!

○ドラクエ3リメイク
 ぐうぐう……。やだ~。
 だってえ あいつって
 チョベリガンブロンだしい……

 

ちょ、ちょべりがんぶろん?

現代人の私には何を言っているのかサッパリ、、

でもこの当時は流行っていた流行語みたい。

 

 

それにドラクエ7では遂に何かを掴んだみたい。

もうすぐじゃ……。
もうすぐ わしは
ぴちぴちギャルになるんじゃ!

 

でも未だに本物のギャルにはなれていません。

コツを掴んでからも相当な鍛錬が必要なようです。

頑張れ、爺さん!

 

 

スポンサーリンク



 

爺さんがぴちぴちギャルを目指す理由

最後に今日のお話をまとめてみます。

ちなみに私の個人的な考えなので異論は認めます。

 

 

あるところに一人の若者がいました。

その若者は少し変わり者で、村人から疎ましく思われていたのです。

物を隠されたり、ちょっかいを出されたり。

イジメられる日々が続きます。

 

もしかしたら自分が必要とされる地があるのかもしれない。

自分にしかできないことをしてみたい。

そう考えて若者は旅立ちました。

そしてある日気づいたのです。

ああ、俺はぴちぴちギャルになりたいんだ。

と。

若者はぴちぴちギャルになるため頑張りました。

 

しかし、待てども待てどもぴちぴちギャルにはなれません。

そうするうちに若者は成長し、妻を貰い受け、子供を授かり、遂には年をとって爺さんになってしまいます。

そして天珠を全うして死ぬ間際、一人の息子にこう託すのです。

「ワシはついにぴちぴちギャルになることはできなかった。
 この無念はお前が必ずや晴らしておくれ。」

息子はオヤジの願いを叶えるため、ピチピチギャルを目指します。

そして同じように年をとり、また息子に託す。

そうやって代々ピチピチギャルを目指す家系が出来上がったのです。

 

時は過ぎて数千年。

あの一族は未だにぴちぴちギャルを目指しています。

爺さんはダーマ神殿に辿り着き、ギャル語を勉強し、変装してファッションも覚え、できる限りを尽くす頑張り者。

そして遂にギャルまであと一歩のところまで辿りつきます。

するとどうだろう?

今まで不審な目で見ていた周囲の反応が変わってきます。

中にはギャルを目指す者も現れ、それが男のロマンとなる。

最終的にはダーマ神殿にギャルを目指す爺さんが押し寄せて混乱する場面まで出てきます!

※ドラクエ11 3DS版

 

それでもギャルになれない爺さんたち。

それほどまでにぴちぴちギャルへの道のりは険しいよう。

爺さんたちの挑戦はまだまだ続きます。

おしまい。

バーバラ
それなら娘を産めば良かったのに。
ミレーユ
きっと「たまたま」生まれなかったのよ。

スポンサーリンク



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

名前:勇者ウォン
特技:ギガスラッシュ
好きなもの:平和な世界
嫌いなもの:魔王

 

すぐ調子に乗るのが特徴で、このブログの管理人。

今は2つの世界(ドラクエ6・サマナーズウォー)を旅して回っている。

そのうち世界を救うらしい。
 詳しいプルフィールはこちらから

ドラクエ

攻略まとめ記事

モンスターの気持ち









その他

おすすめ記事

ピックアップ記事

2017.7.13

楽しさ最上級!サマナーズウォーが面白過ぎる3つの魅力を紹介

サマナーズウォーがマイブーム!! 私は今、サマナーズウォーというゲームをやっています。 配信から3年くらい過ぎていていますが、今更ど…

カテゴリー

ページ上部へ戻る