幻よくらえ!ドラクエ6地底魔城に住まう1回目ムドーの正体を暴け

「では、また会おうぞ!
 わっはっは!」

「そうはいくか!
 くらえ、必殺の正体暴き!」

「ぐわあ!」

 


スポンサーリンク


 

はじめに

この記事はドラクエ6リメイク(スマホ版)を元に書いています。

所々好き勝手書いているので、原作とは多少違うのであしからず。

 

ドラクエ6をやったことがない方も、昔やったけど内容忘れてしまったかも、ぜひ読んでやってください。

それでは、始まり始まり。

 

前回記事

こちらは前回記事の続きとなっております。

地底魔城で落ちまくった勇者のお話はこちらから。

 

あわせて読みたい!

 

忘れ去られていた記憶

これはとある勇者一行(ドラクエ6)の物語。

勇者たちは地底魔城を進み、1回目ムドーを目指して旅をしています。

 

「よし、ついにムドー戦か。
 どんな姿してるのか楽しみだぜ!」

「ちょっとハッサン忘れたの?
 私たちは既に1度対戦してるじゃない。」

「え、そうだったっけ?」

「ほら、オープニングのとき。」

「はて、そんなこともあったような?」

「ねえねえ!
 じゃあ、もしかしてアタシも一緒だったとか?」

「いいえ、バーバラはいなかったわ。」

「そんな・・・。」

 

 

勇者たち一行は、実は既にムドーと対戦済み。

しかも、こてんぱんにやられています。

「完膚なきまでに・・・」とはこのことを示すくらいの負けっぷりでした。

そのときの様子はこちら。

あわせて読みたい!

 

 

でもゲームが始まってすぐの出来事だったので、ハッサンはすっかり忘れてしまったよう。

本当に忘れていたのか、はたまた忘れ去りたいくらい嫌な思い出だったのか・・・。

このことはハッサンにしか分かりません。

どうでも良いようで良くない補足

タイトルには1回目ムドーとありますが、これは一般的に『地底魔城編』を指します。

本当は2回目なのに、なぜ1回目となっているのか理由は分かりません。

 

ミレーユ
主人公が負けた戦いなんてノーカウントに決まってるじゃない!
ハッサン
おいおい、それはズルくないか?
ミレーユ
ハッサンのくせに黙ってて。

 

いざ、尋常に勝負!

主人公たちがボスの元にたどり着くと、そこにはなんとも強そうな魔物が!

じゃなくて、、

カエルのような魔物が待ち受けます。

 

 

これならバーバラだけでも勝てそう。

なんかこのボスが可哀想になってきました。

ムドー
だれが醜いカエルだって?

 

 

「お前がムドーか?」

「いかにも。」

「じゃあ、この世界を支配している悪者で良いんだよな?」

「もちろんだ。」

「でも強そうに見えないんだよなぁ。」

「そう言ってられるのも今のうちだぞ?
 このワシの強さを思い知れ!」

「弱い者イジメみたいで気が進まんけど、やるしかないか。」

 

 

ここから、勇者たちと魔王ムドーの1回目の戦いが始まります。

 

可愛そうなムドー

魔王ムドーとの決戦が始まってしばらく後。

ハッサンの右ストレートがムドーの脇腹に炸裂し、ムドーは痛そうにうずくまります。

そこに勇者たちは追い打ちを掛け、またたく間のうちにムドーを倒してしまうのでした。

 

 

ムドー
ちょっと待て。
ハッサン
なんだよ。
ナレーションを遮るなよ。
ムドー
戦闘シーンこれだけ?
ハッサン
仕方ないだろ?
ブログ主の語彙力と表現力がないから基本カットだぜ?
ムドー
ぐぬぬ。
ワシだって頑張ったのに。
ハッサン
それは残念だったな。
ムドー
というか、お主ら3度ほど全滅しただろ?
それはどうした?
ハッサン
もみ消して無かったことになった。
ムドー
なんだと?

 

 

邪魔が入りましたがお話は戻ります。

ムドーを倒して喜ぶ勇者たち。

でも悔しそうに見えないムドー。

おかしい。

これは何かがおかしい。

ムドーは瀕死なのに、この不気味さはなに?

まだ奥の手を隠しているようです。

 

 

「おいおい。
 追いつめられたのに、ずいぶんと余裕そうじゃねぇか。」

「わっはっは。
 お主らにはワシは倒せぬ。
 ワシはチートの力によって不滅なり!」

 

 

「小癪な!
 くらえ、ラーの鏡!」

「む、その鏡はもしや??」

 

 

逃げようとするムドーに対してハッサンはラーの鏡を取り出し、ムドーの正体を暴きます。

すると辺り一面に漂っていた邪悪な気配が消え去り、代わりに困惑した中年男が姿を表したのでした。

 

暴かれるレイドック王の悪行

「あれ、ワシは何をしているんだ?
 ここはどこだ?」

「あなた、私が分かる?」

「おお!
 お前はワシの妻、シェーラじゃないか!」

「良かった、記憶はあるみたいね。
 それより、あなたはレイドック王なんだから早くここから帰るわよ。」

「おいおい、ちょっと待てよ。
 ムドーだと思ってたのに正体がレイドック王?
 訳がわからないぜ!」

「はて、ワシがムドー?」

「すっとぼけるな!
 さっきまで悪事を働いていたくせに!
 ただでは返さんぞ!」

「ちょっとハッサン、許してあげましょうよ。」

「そう言われればムドーだったような・・・。」

 

 

なんとこのレイドック王、さっきまでムドーだった記憶がほとんどないみたい。

あんなに悪事を働いたくせに、全く悪気が感じられません。

それに夢だからという理由で片付ける始末。

なんとも責任感のない、ズルい大人です。

 

 

しかもこのレイドック王、到着した他人(レイドック王は現実の世界の王様で、夢の世界の兵士たちは部下でもなんでもない。)にいきなり命令し、怒鳴り散らします。

なんて自分勝手なんだ!

 

 

それに褒美をとらせるなんて偉そうなことを言っていますが、この王様が必要なのは『謝罪』と『損害賠償』。

しかも褒美をくれるのはかなり先の話で、このあと魔王討伐を押し付けられてしまいます。

 

実はレイドック王の正体は魔王ムドーよりも極悪なのでは?

 

 

ムドー
人間のくせに、なかなか見ごたえのある悪代官っぷりだな。

 

 

スポンサーリンク



 

レイドック王が帰ってこない!

地底魔城を脱出した勇者たちは、王様に言われたとおりにレイドック城へと向かいます。

しかし、待てども待てどもレイドック王が帰ってくることはありません。

これは何か事件が起きたのか?

勇者たちは不安の中、城内にて一晩過ごすのでした。

 

 

「レイドック王たち、どこで寄り道してるんだ?」

「私たちよりは先に出発したはずよね。
 おかしいわね。」

「お前たち、本当にレイドック王はこちらに向かっているんだろうな?」

「俺たちを疑うってか?」

「そうとは言ってないが。
 よし、もう一度探して来てくれ!」

 

 

「面倒くさいなぁ。
 あの王様、どこ行きやがったんだ。」

「ハッサンは鈍いんだね。
 レイドック王が言っていたのは、あっちの世界のことだよ!」

「そうか!
 もともと現実世界の王様だもんな!」

「そうと決まれば出発だね!
 早く行こうよ!」

 

 

勇者たちはようやく理解したよう。

レイドック王に会って褒美を貰うため、現実世界のレイドックへと向かいます。

 

褒美くれるって言ったのに!

現実世界のレイドックに到着した勇者たち。

どんな褒美を貰えるのかと胸をワクワクさせています。

すると??

 

 

「お前たち、この前のニセモノ王子とその一味だな?」

「そうだぜ。」

「王様から話は聞いている。
 ついてこい。」

「どこに連れて行かれるのか楽しみだぜ。」

「きっとVIPルームに美味しいご馳走が待ってるんだよ!」

「バーバラはお子様だな。
 そんなもんよりお宝だぜ。」

 

 

「ここで大人しくしていろ。」

「あれ、ここは待合室には見えねぇけど?」

 

 

「アタシ、やっぱり着いていく人間違えちゃったのかな。」

 

 

勇者たちの旅はまだまだ続く。

 

ムドー
ざまあ見ろ。
ワシを倒すからこうなるんだ。
ハッサン
ニセモノは黙ってろ!

 

けっきょくムドーの正体ってなんだったの?

最後に補足。

ムドーはたしかに存在しますが、今回の1回目で対戦したのはニセモノ。

なんと本物のムドーは別にいるのです。

ではなぜこうなったのか?

答えはレイドック王本人の回想で明らかになります。

王様の回想

現実世界で魔王討伐に向かうため、レイドック王は自らが部下の兵士と一緒に旅立ちます。

(このときはムドーは本物1人。)

 

 

しかし、旅の途中で突然苦しみだす王様。

 

 

気がつくと??

なんと、王様は夢の世界の魔王ムドーに!

 

 

これが原因で、現実世界の王様は眠りっぱなし。

毎日24時間、夢の世界のムドーとして勤しんでいたのでした。

後を追うシェーラ王妃

その後。

王様の妻、シェーラはなぜか夢の世界に旅立ちます。

ムドーの力も借りずにどうやったのかは分かりません。

でもきっと愛の力?が常識を覆したのでしょう。

そして夢の世界のレイドック王として君臨し、眠らずに魔王討伐に向けて働いていたとか。

もちろん現実のシェーラ王妃も眠ったまま。

 

つまり!

王様と王妃は現実世界では仲良く隣で寝たきりで、夢の世界ではお互い『敵』というよく分からない状況でした。

これも全ては魔王ムドーのせい。

さすがムドー。

歴代最強魔王と言われるだけあって、やることが凄すぎます。

 

ムドー
あまり褒めるでない。

 

つづき

ミレーユ
次は船を貰いにいくわよ。
バーバラ
ついでに仲間もできないかな?
ミレーユ
うーん。
チャモロなら仲間になるけど・・・。
バーバラ
やった!
これでアタシにもパシリ、、
じゃなかった、後輩ができるんだね!

 

あわせて読みたい!

 

ムドー討伐まで一覧

 

他のドラクエキャラ紹介を見たい方はこちらから。


スポンサーリンク



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

名前:勇者ウォン
特技:ギガスラッシュ
好きなもの:平和な世界
嫌いなもの:魔王

 

すぐ調子に乗るのが特徴で、このブログの管理人。

今は2つの世界(ドラクエ6・サマナーズウォー)を旅して回っている。

そのうち世界を救うらしい。
 詳しいプルフィールはこちらから

ドラクエ

攻略まとめ記事

モンスターの気持ち









その他

おすすめ記事

ピックアップ記事

2017.7.13

楽しさ最上級!サマナーズウォーが面白過ぎる3つの魅力を紹介

サマナーズウォーがマイブーム!! 私は今、サマナーズウォーというゲームをやっています。 配信から3年くらい過ぎていていますが、今更ど…

カテゴリー

ページ上部へ戻る