東京で迎えた誕生日~初めてのヒトカラを体験した田舎者の日記編~

これは普段のゲーム記事とは全く関係のない、とある日常。

一人の田舎者が東京の品川駅周辺にて体験した出来事です。


スポンサーリンク


 

 

あー疲れたな。

東京での用事も昨日で終わったし、観光ももうすることがないし。

バスまでの時間に何をしよう?

 

 

そう思っていた私は、目の前に大きなカラオケ屋を見つけます。

そういえば半年前に用事で東京に来た時は、時間を持て余して漫画喫茶で寝ていたな。

あそこは足を伸ばすと窮屈だし、周りのいびきも聞こえるし微妙、、

だったらカラオケ屋で寝てみたら?

案外快適かも?

ジュースも飲み放題だし、値段だってそんなに(頻繁に利用する人でなければ気にならない程度)なはず。

そう考え、周りの目も気にせず一人テクテクと店内に入っていきます。

 

 

店に入るとカウンター越しに、いかにも若そうな女の子がお出迎え。

私の住む田舎にはオバちゃんしかいないのに。

なんだこの差は!

不公平じゃないか!

いけないいけない。

少し取り乱してしまいました。

 

 

「いらっしゃいませー。
 お一人様ですか??」

「はい。」

「じゃあこちらに必要事項を記入して~」

「はい。」

「今会員になられますと、○○円お安くなりますが、いかがいたしましょう?」

「それはこのお店だけのカードですか?」

「いいえ、全国どこでも使えます。」

「うーん、やっぱいいです。」

 

(だったら聞くなよという目をする定員)

 

「他に聞きたいことはありますか?」

「部屋でスマホの充電してもいいですか?」

 

(一瞬の間。
 多分、図々しいやつだなこいつ!とか思っているはず。)

 

「お時間の方は?」

「フリーで。」

 

(また一瞬の間。
 多分、一人のくせに何時間いるつもりだよ!とか思っているはず。)

 

「では○○号室になります。」

 

 

そして言われた部屋に入るとあらびっくり。

部屋がとにかく広い。

どう考えても一人では持て余すレベルなのです。

私の住む田舎では『小規模な宴会用』くらいある場所でした。

あの店員さんの嫌がらせのような気もしましたが、そうじゃないはず。

きっと私が広々と寝られるように、

そしてどんなに盛大な寝相でも大丈夫なような配慮でしょう。

優しい店員さんだな。

そうポジティブに考えることにします。

 

 

よし、早速昼寝でもしてやるか!

と思ったその時、神からのお告げが舞い降ります。

 

せっかくカラオケ屋に来たのに歌わないのか?

お前、しばらくカラオケ屋に来たことなかったろ?

 

そこで考えます。

そうだな。

どうせなら1曲歌ってから寝てもいいか。

まだ時間はたっぷりあるし、寝るのは後でいい。

一人カラオケも初めてだし、ここはいっちょ楽しんでやろう!

ここから負の連鎖が始まります。

 

 

一曲歌い終わった頃には、

あと1曲!

もう1曲!

とだんだんエスカレート。

気づくと周りが少しだけ暗い気がする。

なんと閉店までの約5時間、ノンストップで歌っていたのです。

しかも常時スタンディング&ノリノリで。

 

 

スポンサーリンク



 

 

あれ、おかしいな?

昼寝をして疲れを取ろうと思っていたのに、さらに疲れてしまったぞ?

それに声も枯れて出ない。

これじゃあ帰るまでに迷った時、誰にも道を聞けないじゃないか!

 

それに待てよ??

今日はたしか○月☓日。

よく考えたら私の誕生日じゃないか! ←誕生日だということを忘れていた。

誕生日に初ヒトカラに挑戦してノリノリで歌いきるなんて。

これじゃあ友達もいない可哀想な人みたいだな。

 

しかもしかも。

今日は『たまにしか来ない東京』でのカラオケ。

東京なんて片手で数えられるほどしか来たことがありません。

品川なんて探せば観光スポットの一つや二つはあるだろうに。

適当に歩いていても何かしら見つかるだろうに。

普通ならもっと有意義な時間の使い方をするはずなのに。

一体何をしていたんだろう?

 

一人で遊び尽くした私は我に返り、そそくさと店を後にしたのでした。

おしまい。

 

おまけ

気になる人がいるかわかりませんが、一応紹介しておきます。

 

時間:フリータイム
サービス:ジュース飲み放題

 

ジュース飲み放題が700円くらいで、合計2000円ぐらいでした。

閉店までいて5時間だったので、1時間当たりに換算すると約400円。

田舎だともう少し安い気がしますが、ヒトカラは高くなると聞くし、まあこんなもんなのかな?

それに品川駅付近(駅から歩いて本当にすぐ!)ということを考えると、きっと妥当な値段なんだと思います。

探せばもっと安いところもあるかもしれませんが、まあ満足しています。

店の名前は一応伏せますが、どこにでもあるような某有名チェーン店です。

 

東京に行ったはいいけど、時間を持て余した!

という人にはオススメ。

私は田舎なら躊躇してヒトカラに行ったことがないですが、都会なら知り合いもいないので全く恥ずかしくもありません。

それに結構楽しい。

 

 

以上、誕生日に

初めてのヒトカラ!

しかも東京で!

を体験した寂しい私の日記でした。

 

その他日常のつぶやきはこちらから


スポンサーリンク



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

名前:勇者ウォン
特技:ギガスラッシュ
好きなもの:平和な世界
嫌いなもの:魔王

 

すぐ調子に乗るのが特徴で、このブログの管理人。

今は2つの世界(ドラクエ6・サマナーズウォー)を旅して回っている。

そのうち世界を救うらしい。
 詳しいプルフィールはこちらから

ドラクエ

攻略まとめ記事

モンスターの気持ち









その他

おすすめ記事

ピックアップ記事

2017.7.13

楽しさ最上級!サマナーズウォーが面白過ぎる3つの魅力を紹介

サマナーズウォーがマイブーム!! 私は今、サマナーズウォーというゲームをやっています。 配信から3年くらい過ぎていていますが、今更ど…

カテゴリー

ページ上部へ戻る