混乱して逃げるブラディーポを追え!ドラクエ6夢見の洞窟でしずく探し

ブラディーポは こんらんした!

ブラディーポは こんらんしている!

ブラディーポは にげだした!

 

ダメだよ!

それじゃあ経験値がもらえない!

追え、ハッサン!


スポンサーリンク


 

 

はじめに

この記事はドラクエ6リメイク(スマホ版)を元に書いています。

所々好き勝手書いているので、原作とは多少違うのであしからず。

 

ドラクエ6をやったことがない方も、昔やったけど内容忘れてしまったかも、ぜひ読んでやってください。

それでは、始まり始まり。

 

前回記事

こちらは前回記事の続きとなっております。

グランマーズに反抗して館を追い出された勇者たちのお話はこちらから。

 

あわせて読みたい!

 

 

いざ、夢見の洞窟へ!

これはとある勇者一行(ドラクエ6)の物語。

前回、グランマーズの館で散々反発した挙げ句、『いどまじん』に破れた勇者たちは、必殺の電源ボタンオフを駆使し、もう一度やり直します。

 

「もう一度チャンスをください。
 夢見の洞窟でもどこでも行きます。」

「分かればよろしい。
 そうじゃ、ミレーユを案内役として貸してやろうかの。」

「良いの?
 それなら最初から素直に従ったのに。」

 

 

勇者たちはミレーユを借りて洞窟へと出かけます。

 

時には勇者がやられ。

 

 

時には寒さに負け。

 

 

懐かしのスライムナイトに感動したり。

 

 

せっかく見つけたメタルスライムには当たり前のように逃げられたり。

 

 

それでも勇者たちはめげずに奥へ奥へと進んでいきます。

 

ブラディーポとの戦い

しばらく進むと、目の前には飲んべえのようなモンスターが。

夢見のしずくを美味しそうにゴクゴクと飲んでいます。

 

 

「うめえ!
 うますぎるわい!」

「おい魔物。
 その夢見のしずくをよこせ。」

「何だお前ら?
 さっさとどっかに行け。
 俺は忙しいんだ。」

 

この魔物、人間には目もくれず、ひたすらに夢見のしずくを飲んでいます。

それほどまでに美味しいのか、はたまた中毒性があるのか。

永遠の謎です。

 

「ダメだよこのアル中。
 全く人の話を聞かないよ。」

「後ろからいきなり殴りかかってみれば良いんじゃねえか?」

「それは主人公としてどうなのかしら?」

「大丈夫大丈夫。
 先手必勝っていう言葉もあるくらいだしな。
 勇者、やっちまいな!」

「それは使い方が違うと思うのだけれど・・・。」

 

勇者は目の前の魔物『ブラディーポ』に突然殴りかかり、強制的にバトルを始めるのでした。

 

 

スポンサーリンク



 

逃げるブラディーポ

しばらく戦闘を続けた後、ハッサンが懐から秘密兵器を取り出します。

 

「くらえ化物!
 これでお前もおしまいだ!」

 

ハッサンは ほしのかけらをつかった!

ブラディーポは こんらんした!

ブラディーポは こんらんしている!

ブラディーポは にげだした!

 

 

突然逃げ出すブラディーポ。

それにびっくりする勇者たち。

まさかドラクエ6の正式なボス自らが逃げ出すとは、一体誰が予想できたことでしょう?

勇者達は戸惑いながらも作戦会議です。

 

「え、相手逃げちゃったけど、どうする?」

「この俺の筋肉にビビっちまったみたいだな。」

「そんなわけないでしょ。
 ファミコン版のブラディーポは混乱すると時々逃げることがあるみたい。」

「へえそうなんだ。
 でもこれはDS版だよ?
 どうして?」

「それはブログの事情よ。」

「・・・。」

「そんなことより、逃したらダメだよ!
 これじゃあ大事な経験値がもらえない!」

「それはもったいないわね。」

「追え、ハッサン!」

「え、俺!?」

「だってボスが逃げたのはハッサンのせいでしょ?」

「それは否定できないわね。」

「ちくしょう!
 待て待てー!」

 

 

追跡を押し付けられたハッサンは野生的嗅覚でブラディーポを探し出し、一人でボッコボコにしたとか。

そして勇者たちは『夢見のしずく』を手にし、グランマーズの館へと帰還します。

ワンポイントアドバイス

ブラディーポを倒すコツは、とにかく『ほしのかけら』!

これがあるとないとでは、難易度が段違いに変わるのです。

あと『ルカニ』も大事。

 

『夢見のしずく』は使うだけで混乱の効果が!

そしてブラディーポは半分くらいの確率で混乱するので、楽に勝つことができるのです。

ただし一度攻撃すると混乱が解除してしまうので、常に誰か一人が『夢見のしずく』を使い続ける必要があります。

 

その後

勇者たちはグランマーズの怪しい術により、姿形を取り戻します。

そしていつか使うであろう『夢見のしずく』の一部を受け取るのでした。

 

 

「ねえハッサン。
 目的も達成したし、そろそろ次の町に行こうか。」

「そうだな。
 もうここに用はないし、ズラかるとするか。」

「待って。
 私も一緒に行くわ。」

「いいの?
 君みたいな綺麗な人なら大歓迎だよ!」

「おうよ!
 しっかり守ってやるから、大船に乗ったつもりで付いてきな!」

 

 

ここで何故だかミレーユが仲間に加わります。

男二人は泣いて喜び、これまでにないほどの大きなガッツポーズをしましたとさ。

 

おしまい。

 

つづき

勇者
なに?
レイドックで悪さする悪徳大臣がいるって??
ハッサン
よし、俺たちでとっちめてやろうぜ!

 

悪徳大臣を懲らしめるために城に潜入した勇者たちのお話はこちらから。

 

あわせて読みたい!

 

ムドー討伐まで一覧

 

他のドラクエキャラ紹介を見たい方はこちらから。


スポンサーリンク



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

名前:勇者ウォン
特技:ギガスラッシュ
好きなもの:平和な世界
嫌いなもの:魔王

 

すぐ調子に乗るのが特徴で、このブログの管理人。

今は2つの世界(ドラクエ6・サマナーズウォー)を旅して回っている。

そのうち世界を救うらしい。
 詳しいプルフィールはこちらから

ドラクエ

攻略まとめ記事

モンスターの気持ち









その他

おすすめ記事

ピックアップ記事

2017.7.13

楽しさ最上級!サマナーズウォーが面白過ぎる3つの魅力を紹介

サマナーズウォーがマイブーム!! 私は今、サマナーズウォーというゲームをやっています。 配信から3年くらい過ぎていていますが、今更ど…

カテゴリー

ページ上部へ戻る